FC2ブログ

Law&Order SVU S8-#6 「Infiltrated」

地震関連のニュースを観ていてほとんどドラマ消化ができていない状態ですが
SVUを観終えたのでエピガイをアップします。

夜ATMで襲われレイプされた女性チェルシーの公判が行われ、ステーブラーは証言台で防犯カメラの映像では容疑者の顔が分からず、精液も検出されなかったのでATMに残っていたガムでDNA鑑定を行ない容疑者を特定したと証言したところ、弁護士に証拠不十分と指摘され、ベンソンが5年前に容疑者をデートレイプで摘発したことを伝えると、ベンソンを召喚するよう命ぜられる。だがケイシーは潜入中のベンソンを連れてこられない。
ベンソンは製材所を訴えるデモに参加していて、警官と小競り合いになり脳しんとうを起こして病院に運ばれる。回復したとたんアイボルトに保安官べの暴行罪で逮捕されるが、ベンソンは自分が殴られたと主張、公選弁護人が付き起訴は免れる。
製薬会社に勤務するカール・ダンフォードが刺され、遺体で発見される。環境保護団体が事件に絡んでいる可能性を考えたベンソンは、彼女を保護するFBIのポーター捜査官に事件の解明に関わりたいと申し出る。
ベンソンは製薬会社のカールの同僚に近づき情報をつかむが、立ち入り禁止となっているカールの自宅をチェックしに来たら、何者かが自宅に入っていくのを目撃する。ベンソンも中に入り、カールの元妻デブラを捕らえる。カールの自宅はデブラの娘が相続することになっていたが、デブラはカールが少女を虐待していたことをほのめかす。ベンソンはカールが娘を虐待したのではと心配する。
ベンソンは自分が潜入している団体はエッジと無関係だと考えるが、製薬会社には脅迫メールとともに従業員の名前や住所が送付されていた。
ケイシーはチェルシーに容疑者を有罪に持ち込むと約束するが、チェルシーが容疑者がもし無罪に
なったら自殺をすると言い出したため、Drファンに救いを求める。
ベンソンは再度デブラに会いに行き、デブラは8年前にカールと離婚したのは、カールが12歳になるベビーシッターを虐待したからだと白状する。ベンソンがベビーシッターに会いに行くと、彼女はレイプされたとは思っておらず、愛されていたから嬉しかった、13歳のときBFができたから別れたと話す。ベンソンはカールの自宅のガレージの奥に隠し部屋があるのを見つける。警察に連絡し保安官バートリーの立会いの下でベンソンは凶器となったナイフを指摘、カールが女性と食事していたことを確認する。
ナイフからはブリトニー・ダンロップの指紋が検出される。ブリトニーは7年前、10歳のとき失踪していた。ベンソンが犯行現場について細かい分析を行っていることをバートリーは不審に思い、ベンソンが潜入捜査官であることを見破る。そこに記者会見を行っていたポーターが現れ、エッジの主宰者が逮捕されたことを報告。ベンソンの潜入の必要性がなくなったことを伝える。
ベンソンはブリトニーを救いたいとすぐにNYに戻ることを拒み、ポーターとともにブリトニーが住んでいた自宅付近を捜索、山小屋に隠れていたブリトニーを発見する。怯えていたブリトニーにベンソンはカールへの思いや殺害の動機などを聞き出す。そしてDrファンからポーターにベンソンが召喚されていることが伝わり、ベンソンはNYへ戻った。

レイプの容疑者を有罪にするにはベンソンの証言が必要となりますが、捜査中のベンソンの居場所を知っているのはDrファンだけで、ケイシーはベンソンと連絡が取れないことに苛立ちます。
ベンソンはTボーンらとともに環境保護活動を行い、警察とぶつかり合っていました。脳しんとうを起こして病院に運ばれたベンソンは寝言でエリオットと呼び続け、一緒に運ばれてきたクリスティはエリオットが何者なのか気になってベンソンに尋ねますが、ベンソンは何も言わずごまかします。
カール殺害事件を追及しようと決めたベンソンは、公衆電話からSVUに連絡を取ります。フィンと話してステーブラーと代わろうとしたところで、Tボーンが近づいてきたためベンソンは電話を切り、ステーブラーはベンソンと話せませんでした。
環境保護団体に殺されたのではと考えていたカールが小児性愛者であることを知ったベンソンは、カールに虐待された者の家族による報復ではないかと考え始め、独自に捜査を始めます。そして元妻や虐待の被害者から話を聞くうちに自宅に隠し部屋があることが判明し、凶器のナイフを発見します。現場検証で的確に事件を分析するベンソンの姿を見て、バートリーはベンソンが警察関係者であることを見抜きます。その頃ベンソンとの連絡役だったポーターがエッジの主宰者を逮捕したことを告げ、ベンソンはNYに帰れることになります。
だが7年間も失踪していた少女ブリトニーの存在が明らかになり、ブリトニーを何とか救いたいと思ったベンソンは引き続き事件捜査に関わりたいと頼みこみ、ポーターとともにブリトニーを探します。無事に発見してからの事情聴取についても、ベンソンはポーターに自分に任せるよう依頼し、一対一で話を聞きます。
7年間カールと生活していたブリトニーは、カールは優しく、彼を愛していた。カールがいないと辛いと嘆きます。ベンソンはブリトニーにレイプを恥じることはない。あなたは悪くないと励ますと、ブリトニーはカールに会いたがります。ブリトニーがカールを殺害したのは、カールがブリトニーを外に連れ出そうとしたから。カールはブリトニーが成長しすぎてしまったので、他の子を連れてこいと命じていたのでした。次の子に自分のような思いをさせたくないと思ったブリトニーはカールを殺害し、遺体と一緒にいられないのでシートでくるんで外に出し車のトランクに隠します。
ポーターはSVUとしてのベンソンの能力を評価、その頃ケイシーからベンソンを裁判に連れ戻してほしいと頼まれていたDrファンがポーターに連絡し、ベンソンはNYへ戻ることになります。そしてケイシーと一緒にいつものように出廷したのでした。
デブラを演じているのはThat '70s ShowのKitty役のDebra Jo Rupp、Vincent Spano演じるFBI捜査官ポーターは、この先も何度か登場します。

潜入中のベンソンの活躍、そしてSVUにどうやって戻ってくるのかを描いたエピソード。
環境保護団体の活動家として動き回るベンソンもまた魅力的でした。
でも性犯罪が起きるとなんとか解決したいと
いてもたってもいられなくなるんですね。
ブリトニーへの事情聴取はお見事でした。
そしてめでたくSVUに復帰。
こうなるとベックは用済みになってしまうのかな。
それもなんだか寂しいけれど。
「エリオット」と寝言で呼び続けたベンソン。
ステーブラーへの信頼感の強さが伝わってきました。
やはり大切なパートナーなんですね。

Vincent SpanoってRumble Fishなどに出ていましたね。
結構好き♪でした。
久々に姿を見たらそのままオヤジ化していて嬉しかった。
また何度か姿を見せてくれるようで
活躍を楽しみにしています。
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
atsumi  

おぉ!!ヴィンセント・スパーノだったのですねっ!全然わからなかった、ひぇ~~~懐かしいっっっ!「Baby It's You」「グッドモーニングバビロン」、いや~いい映画&いいキャラクターだったなあ(私も若かった。。。)
Garotoさんのおっしゃるとおり、いい感じに老けました。ちゃんと仕事してたのね、って失礼ですね(苦笑)何やらとても嬉しいです。
地震被害のことを考えると出掛ける気分になれなくて。私に出来ることは何か無いのだろうか。。

2011/03/13 (Sun) 07:08 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

地震の救援のために自分たちで何かできることはないかなと感じていますが、今は節電することくらいかな。まだこちらでも余震が続いているし。とにかく早く安心して生活できるようになってもらいたい。ただそれだけです。

ヴィンセント・スパーノ、本当にしばらくぶりに姿を観ましたがそのままのオヤジ化にビックリ&感激しました。
この先SVUにどう関わっていくのかわかりませんが、出番があるのが嬉しい!
SVUは大物ゲストの登場に驚かされます。さすが長寿番組のなせる技ですね。

2011/03/13 (Sun) 11:13 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ