FC2ブログ

Brothers&Sisters S4-#24 「険しい道」

オーハイフードが倒産して
サラは目的がなくなりテレビのソープから離れられず
キティが遊説に出るのに付き合うことにしたノラは
サラを一緒に連れていくことにします。

スコッティとソールは
レストランの開店に向けて
メニューの試食会を
ウォーカーの元別荘で開くことにします。

ここからが典型的な山あり谷ありのシーズンファイナルの展開。
こんなに教科書通りに進まなくてもいいんじゃない?って
もうひとひねり工夫が欲しくなってきました。
いつものようにあれこれ問題が持ち上がるけど
とりあえず一件落着。
まあ細かい部分は気になるんだけどね。
ところが最期の最後にどんでん返し。
恐怖のクリフハンガーでS5に続く。
ありがたいことにAXNは今秋S5をオンエアしてくれるので
やきもきするのは数カ月ですが。
ここでちょっとネタばれ。
文字を反転して読んでください。
こんなに心配事を作っておいて
S5プレミアは今から1年後になってるんですね。
もちろんその間のことは語られるんだと思いますが。
それってなんだかずるい気がします。
ついでにこのクリフハンガーも
キャスト降板に関して
仕方なかったのかなとは思いますが.


では山の部分。
ノラが諦めずにナローレイクを掘らせていたら
水がわき出てきました。
カリフォルニアでは水は貴重だそうで
水で新たに起業できそう。
先行きが明るくなってきました。

ロバートはスタントンの秘密のテープを
アンスポー部長(ではない)に要求されたけど隠すことにして
貸金庫のカギをジャスティンに預けようとします。
ジャスティンはロバートが飲んでいた薬が気になり
彼の心臓を心配します。
するとロバートが倒れ病院へ。
ひやりとさせられましたがすぐに回復。
スタントンがキティの選挙活動を妨害していることもわかってきて
ロバートは今までの秘密をキティに打ち明けます。
ますます夫婦のきずなは堅固なものに。

そして気になること。
ケヴィンとスコッティは
HIV検査は当然のことだとして行っていましたが
ゲイはクロゼットの中に隠れていた時代のソールは
一度も検査を受けたことがありませんでした。
だけどかつて関係を持った相手が発症したことを知り
ソールは検査を受けに行くか悩み始めます。
そして意を決して検査を受けに行きます。

レベッカの就職が決まったけど
ジャスティンはどうしてもハイチに行きたくて
レベッカはお互いが自分が今必要だと思うことを
やっていくことを提案します。

恐怖のクリフハンガー
ナローレイクやロバートの具合がいい方向に向いたので
みんなはほっとしながら別荘を出ます。
ところが帰宅途中に交通事故に巻き込まれ
ホリーとロバートは重体。
ロバートのつぶやきは最期の言葉になってしまうのでしょうか。
血だらけのソールは皆を寄せ付けようとしません。
検査結果は大丈夫だったと言ってたのに。

この続きは秋のお楽しみということで。
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
Anne  

こんにちは。
もしかしてと一瞬疑ったものの、いや~なクリフハンガーになってしまいました。
このドラマって、わりとそういう待たされ系のクリフハンガーはあまりなかったので、
新しい試みのひとつなのでしょうか。ロバートはもう回想シーンだけなのかな。
ソールの体調も気になるし、家族がどうやって立て直すのかも気になるし、
早く新しいシーズンが見たいけど、秋までしばらくお預けですね。

2011/05/21 (Sat) 17:31 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

せっかくいい雰囲気で楽しめたのに、最後が辛すぎますた。
これで秋まで待てって…クリフハンガーの場合は仕方ないけど残酷です。
きっと次シーズンは新たな気持ちで、またさまざまな難題に立ち向かっていくのでしょうけど、ロバートにはいて欲しかったな。
次シーズンが始まったら、再びウォーカー家に振り回されていきたいと思います。

2011/05/22 (Sun) 11:39 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ