FC2ブログ

Law&Order SVU S8-#2 「Clock」

コナーとジェイニーが博物館での課外学習中姿を消す。コナーは13歳、ジェイニーは17歳だが、ジェイニーはターナー症候群のために背が低く幼く見え、同級生からのいじめに遭い、コナーがジェイニーの用心棒を務めていた。二人が持っていた博物館の音声ガイドのうちコナーの物が、血痕の付いた靴ととともに博物館の外で見つかる。そしてコナーの父あてに身代金を要求する電話がかかってくるが、300ドルをゲームセンターに持ってこいという要求は稚拙すぎた。SVUがゲームセンターで張り込んでいると、案の上コナーの誘拐は野球とばくで負けて穴埋めをしたかったコナーの自作自演であったことが判明する。しかしジェイニーは見つからないままだった。
ホテルxチェーンを経営するジェイニーの父ネイサン・スピアはバンクーバーへ出張中で、SVUは祖父のテートから話を聞く。ジェイニーの母マイアはアルコール依存症でジェイニーが5歳のとき家出していた。しかし博物館の監視カメラには、ジェイニーがマイアと会い、何かを受け取っている様子が映っていた。
ステーブラーとフィンに連行されたマイアは、ジェイニーに頼まれて授業で使うジェイニーが赤ちゃんの時の写真を渡したと説明する。マイアは2か月前共同親権の申請を行い、ジェイニーもマイアとの同居を望んでおり、判決は来週下りることになっていた。マイアは断酒したのに、ネイサンが娘に会わせてくれないと怒りを顕わにする。
ジェイニーに似た子が博物館からシルバーのSUVで連れ去られたのが確認できたが、それはスピア家の車だった。普段はネイサンの部下のグレッグがジェイニーの送り迎えに使っていたが、その日は車が駐車場に戻ってきてから誰かが乗って出ていた。
ジェイニーの音声ガイドとリュックが発見される。リュックの中に入ってきた薬は下垂体異常の治療に使われるもので、処方したドクターによると、ジェイニーはマイアの合意を得て治験者になっていた。この薬は性欲を高めることに有効だ。さらにジェイニーはマイアのPCから娼婦の手ほどき.comや下着サイトなどにアクセス、コナーに誘拐事件を装うようメールしていた。
ジェイニーはダンという男とチャットしていた。パブで働くダンは、200ドルでジェイニーに雇われてスピア家の車を動かし、ジェイニーを博物館の近くからバッテリーパークまで送り届けていた。
ネイサンが戻ってきてSVUの事情聴取を受ける。ネイサンはマイアが3年前に姿を見せ、ジェイニーは情緒不安定になったとマイアに文句をつける。そして二人が顔を合わせたとたんののしり合いが始まった。
スピア家から旅行会社にカリブ海に行きたいという電話が入り、チケットを買いに来たのはジェイニーとグレッグだった。グレッグの自宅を調べ、ブーツに付着してきた大理石から、グレッグは改装中のスピアタワーにいたと考えられた。タワーを捜索すると注射を打たれ血だらけでショック状態のジェイニーが発見される。人込みに紛れてジェイニー救出の様子を見ていたグレッグは逮捕される。グレッグはジェイニーとのセックスは合意の上で彼女を愛していると主張。ジェイニーは17歳なので合法だ。
ジェイニーは卵巣を摘出、注射器に入っていたのは排卵誘発剤で、子供が欲しかったジェイニーが用意したものだが、正しく使わなかったために卵巣が肥大して損傷を起こし、妊娠jは不可能になってしまった。
ジェイニーはステーブラーにグレッグを愛していると話す。グレッグが自分を置いていったのも鎮痛剤を買ってきてくれるためだった。Drファンもジェイニーの意志を尊重すべきだと意見する。
グレッグはスピア家から解雇されるが、ジェイニーはグレッグと住むことを望む。しかし18歳になるまでは家族と住むことが優先される。さらにグレッグは4年前雇い主の15歳の娘と不適切な関係を持ち解雇されていたが、娘の証言を得られず不起訴になっていた。ステーブラーはグレッグが小児性愛者ではないかと疑い続けるが、ジェイニーは将来グレッグと一緒に住むことが認められる。

ベンソンの失踪後、ステーブラーはフィンと組んでジェイニー失踪事件の捜査を担当しますが、クレイゲンは新しいパートナーを検討していました。
SVUに突然キャサリンが現れ、ステーブラーに怒りをぶつけます。BFのケビンとの仲を裂かれたことが原因ですが、ステーブラーは別れて正解だったと主張、だがキャサリンはケビンを愛してると反論します。人を愛するには若すぎるとステーブラーが意見すると、キャサリンは大嫌い!と吐き捨てて出ていきます。
その後今度はキャシーがステーブラーを訪ねてきます。キャシーはキャサリンとケビンを別れさせたことを前もって相談して欲しかったと言った後、離婚届にサインして欲しいと要求してきます。ステーブラーがこの件に関して話し合おうとしないことにキャシーは憤慨しており、答えを求めますがステーブラーの返事は「わからない。」またもや曖昧な返事しか戻ってきませんでした。キャシーはステーブラーにキャサリンへの態度を非難し、電話するよう言い残します。
失踪したジェイニーは父親ネイサンからは子供扱いされてきました。しかし母親マイアとの絆が深まるうちに、マイアは娘を年相応に育っていくようにとホルモン治療に同意、ジェイニーも性的好奇心を助長するサイトにアクセスしていました。そしてグレッグとの関係が明らかになって、ジェイニーは自ら真剣な思いを語り始めます。グレッグは30歳で17歳のジェイミーとはかなり年が離れていましたが、話が合い良き理解者になってくれていました。ターナー症候群の自分は子供が欲しくても妊娠期間が5年間しかないから急がなくてはならない。そう考えたジェイニーは自ら排卵誘発剤を用意し、妊娠できるようにとグレッグとの関係を持ちます。だが結果的には薬の処方を誤ったために卵巣を摘出しなくてはならず、妊娠は不可能になってしまいました。
ネイサンとマイアはお互いジェイミーの親権を主張しますが、ジェイミーが一緒に生活したい相手はグレッグでした。Drファンもジェイニーとグレッグを引き裂く権利はないとジェイニーの意志を尊重するよう促します。
ジェイミーがグレッグと一緒に住むことに疑問を感じていたステーブラーは、グレッグが15歳の娘女と不適切な関係を持ったため雇い主に解雇された事件を見つけますが、娘の証言が得られなかったのでグレッグの罪は追及されませんでした。ステーブラーは法廷でそれを訴えようとしますが、弁護士のウォルシュに娘のキャサリンを恋人から強引に引き離したと指摘、ステーブラーに適切な判断はできないと非難します。結局ジェイミーはグレッグと生活することが認められます。
法廷から出てきたジェイミーとグレッグがキスしお互いを祝福していると、近づいてきた女性捜査官がグレッグを小児性愛者と思い込み逮捕しようとします。その場に居合わせたステーブラーが二人のことを説明し事なきを得ますが、この女性捜査官ダニ・ベックがステーブラーの新しいパートナーになります。
ダニ・ベックを演じるConnie Nielsenはデンマーク出身、テレビや舞台のほかモデルとしても活躍し、1996年にアメリカに移ってから「The Devil's Advocate」(ディアボロス/.悪魔の扉)「Gladiator」(グラディエーター)などで有名になります。2004年からMetallicaのドラマ―Lars Ulrichと交際しており、二人の間に男児が生まれています。

ベンソンがいないとなんだか落ち着かないステーブラー。
そこにいきなりキャサリンが怒鳴りこみに来ます。
BFを強引に別れさせてしまったとは
相変わらず過保護なオヤジなんだな。
しかしケビンとはどんな奴?
よっぽど問題ありだったんでしょうか。
フィンに娘がいなくてよかったなんて語ってしまうステーブラー。
それほどキャサリンに手を焼いていたのか。

と思ったら今度はキャシー登場。
娘への仕打ちを非難しつつ
でもケビンってやっぱり問題ありだったのかな?
そして離婚届も保留状態だったんだ。
プライベートのステーブラーは相当お疲れのようです。
大丈夫か?

最後にお披露目された新パートナーのベックは迫力満点!
この調子だっとステーブラーが圧倒されそうです。
しばらくベンソンとは違った女性捜査官キャラを楽しませてもらえるでしょう。

ついでにDrファンが語る、片方が性転換した二人の男性の愛のお話。
B.D.Wongがブロードウェイで演じている代表作「マダム・バタフライ」が
モチーフになってるんだそうです。
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
gobyuu  
こんにちわ☆

ステイブラーの過保護ぶりが再発(?)しましたね。
ジェイニーとキャサリンは、父親(と、祖父)に縛られてるのがちょっと気の毒でした。

> Drファンが語る、片方が性転換した二人の男性の愛のお話。
B.D.Wongがブロードウェイで演じている代表作「マダム・バタフライ」がモチーフになってるんだそうです。

おお!そうだったんですね!なんでそこでその話?と気になってました。あれはちょっと、悲しいお話でしたが……ジェイニーの意思を尊重すべきと主張する先生、かっこよかった(*´ェ`*)

> 新パートナーのベックは迫力満点!

いつ出るの? と待ってたんですが、すごい登場の仕方でしたね! 正義感の強そうな……エリオットとうまくいくかな? 心配だけど、楽しみです♪

2011/02/15 (Tue) 18:35 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

ステーブラーの不安定ぶりが家族にも…寂しいのはわかるし、職業柄落ち着かないとも当然ですが、もうちょっとやり方があったのではと思います。
ジェイ二ーの意思を尊重するDrファン。本当に素敵でした。たとえ話にも力が入っていたし。
そして最後にやっと登場のベックですが、ベンソンとは違うタイプかな。
どのくらい被害者の立場に立って考えてくれるのか、ちょっと心配になってしまいます。
TBありがとうございます。

2011/02/15 (Tue) 20:36 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ