FC2ブログ

ER レトロスペクティブ

ERのファイナルの前にオンエアされた特番。
ER15年の歴史を出演者たちが語ります。

懐かしいのが第1話。
グリーン先生が仮眠していて起こされて始まるんですよね。
そしてインターンのカーター君登場。
こんなに若々しかったんだ、
15年の歳月は長いです。
初めてのERは戸惑うことばかり。
バタバタしているうちに一日が終わり
最後にグリーン先生と医療について語りしみじみしていた。
そんな印象が残っています。
そこに朝帰りロス先生がいたんだっけ。
ベントン先生もキャロルもスーザンも
ERの大事な人たちでした。
そして目が回りそうな勢いで動いていくカメラ。
最初観た時はビックリしました。
そしてそのカメラワークと魅力的なドクターたちに引きつけられて
ERを観続けることになりました。

15年間御苦労さま。
自分でもよく挫折せず頑張りました。
特に4シーズン分は英語版で観なければならず
医療用語は全然わからないので雰囲気で観ていました。
それでも伝えたいことはわかったけど。
10シーズンを過ぎると多少惰性も入ってきたかな。
ウザキャラ多かったし。
ウザビーやウザニーラは苦手でした。
逆にお気に入りキャラはロケット・ロマノですね。
あれだけ毒舌吐いて潔く散って行った人もあまりいないと思います。

こんなドクターもいたっけ。
サラじゃなくてマギー・ドイル。
CSiの前はERでした。
デル・アミコも懐かしい。
ドクターじゃないけどベンソンじゃなくてシンシアだったMariskaが
一瞬画面に映ったのが嬉しかった。
かなりぶっ飛びキャラだった覚えがありますが。
ぶっ飛びキャラと言えばB&Sのノラはウザビー母で
さらにウザさ倍増だったんだ。
ノラがすごく普通の人に見えてきました(笑)

John WellsがERを語ってくれたのもよかったです。
ERを書いたJohnが
患者がERに運ばれてくる前の過程を描こうとしたのがTWです。
いわばTWはERのスピンオフ。
リアルな事故対応に感動させられました。

まだファイナルを観てないのでドラマを絞められないのですが、
きっと満足できる終わり方になっているでしょう。
15年間ありがとうと感謝の意を表し
最後はベントン先生のガッツポーズで。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ