FC2ブログ

Crimnal Mnds S5-#11 「復讐の逃避行」

今週はWATでRevarageのパーカーが逃避行してましたが
今度はビーチャー登場。
しかもあまりにもハマり過ぎで
すっかり見とれてしまいました。
どうしてこんなに凶悪犯の役が板についてしまったんでしょう。
OZの力は偉大です。

Leeが演じているのはビーチャーじゃなくてシュレイダーですが
銀行強盗で捕まり11年服役した後
出所して即殺人を犯し自分の娘を誘拐します。
BAUのプレンティスが地元警察と一緒にシュレイダーを逮捕。
車で護送中に突然シュレイダーが気分が悪そうなそぶりを見せ
プレンティスは反対車線のトラックの運転手をちらっと見た気がしました。
するとトラックがぶつかってきて車は崖を転がり落ち
うまく手錠を外していたシュレイダーは刑事の首を絞めて殺害。
トラックに乗っていた相棒と思われる男と逃走します。
相棒は一体誰だ?

シュレイダーは刑務所では模倣犯で刑期を短くしてもらったようですが
出たらすぐにやりたいことがありました。
それは隠しておいた金を回収すること。
そのために相棒の協力が不可欠です。
プレンティスが覚えていた相棒の姿は
40代の男性だってことくらいでした。
プレンティスは落ち着いて事件を振り返り
シュレイダーを助けに来た男が
プレンティスの怪我を気遣ってくれたことを思い出します。
凶悪犯の相棒が善人とはどういうこと?

これはきっと相棒は潜入捜査官に違いないと思ったら
やっぱり大当たりでした。
最近潜入捜査官あちこちに出過ぎます。
今週のNYPDブルーでは
ロドリゲスが潜入捜査をやっていた時
組んでいたタトゥーオヤジが
(各種ドラマで大活躍ですね)
ロドリゲスに恨みを持ち
母親を痛めつけに来たと想われます。
みんな多かれ少なかれ、潜入捜査に加わるのかな。
でも今回の相棒マラーの場合は本格的に潜入するため
警察での過去の記録が抹消されていたのでした。
でもさすがガルシアはマラーを発見。
そのころマラーはシュレイダーに家族を人質に取られ
警察の保管庫にしまわれている金庫のカギを持ってくるよう
脅されていたのでした。
マラーがカギを取りに行ったすぐ後で
プレンティスらが気づいたから
逃げようとする二人をとらえることができます。
銃撃戦でシュレイダーは死亡。
(これは残念。
是非またブチ切れまくりの取り調べ風景を楽しみたかったのに)
マラーの家族もシュレイダーが犯した殺人からたどっていき
無事に発見されます。

今回は救いがなく悪い奴だったLee.
OZでの修業の成果が遺憾なく発揮されていたと思います。
たまには善人ビーチャーも観たいのに
なかなかその機会に恵まれませんね。
念願のSVUでのケラーとの再会も、悪い奴でしたから。
マラーもどこかで観た顔だなと思ったら
WATのS5でフェイスがサムの姉の役でゲスト出演した時
フェイスのダンナ役で出ていました。
あまりにもフレッドと違いすぎてビックリしたので
記憶に残っています。

ホッチがBAUに復帰
家庭を大切にしながら、
またリーダーとして頑張っていただきたいものです。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ