FC2ブログ

Brothers&Sisters S5-#22 「新しい関係」

サラと子供たちの間にルークが入ってきた途端
早速クーパーがおへそを曲げます。
これは予測できた展開。
クーパーにとってはパパはジョーなんだし
サラの愛する人立って言われても
第三者のルークを受け入れるのは難しいでしょう。
ルークは彼なりに頑張って
クーパーとの関係を築こうとしていますが
クーパーへの注意に対してサラとの意見の相違があり
サラは譲ろうとしません。

そもそもウォーカー家は大人が口を出し過ぎ。
サラは忙しいからゲームはクーパーの子守りの代わり。
ジャスティンもゲームに付き合ってくれます。
でもノラがゲームはダメと頭ごなしに注意するから
ふてくされたクーパーは服のままプールへダイビング。
大人たちの間で筋を通しておかないと
子供は混乱しちゃいます。

ロバートの秘密計画の一環で
近付いてはならない相手とコンタクトを取るため
ロバートはテニスクラブに参入します。
サラとケヴィンは過去に
ケヴラーという名コンビを組んで結果を出していたそうで自信満々。
そこにルークも加わって四人でダブルスの練習を始めましたが
サラ&ルーク組はお互いに文句をつけあってうまくいかず。
夢物語が現実化するとこんなものでしょう。
仕方なく試合ではケヴラーペアが復活。
ロバート&ルーク組と戦うことになりましたが
ノラが連れてきたクーパーが
ボールを投げ込んで妨害したため
試合を放棄する形になってしまいました。
ノラは傘をマシンガンに見立てるクーパーは
ジャスティンから悪影響を与えられたと思っています。

そしてジャスティンは戦友の葬儀に参列してから
頭の中は戦地に戻っているようです。
レベッカが売りに出されている家を見に行くと言っても上の空。
だからレベッカが申し込んできたときに
ビックリしてイライラし始めます。
戦地での仲間との絆は何物にも代えられないのかもしれないし
今医学部で学んでいることが無意味に感じられるのも仕方ないのかな。
その場で経験していないからわからないことなので
やはりノラのように二度と恐ろしい思いをしないでと
引きとめたくなってしまいます。
レベッカだっ辛いよね。
でもジャスティンの決意は堅そうです。

スコッティがレストランをオープンするにあたり
ソールが経営を手伝おうとしています。
二人であれこれ考えている間
自分も失業中だとケヴィンは拗ねていましたが
「目標を持つことが大事。」だと
スコッティが励ましてくれます。
ケヴィンの最悪の事態は
いつもスコッティによって救われてる。
本当にケヴィンは幸せ者だな。

ルークはクーパーに空手を教えることで
二人の信頼関係を築けたようです。
ここにペオジが戻ってきたらどうなるんだろう。
年頃の娘はさらに難しいし…
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ