FC2ブログ

Commander in Chief #6 「First Disaster」

いつの間にかホワイトハウスからボスコの姿が消えてしまって寂しいんですけど。

マッケンジーの最初の災害はマイアミを襲ったハリケーン。
家を失い避難所生活を送っている人々のところに
マッケンジーはネイサンとともに励ましに行きます。
ちなみにマイアミはネイサンのお膝元。
マッケンジーはそんなつもりはさらさらなかったのに
部下がネイサンをないがしろにしたため
ネイサンは面白くありません。
そのあとの原油流出問題で
ネイサンは環境保護団体と組んでマッケンジーを激しく非難します。

ストーリー上は自然災害がもたらした重要な問題でしたが
映像からはさほど危機感が伝わってこなかったのが幸いだったかな。
時節柄この話題をオンエアしていいのかちょっと気になってしまいました。
スパドラは地震の後番組変更を行い
「合衆国壊滅」などを他の番組に差し替えています。
ついでにWATのS5-#6も変更になっているので、どんなエピだったか振り返ってみたら
ハリケーンカトリーナの被害に遭ったベントン先生のエピでした。
こういう気遣いはやはり大切なのかも。

妻、そして母が大統領だと
やはり家族間にも支障が出てきますね。
ファースト・ジェントルマンのロッドはストレス溜まりまくり。
もともとはマッケンジーとともに政治畑にいたのに
ホワイトハウスの中でハウスハズバンドをやっていても退屈してしまいます。
そこへ野球界を仕切る話が出てきてロッドは喜んで引き受けようとしますが
マッケンジーに内緒にしていたので、マッケンジーは不機嫌になります。

子供たちも同様にストレス溜めまくり。
ホレスは大統領の息子役をうまくこなしているけど
レベッカは反抗しまくっています。
ホレスの友達のマイクと付き合い始めたけど
ホレスはどうもマイクを信用しておらず
しかもレベッカの周りには常に監視の目が光っています。
やっとハンバーガーショップでデートができると思いきや
相変わらず護衛が付きっぱなし。
レベッカは護衛担当に10分間フリーにしてほしいと頼みます。
確かにレベッカの気持ちがわからないでもないし
そこでレベッカの願いを聞き入れてあげたところ
二人は店の外キスを始めたのでさあ大変。
すぐに大統領の娘がいることがバレ
レベッカはもみくちゃにされてしまいます。
そのことを知ったロッドは護衛担当の不手際を指摘し
彼女をクビにしてしまいます。
レベッカが自由に生活するのは無理ってこと?
やっとマッケンジーが時間を割いて
家族五人での夕食が実現できたのに
レベッカはさっさとテーブルから離れてしまいました。

国をまとめるのも家族をまとめるのも同じくらい大変?
マッケンジーの苦労はまだまだ続きます。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ