FC2ブログ
Top Page › Bones › Bones S5-#21 「正義の行方」

2011 · 03 · 20 (Sun) 10:53

Bones S5-#21 「正義の行方」

SVUの職場恋愛はありえないけど、BonesはOK。
というより職場恋愛の行方を楽しんでるかな?
でも恋愛よりパートナーシップを重んじているブレナンとブースの関係は平行線のまま。
このくっつきそうでくっつかないところが心地よいのだと思います。
正直なところブレナンがばっちり恋愛モードになったら
何をし出すかわからないし…

先週の留置所内でのホッジンズとアンジェラの結婚式。
結婚寸前のところで別れてしまい
あれからものすごく遠回りしながらも
やっぱりホッジンズの思いは変わらず
そしてアンジェラもホッジンズへの愛を確かめ
囚われの状態でのプロポーズはとても素敵でした。

でも結婚したことをみんなには伝えてなかったんですね。
目の前の問題は墓掘人タフェットの裁判。
ホッジンズもブースも、そしてブレナンさえも悪夢を見てしまいます。
元検事のタフェットは自分の弁護を自身で行いますが抜かりなし。
何しろThe Wireの検事ロンダですから
その腕前はたっぷり見せてもらっています。

こうして始まるタフェットの裁判ですが
ジュリアン検事に真っ向から立ち向かうタフェットに圧倒されます。
最初に提出した証拠は役に立たず
仕方なく一度起訴を取り下げ
ジェファソニアン側は誘拐されていた少年の遺体を発見して再度分析。
今度こそ確実な証拠を出してタフェット有罪を決定的にしようとするけれど
タフェットは細かいところをついてきます。
そして勝負に出るブレナン。
タフェットに負けず劣らず「私は絶対」と言いきってしまうところが
さすがブレナンでした。
陪審も納得してタフェット有罪が確定。
まだ彼女は戦う気でいますが、とりあえずホッとしました。
今週観た法廷劇の中で、一番白熱してたかな(苦笑)

判決が下る前の落ち着かない状況の中で
ホッジンズはアンジェラと結婚したことをみんなに伝えます。
本当は裁判が終わってから話すつもりだったのに
でもこのタイミングがみんなを一つにまとめてくれました。
めでたしめでたし。

そして次週がシーズンファイナル。
すっきり終わるのか、クリフハンガーが待ち受けているのか
シーズンが終わってしまうのが寂しいけれど楽しみにしています。
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント