FC2ブログ
Top Page › Law&Order SVU › Law&Order SVU S8-#14 「Dependent」

2011 · 05 · 05 (Thu) 13:34

Law&Order SVU S8-#14 「Dependent」

弁護士のシドニーと息子のトミーが帰宅すると、シドニーは何者かに頭部を殴られ意識を失う。トミーは母を起こしに行くが、母はレイプされ頭部を殴られ出血多量で死亡していた。16歳の姉のシャーロットは外出中で、SVUが到着したとき怯えたトミーは「モンスターがパパを…」とベンソンに伝える。
シャーロットは友人ジェニファーの家に行くと家族に告げていたが、ジェニファーの家には来ていなかった。シャーロットは最近学校をさぼって薬物に手を出し始め、母は19歳の恋人のライアンとの仲を認めていなかった。シャーロットはライアンの家で見つかる。
シドニーはマフィア専門の弁護士でルチオ・リッチの父の弁護を行った時敗訴して、父は全財産を失ったため、ルチオはシドニーを恨み脅迫状を送りつけていた。シドニーは家族に危険が及ばないよう別居し、一人で嫌がらせに耐えていた。だが意識が回復したシドニーは、殴られたとき逃げるシャーロットの背中が見えたことを思い出す。
シャーロットはパパは嘘つきだと言いながら、母とトラブルが絶えなかったことを認める。事件のあった晩は友達とパーティーを行っていたが、それは各自が自宅にあった薬を持ち込んで服用し、ハイになるパーティーだった。友人の証言ではシャーロットはライアンと一緒にキャンディと呼ばれる風邪薬を飲み、足元がふらついていた。シャーロットの母は製薬会社に勤めており、自宅の地下室には大量の薬のサンプルが置かれていた。シャーロットはハイのまま自宅に薬を取りに帰ってきたと思われた。地下室のトイレには尿が残っていて分析の結果風邪薬が検出される。またシャーロットがその晩履いていたスニーカーの裏には、血液が付着していた。ベンソンとステーブラーの尋問に対し、シャーロットは「ママを殺した。」と叫んで取調室のミラーを割り、手首を切って自殺を図る。、
シドニーは娘の弁護を行うことにするが、シャーロットの薬物依存による精神的欠陥を訴え無罪を主張することに対し、ケイシーは精神科医の診断を得て取引きを行うことで同意する。Drファンはシャーロットと母の間に暴力的関係があったことをつかみ、それが殺人に発展したのではと分析する。ところが地下室にあったの尿は男性のものだと判明し、事件にライアンが関わっている可能性が出てくる。トミーも写真を確認し、パパを殴ったのはライアンだと認める。
ステーブラーとベンソンはライアンを捕らえようとするが、ライアンは逃走する。やっと追いついたステーブラーは抵抗するライアンを殴って倒し手錠をかけるが、ライアンは息をしていなかった。ライアンの死が確認され、ステーブラーはIABのタッカーの審査を受ける。ステーブラーは正当防衛を主張するが、タッカーは「君には自制心がない。」と指摘し危険な刑事を野放しにできないとステーブラーの停職を命じる。
ライアンの検視を行ったワーナーは、ライアンの死は脾臓破裂に因る出血死と報告する。ステーブラーは殺していないと信じるベンソンはシャーロットに催眠をかけるよう申し出、薬で催眠をかけられたシャーロットはDrファンの質問に対し、パーティーの途中でライアンが先に自宅に来て、「いい薬をよこせ。」と言って母を殴り傷つけたことを目撃。助けられずに逃げたと自白する。
これで母を殺したのはライアンであることが確定したが、ライアンの遺族がステーブラーを訴えてくる。目撃者が携帯で撮影した映像がテレビで報道され、ステーブラーは新聞にKiller Copと書かれてしまう。大陪審に向けて自宅でニュース映像をチェックしていたステーブラーのところにワーナーが訪れ、もう一度ライアンの死因を洗い直す。ライアンは心臓病を抱えており、薬をきちんと飲まなかったために不整脈が起きて突然死したのだった。

父と一緒に帰宅したトミーは、父が殴られ母に助けを求めようとすると、すでに母は血だらけになって死んでいました。強烈なショックを受けたトミーは、父を殴ったのはモンスターだと話します。マフィアを弁護しているシドニーは敵も多く、しばしば嫌がらせを受けそのために家族と別居しています。シドニーたちを襲ったのも彼に恨みを持つ者と思われました。
ところが意識が戻った父シドニーが思い出したのは逃げようとする娘のシャーロットの背中でした。母親を殺したのはシャーロットかもしれない。シャーロットは薬に手を出し、母とのトラブルが絶えません。事件のあった晩、恋人のライアンらとパーティーを行っていたシャーロットは風邪薬などでトリップし、朦朧としたままで自宅に薬を取りに帰っていました。地下室に残っていた尿から風邪薬の成分が見つかり、シャーロットは母親殺害の罪に問われます。興奮したシャーロットが手首を切って自殺を図ったことに対してシドニーは激怒し、娘の弁護を行うことを決意します。そこに尿の詳しい分析結果が出され、ライアンが共犯の可能性が出てきます。
ステーブラーとベンソンは走って逃げるライアンを追い、ステーブラーがなんとか追いついてライアンをとらえます。抵抗するライアンともみ合いになり、ステーブラーは一度ライアンを殴ってから、倒れたライアンを後ろ向きにして手錠をかけますが、そのときすでにライアンは息をしていませんでした。ステーブラーはすぐに心肺蘇生を行いますが、ライアンはそのまま死亡します。やや遅れて現場に着いたベンソンはステーブラーは殺してないと確信し、ステーブラーを守るために策を講じます。
シャーロットに薬を用いて催眠をかけることにシドニーは抵抗がありましたが、催眠のかかったシャーロットは事件の全容を話すことができました。これでシャーロットの殺害容疑は晴れますが、ステーブラーがライアンを逮捕する映像がニュースで流れ、ステーブラーは殺人刑事と報道されてしまいます。ベンソンもクレイゲンもステーブラーのために闘おうとしますが、ステーブラーはこれが現実だと諦めかけます。
ステーブラーが自宅で自分の取った行動を振り返っていると、ワーナーが訪ねてきます。ライアンの死因は殴られたことによる脾臓破裂だと断定したワーナーでしたが、ステーブラーが心肺蘇生を行ったことを知って心肺蘇生で脾臓が傷つくことを指摘、さらにライアンが飲んだ薬の中にプロブノのロールが混ざっていたことを見つけます。これはパーティー用ではなく心臓病患者が服用する薬で、ライアンはQT延長症候群で薬を使っていた。だが正しく服用していなかったので走った時に不整脈が起きて突然死したと正確な死因を確認します。これでステーブラーの容疑は晴れました。
ステーブラーはキャシーに会いに行き、「仕事も家庭も大切だ。戻りたい。」と伝えます。
シャーロットを演じるのはEverwoodのエイミー役やBrothers&Sistersのレベッカ役でおなじみのEmily VanCamp。エイミーともレベッカとも違った娘役が新鮮です。Meloniとは映画Carriers(邦題「フェ―ズ6」)で共演しています。シドニー役を演じているのは映画Another CountryやThe Princess Brideでイギリスの貴公子として注目されたCary Elwesです。

面白すぎるSVU。
ストーリーにもゲストにも
すっかり楽しませてもらいました。

いきなり出てきた娘シャーロットがB&Sのレベッカ。
ジャスティンとごちゃごちゃしているはずが
こんなところで薬を多用してハイになってたとは。
ミラーを叩き割る姿は
エイミーともレベッカとも別人だよね。
意外な一面を観てしまった感じです。
ところでEmilyとMeloniが共演している「フェーズ6」
観ようと思ってDVDを買ったんですが放置したままです(汗)
映画まで観る余裕が全然なくて。
早く観て内容をレポートしたいのに。

でも今回一番びっくりしたのがシドニー。
普通のオヤジにしか見えなかったんですけど
Cary Elwesって聞き覚えが・
「イギリスの貴公子たち」という映画本に
取り上げられていました。
そうそう、「アナザー・カントリー」や
「プリンセス・ブライド・ストーリー」に出ていた
金髪美麗お兄ちゃんですよ。
cary.jpg
それがまあ普通のおっさんになっちゃって。
なんだかショックでした。
もう一度「アナザー・カントリー」が観たくなったけど
ビデオでしか持ってなかったっけ…

やり過ぎステーブラーがまたやっちゃった?
でもあの一発がとどめには見えませんでした。
そして早速宿敵タッカー登場。
OZ時代のテイラーから、いったいいつまでつけ回すんでしょう。
ベンソンへの質問
確かにステーブラーはいろいろやってますが。
すべて被害者のために、容疑者逮捕のために行ったこと。
ステーブラーは正しいのです。
ワーナーの再分析もありがたかった。
心肺蘇生で脾臓は破裂しやすいんですね。
また学びました。

全てが解決してステーブラーはキャシーに会いに行きます。
「家族が大切、戻りたい。」
家族は受け入れてくれると思うけど
ステーブラーもちょっと変わっていかないと難しいかな?
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

えぇー!?

あの父親役、ケイリー・エルウェスだったんですか!?(゜∇゜)昔の面影ゼロですね(笑)
今シーズン第2位の衝撃でした。(1位は当然ステーブラーのキスシーンです(笑))
そういえばSVUの部署がいつの間にかちょっとハイテク化してますよね。検挙率が良くて予算が出たんでしょうか(笑)
ステーブラー、復縁できるといいですね。
2011-05-06-15:23
エリコ [ 返信 * 編集 ]

No title

シドニー父さん。
美青年もいつの間にか普通のおっさんになってしまうんだという典型的事例を見せられた感じでした(泣)
若者のころからある程度オヤジ顔の方がいいのかな?
美青年要注意です(苦笑)
お金のなさそうなNYPDですが、少しずつ予算を配当してくれるのかも。
CSI:NYでは突然ハイテクオフィスに引っ越しましたが、ドンちゃんだけは暗いオフィスにいる…近代化は時間がかかるのかも。
さて、ステーブラー一家の笑顔は戻ってくるのでしょうか。
2011-05-07-10:59
Garoto [ 返信 * 編集 ]