FC2ブログ

Desperate Housewives S6-#7 「苦手な存在」

今度はさっさと観ました。
その分他のドラマを溜め込んでるけど(汗)

スーザンの留守中
ジュリーがニックと言い争っているのをリネットが立ち聞き。
ジュリーはリネットに不倫相手がニックだったことを告げます。
リネットはアンジーに気づかれないようにニックに忠告。
逆にニックに脅されます。
ニックって相当の危険人物なのかな?
でもリネットっとトムがジュリーを暴行したのはもしやニック?と疑ったら
ジュリーははっきりと否定していました。
やっぱり謎のオヤジですね。

スーザンはジュリーを暴行したのはキャサリンではないかと
警察に捜査を依頼しに行きますが
待っていた女性刑事デニースは
スーザンの高校時代の同級生でした。
スーザンは何も覚えてないけど
デニースはスーザンにムースというあだ名をつけられて馬鹿にされるし
BFは横取りされるしと恨みつらみが溜まっていました。
今こそリベンジのチャンス。
スーザンはイヤーブックでデニースを確認し
過去の悪事を思い出した時はすでに遅し。
デニースはキャサリンに事情聴取すると
キャサリンを撃った罪でスーザンを逮捕してしまいました。
口は災いのもと…ってスーザンは全く学ばずに
ここまで来ちゃったからどうしようもないね。

アンジーにディナーに呼ばれたブリーは
オーソンと一緒に家を訪ねます。
次々に出てくるのはイタリア風家庭料理。
ブリーがアンジーを雇ってくれないか
これは料理の味見の会だったことをニックがばらしてしまいます。
ブリーはさっさと断りますが
その後結婚式のケータリングで
イタリアの家庭料理をオーダーしたがるカップルが現れ
ブリーはアンジーに嘘をついてレシピを拝借。
アンジーはプライベートな頼みだと思ってレシピを貸してあげますが
自分のレシピでブリーが儲けようとしたことを知って激怒します。
レシピを取り上げられたブリーはイタリア料理にお手上げで
結局アンジーに手伝ってもらいたいと頼みます。
アンジーはウィステリア通りの妻たちを
上手に手中に収めていますね。

ホワニータの自宅学習を始めたガブリエルは
分数が教えられなくて四苦八苦。
そのときガブリエルが家事と教育では忙しくなるからと
雇ったメイドのイヴァナがホワニータにうまく分数を教えてくれました。
イヴァナは祖国では数学を専攻していたけど
アメリカではメイドになるしかなかったのですね。
ガブリエルはイヴァナに家庭教師を任せることにしましたが
今度は家事がおろそかになってしまいます。
イヴァナがホワニータに教えていると知らないカルロスは
イヴァナをクビにして、他のメイドを雇ってしまいました。
ガブリエルは慌ててイヴァナの次の雇われ先にホワニータを連れていき
自分がメイドの仕事を請け負い、ホワニータに勉強を教えてもらう始末です。
自宅学習はとても大変。
だけど早く帰宅したカルロスは、ホワニータの勉強をきちんと見てあげていました。
苦手なのはガブリエルだけですか…

リネットの妊娠がいよいよばれてきそうで
また大騒動になるのかな?
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ