FC2ブログ

Law&Order SVU S8-#15 「Haystack」

ローラが友人たちと自宅でパーティーを開いている間に、寝室に寝かしていた13か月の息子ケンドルが誘拐される。ローラは別れた夫ダンが誘拐したと指摘、ダンは競馬にのめりこんで借金を抱え、ローラのカードや貯金に手を出したため、ローラとは結婚して1年9カ月で別れていた。ダンが車で逃走したという連絡を受けステーブラーが追うと、ダンはバッグを川に投げ捨てる。ステーブラーが飛び込みバッグを拾い上げると、中にはコカイン8キロが入っていた。闇金融に手を出したダンは、返済の代わりに麻薬を運ぶ役目を請け負い、持ち逃げしたら家族を殺すと脅されていた。ダンはコカイン精製場所をステーブラーに伝え、事件のあった晩ダンがその場にいたことが確認される。
ステーブラーはローラの事情聴取を再開、誘拐があった日ローラがケンドルを連れて映画館へ行っていたことなどが明らかになるが、目撃者は誰もケンドルの姿を見ていなかった。ローラがケンドルを殺害したとも考えられる。さらにケンドルの衣類やおもちゃ、胎児のころのエコー写真などが箱に入れられ捨ててあった。警察の捜査が続く中でレポーターのマリノはローラを取材し、息子を殺したと容疑者扱いした報道をする。「赤ん坊殺し」と指摘されたローラは首つり自殺する。
ローラのアパートの非常階段にブロンドの髪が落ちていて、DNA鑑定の結果ケンドルの髪だったが、ケンドルの父がダンでないことも判明する。ダンはケンドルは自分の子供だと主張しながら、ローラが元恋人のパディに脅されていた可能性を伝える。またローラの友人のギャレットは、ローラはダンと結婚する前パディと付き合っていたが、パディはローラに暴力をふるい突然姿を消した。パッディは殺人に関与した疑いがもたれていたと話す。
ワーナーはケンドルのDNAから血線関係を持つ犯罪者を探すことを提案、服役囚のジョージ・ケンドルという男を探り当てるが、彼には子供がなく弟のショーンがペギーと結婚し11人の息子がいることがわかる。そのうち7人がケンドルの父親となりえた。ステーブラーがペギーの家に行くと、ペギーはものすごい剣幕でステーブラーを追い出す。
消防署の前にケンドルが放置され、元気な姿で発見される。それと同時にジョージ・ケンドルという男がケンドルの父親だと名乗り出てくる。ジョージこそパディ・ケンドルで、DNA鑑定の結果確かに彼が生みの親だった。そこへ司法取引の結果服役を免れたダンが現れケンドルを奪い返そうとするが、パディとペギーがケンドルを家に連れて帰る。
ステーブラーはケイシーやACSの手を借りて、パディのDVを指摘しケンドルの心理捜査を行うと、ケンドルをパディから引き離す。するとパディはステーブラーとケイシーを嫌がらせと人権侵害だとして訴えてくる。ステーブラーとケイシーはドネリーに弁護を頼み法廷で争う。パディが証言の際ケンドルのエコー写真を持っていたことを知ったステーブラーはパディをケンドル誘拐容疑で逮捕。パディは容疑を認める。取引きの結果パディは親権を放棄し、ケンドルはダンのもとに戻った。

13か月の幼児ケンドルの誘拐事件が発生するが、ベンソンは他の事件の対応で忙しく、ステーブラーがクレイゲンの手を借りながら捜査に当たります。容疑者と思われたローラの別れた夫ダンが川にバッグを投げ込んだときは,中にケンドルが入っていることを恐れたステーブラーは、とっさに川に飛び込みバッグを死守します。だが出てきたのはコカインでした。
ダンのアリバイが確認されると、ローラの挙動や証言の内容から、ローラがケンドルを殺害したのではないかとの疑いが持たれます。事件の前の日にベビーシッターがケンドルの姿を見たのを最後に、誰もケンドルの様子に気づいていませんでした。さらにケンドルの衣類やおもちゃ、エコー写真などが捨てられ、ローラの殺害容疑が濃厚になってきます。毒舌レポーターのマリノが警察の捜査の遅さを非難しながらステーブラーに迫ったところ、ステーブラーがエコー写真のことを口走ったために、マリノはいかにもローラがケンドルを殺害したかのようにインタビューし放映します。息子殺し扱いをされたローラは首を吊ってしまいます。マリノが再びステーブラーに近づいてきたので、ステーブラーは怒りをぶつけようとしてクレイゲンに止められます。
ケンドルは見つからないもののケンドルの毛髪を入手、DNA検査の結果ダンはケンドルの実の父ではないことが明らかになります。ダンやギャレットの話から、実の父はパディという名の男ではと思われますが、パディが何者のなのかわかりません。ワーナーは犯罪者の肉親や血縁関係者を洗い出すことでケンドルの父親がわかるのではと提案、モラレスは犯罪者の家族にも権利があると難色を示しますが、あくまでも父親探しに使うだけだと言われて捜査を始めます。そして服役囚ジョージ・ケンドルの親族にケンドルの父親がいる可能性が見えてきます。
そのときケンドルが無事に発見され、父親を名乗る男が現れます。男はパディ・ケンドル本人で、確かにケンドルの父親でした。ダンがケンドルを連れ帰りたくても、実の父親に権利があります。だがパディ登場はタイミングが良すぎました。パディはローラと最近よりが戻り、ローラがダンと別れたら一緒になるつもりだったと主張します。しかしパディを疑っていたステーブラーはケンドルをパディから取り上げられたために、ケイシーとともにパディから訴えられます。
法廷ではステーブラーとケイシーの弁護を引き受けたドネリーが、ステーブラーの事件解決率は97%、ケイシーの有罪率は71%と二人の有能ぶりをアピール。そしてパディが持っていたエコー写真がパディが誘拐犯であることを証明しました。エコー写真が2枚あり、残されていた片方にパディの指紋が残っていたというのははったりでしたが、パディが誘拐を自供するには十分でした。ペギーはケンドルを連れたローラの姿を見て、ケンドルをパディの子だと実感し、パディに誘拐を仕向けたのでした。
DNA鑑定が功を奏し事件は解決、ベンソンもDNA鑑定を依頼していました。自分のDNAを調べたベンソンは弟の存在を知ります。

FOXCRIMEはSVUのS8の後
続けてS9をオンエア。
なんでこんなに先を急いでいるのでしょう(泣)
毎週SVUの新しいエピを観られるのは嬉しいし
シーズンが進んでも決してだれることなく
どんどん奥深くなっていくのは本当にすごいドラマだと思うんですけど
毎週エピガイを書くのに疲れました…
そんな悲鳴が届くこともなく
SVUは突っ走っていきます。
一体どこまで続くんだ?
あっという間にBK再会エピまで来るのなら
意地でも頑張りますが。

今回はステーブラーの単独捜査。
でもクレイゲン自らブレーキ役になってましたが。
またブチ切れると危険ですからね。
川に飛び込むシーンでは
アレックスじゃないんだし若くないんだから無茶するな!
と思わずステーブラーにストップをかけたくなってました。
オヤジには年相応のことをやっていただかないと(汗)

パディってなんだか観たことある人だなと思ったら
Twin Peaksのボビーでした。
最近WOWOWで観てた顔だった!
あまり変わってなかったかも。
そして突然わかったベンソンの弟。
怪しい奴なんでしょうか?
気になります。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ