FC2ブログ

Without a Trace S6 「軍事司法統一法典32条」

やたらと難しい邦題なので
一体どんな失踪事件が起きるのか気になっていましたが
やっぱり難しい事件でした。

失踪したのは退役軍人病院で社会奉仕活動をしていたローラ。
ローラは万引きで逮捕されましたが
軍人の父が更生のために病院での奉仕活動を選ばせ
ローラは絵の才能があったので
兵士たちの義足や義手にタトゥーを描いてあげることにしました。
これはなかなかの評判でした。

ローラが軍事施設を狙ったテロにかかわっているのではという疑いが出てきて
確かにローラはその一味だったんですが
手や足を失った者たちの苦しみや父の姿を見ているうちに
考え方が変わっていったんですね。
戦争で受けた恐怖や残酷な惨状を
忘れようとしても忘れることができない。
それがトラウマとなって戦地から戻ってきても
兵士たちを苦しめます。
ローラ父も意識のないまま危険な行為に及んでいたし
ジャックも父に苦しめられたことを思い出します。
そしてローラは義足の兵士ダニエルに出会ったことで
自分の考え方が変わっていきます。

ダニエルってBonesで
アンジェラと付き合ってたけど別れちゃったウェンデルですよね。
イメージが違ったけど真面目そうで好感が持てました。
でも事件に絡んでいる人のお約束で
嘘をつきまくっているけど。
戦地で何があったか知らせるべきだ。
ローラもその考えに賛同し
小競り合いがあって結局銃の引き金を引いてしまいます。
ダニエルも、ローラの父も彼女を国外に逃がすことに。
だから失踪したんじゃなくて、自ら姿を消したのですが。
ジャックはあえてさっさとローラを探そうとしませんでした。

ヴィヴとグラントは特捜班を立ち上げることになりましたが
ヴィヴに無断でグラントがSWATを要請したことで
ヴィヴがかなり怒ってました。
グラントも重要な容疑者をヴィヴが帰したことが気に食わなかったようですが
何がどう間違ってるのか、理路整然と述べて相手を説得するヴィヴはかっこいい。
だからジャックが暴走してもこのチームは大丈夫なんだよね。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ