FC2ブログ

Brothers&Sisters S4-#23 「灯りが消える日」

ついにオーハイ食品は閉鎖。
従業員は解雇され、トラックも社屋も
売りに出されることになります。
ウィリアムの代から働いていた人達もいるのでしょうが
みな納得した上でサラの話を聞いているように感じられました。
もちろんサラは従業員の再就職を全面的に支援。
ケヴィンが手伝い相談に乗ることにします。

ところが思い出のある社屋を
ノラは売りたくありません。
サラとまた意見が対立してしまいますが
ノラは設計者のロジャーが渡米していることを思い出し
ロジャーの建築作品として
彼に買い取ってもらえないか頼むことにします。
だけど残念ながらロジャーにその気はなし。
まだ芸術作品なんて考えていなかった時代のものですから。
でもロジャーはノラにプレゼントをくれました。
それはオーハイの社屋の設計図。
まだ手書きの青刷りの設計図。
そこにはナローレイクの建物も含まれていました。
よく見るとノラのための建物らしい。
ウィリアムが抱いた夢の世界がナローレイクだったのかな?

サラが自腹を切っても従業員に次の仕事を斡旋すると
かなりムキになってましたが
ペドロ以下まとめてトラックとセットで
新しい雇用先が見つかって一安心しました。
レベッカとホリーは別会社の面接を受け
レベッカが採用されます。
それを知らなかったジャスティンは
二人でハイチへ医療支援に行こうと提案しますが
レベッカは自分がすべきだと思うことを優先します。
ロジャーはこっそりスタントンと関わり始めましたが
周囲への影響は大丈夫なのかな。

シーズンファイナルの一つ前のエピなのに
まるでシーズンファイナルのようでした。
冒頭はペイジがサラやケヴィン、ソールに
オーハイ食品についてインタビューする映像が流れます。
ペイジも会社が閉鎖する過程を見届けたのでした。

いよいよこれでおしまい。
とっておきのアイリッシュウィスキーを酌み交わし
みんなはオーハイに別れを告げます。
そのときスコッティがアカペラで歌い始めます。
まさかスコッティの歌が聴けるなんてビックリしました。
何の歌だか知らなかったので調べたら
The Parting Glassという
アイリッシュトラッドソングでした。
これでおしまいなんだという寂しい展開でしたが
スコッティの歌声から元気がもらえました。
スコッティ=Lukeは聖歌隊やミュージカルの舞台で歌ってたんですね。
だからこんな素敵な歌声が聴けたんだ。
今度はカートの先輩として是非Gleeに出演を!

The Parting Glass

Of all the money e'er I had,
I spent it in good company.
And all the harm I've ever done,
Alas! it was to none but me.
And all I've done for want of wit
To mem'ry now I can't recall
So fill to me the parting glass
Good night and joy be with you all.


If I had money enough to spend,
And leisure time to sit awhile,
There is a fair maid in this town,
That sorely has my heart beguiled.
Her rosy cheeks and ruby lips,
I own she has my heart in thrall,
Then fill to me the parting glass,
Good night and joy be with you all.


Oh, all the comrades e'er I had,
They're sorry for my going away,
And all the sweethearts e'er I had,
They'd wish me one more day to stay,
But since it falls unto my lot,
That I should rise and you should not,
I gently rise and softly call,
Good night and joy be with you all.
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
Anne  

こんにちは。
コメントの入り口がわからなくて迷ってしまいました(笑)。でもこのテンプレート、
すっきりしているけどかっこいいですね。
ついにオーハイフードが閉じるとのことで、みんなと一緒にしみじみしてしまいました。
まだまだ従業員のこととか、気になることは残っているけれど、
とりあえずは前に進んでいけそうで一安心です。
そんな中心配なのは、ロバートが何に手を出そうとしているのかと、
ジャスティンとレベッカの関係です。このままだと壊れてしまうのでしょうか。
ナローレイクがまだ出てきたり、フィナーレでどんでん返しがあるのかな?
来シーズンがあまり重いものにならないといいなと思います。

2011/05/14 (Sat) 08:47 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

なかなか読みやすいテンプレートだと思ってイメチェンしてみました。
シーズンファイナル前にこんなにしみじみしてしまったので、ファイナルは大騒ぎかとんでもないクリフハンガーか…絶対すっきりしない気がします。
ロバートもジャスティンとレベッカの関係も心配だし。
ときにはうるさすぎるけれど、やはりウォーカー家には笑いが欲しいです。
TBありがとうございます。

2011/05/14 (Sat) 11:58 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ

トラックバック 1件

クリックしてトラックバック記事を書く(FC2ユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  ブラザーズ&シスターズ4 第23話 灯りが消える日
  • Brothers & Sisters 4 #23 Lights Out オーハイフードがクローズする日がやってきた。ひとりでも多くの社員に対して、 再就職できるようにサラは手を尽くすのだが、なかなかうまくいかない。 そんな中、...
  • 2011.05.14 (Sat) 08:48 | Comedy Show