FC2ブログ
Top Page › CSI, CSI:Miami, CSI:NY › CSI:Miami S8-#23 「木っ端微塵」

2011 · 03 · 27 (Sun) 13:03

CSI:Miami S8-#23 「木っ端微塵」

いかにもマイアミらしいお話。

証拠保管庫から消えたダイアモンドの行方を追うデルコ。 
検察側の人間だからあくまでもこそこそやらなければならないのは当然だけど
でも怪しい動きは信用を失います。
かつて怪しい動きをせざるを得なかったナタリアはさっさと見破り
多少は理解を示していましたが
カリーはデルコが変だと思っても
何故変なのかまでは詮索しなかったんですね。
自宅に内緒のお仕事を持ちこんでいたデルコも十分大胆だったのに。

でもデルコがバレバレの嘘をついたことに
さすがのカリーも怪しすぎると思って尾行開始。
するとデルコがレベッカと待ち合わせしています。
カリーはついにデルコを責め始め
デルコは後にしてくれとレベッカの方へ歩み寄ったら
止まっていた車が爆発してレベッカが吹っ飛び
危うくデルコも巻き添えをくらうところでした。
デルコってどうしていつも災難に巻き込まれてしまうのでしょう。
それも運命?

もうデルコは秘密の任務を隠しきれなくなって
みんなに話すことになりますが
いくら仲間たちを守るためだと言っても
ワイヤーをつけて仕事していたことをナタリアにバラされたら
そりゃ不信感が募ります。
特にデルコをよく知らないウォルターは相当怒ってました。

一方ほっさんはダイアモンド事件を扱っていたサリーに接触。
昔の相棒のサリーを疑いたくないのか
ほっさんもソフトな対応をします。
その爆弾やぶっ飛んだ車の分析が終わり
ぶっ飛んだ車のGPSをチェックしたら車の出発点がウルフの家だと判明します。
デルコの次はウルフですか。
確かにウルフは過去にいろいろやってますからね。
疑われても仕方がない。
でも今回はウルフは自信を持って「ハメられた。」と叫びます。
だけどCDプレーヤーからダイアモンドが出てきちゃったらアウトだよね。
リックは嬉しそうにウルフを逮捕します。

さて困った。
ナタリアは最新科学技術に基づくバクテリア調べを始めます。
ほっさんは爆弾制作男がかつて起こした事件にサリーが絡んでいることをつかみ
サリーに再び会いに行くとサリーに銃を突きつけられ
でもほっさんはサリーを信じていたんだよね。
だから決してひるまなかった。
ところが背後から警官がサリーを撃ち
その瞬間のほっさんのビックリ顔が強烈でした。
そうか…ほっさんでも驚くんだ…

バクテリア調べが功を奏し
ダイヤモンドを触っていたのがリックだとわかります。
警察の押収車を次々に持ち出していたのもリック。
デルコとウルフを消そうとしていたのもリックでした。
おやおや、そうでしたか。
リックの言い訳。
、「人生のすべてを(警察官の仕事に)捧げた。その結果何が残った?
高血圧と2度の離婚歴、わずかばかりの年金」(by CSIBlog)
これだけ残ってればいいじゃないですか。
何度も死にかけたり、途中で殉職する警官だって少なくないのに。
早速ほっさんが意見します。
「尽くすことが警察官の誇りだ。」
ほっさんがどこまで尽くしているかは謎ですが(笑)
冷静さをキープしているのは確かですね。
今回もジャックなら間違いなくブチ切れてる場面で
平然としているほっさんは安心して観ていられました。

こうしてウザリックは姿を消すわけですが
そもそもリックって内部調査的お仕事をしてたんですよね。
内部調査が腐っていたら一体誰が是正すればいいんでしょう。
マイアミ、やっぱりこれじゃマズイと思います。
その後のNYの落ち着いたチームプレイにごまかされてはいけません。
マイアミを何とかしなくては。

と思ったら来週のシーズンファイナルは
「皆殺しのメッセージ」だそうで
リックが消えたくらいではどうにもならない?不安が的中しそう。
どうしましょう。
頑張れ、ほっさん!
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント