FC2ブログ
Top Page › Kommissar Rex › Kommissar Rex S4-#6 「奪われた宝物」

2011 · 06 · 15 (Wed) 20:25

Kommissar Rex S4-#6 「奪われた宝物」

毎週あまりにツッコミ過ぎたら
突如真面目な犯罪捜査ドラマに変わってしまいました(苦笑)
どこかから批判されて路線変更したのかな?
それはそれで心配になってきました。

それでも最初はアレックスの自宅のガス管修理の際に
作業員が勝手に荷物を置くのを阻止するため
レックスがアレックスに協力。
署ではベックの書類整理を
気が付いたらレックスが邪魔してました。

でも公園で女性の遺体が見つかってからは、真面目に捜査を開始。
第一発見者のお母さんがかなり詳しく状況を話していたので
この人が怪しいのでは?と疑いたくなりましたが
本当にいい人だったみたいです。

被害者の亡くなった美大生は
(ベックは大学のアトリエでエアブラシで自分の名前を書いて喜んでました…)
レイプもされず物も取られず、怨恨かもなんて思っていたら
ベビーシッターをしていたことが判明。
盗まれたのは預かっていた赤ちゃんでした。
預けていた両親は大ショック。
早速誘拐事件として扱われますが
その割には殺人課の地道な捜査が続くようで
ウィーンにはWATな人達は存在していないのでしょう。
とにかくアレックスは赤ちゃんを見つけるべく
最大限の努力をすることを約束します。
ちなみ48時間以内に発見しないと生存率は低くなるとか
そういうことには感心ないみたい。

ラッキーなことに盗まれた赤ちゃんを乗せていたベビーカーが
路線バスに乗る瞬間をベックが発見。
ベック、必死で走ります。
それってレックスの任務なのに??
そしてバスを止めてベビーカーの持ち主を追求。
公園に捨てられていたのをいただいてきたようで、
そんなにさっさとリサイクルするウィーン市民に
ちょっと驚き…

サラに赤ちゃん誘拐が濃厚に。
赤ちゃんが欲しいと思っている犯人は
なんでも新品なものを用意するんだそうです。
失踪者を追わなきゃならないジャックなアレックスは
犯人の心理分析も行わねばならずホッチな役割も果たし
本当にご苦労様です。
いろいろと詳しいのは過去に経験を積んでる?
でもコマンド部隊にいたんだよね。
不思議だ。

rex4-6-1.jpg
協力=見つめ合うってことらしい。

その心理分析を裏付けるためにアレックスは
過去に同様の犯罪を犯し病院にいる女性に話を聞きに行きます。
果たして彼女が心を開くのか心配でしたが
こんなときはレックスが癒し犬として活躍。
そしてレディーキラーなアレックスが近付けばばっちりでした。

rex4-6-2.jpg
意味深なアレックスの視線が危なすぎ?

予想通り赤ちゃんは
子供が欲しいと思っていた女性が誘拐していました。
同じアパートに住むお節介おばあちゃんが
なんだか怪しいなと思いながら
とりあえず赤ちゃん誕生にお祝いの声かけをします。
一方警察が何も動き出さないので
(やってるんですけど、身代金の要求があるわけでもなし)
業を煮やした両親が勝手に新聞社に連絡して
赤ちゃん発見に懸賞金をかけてしまいます。
写真を見たおばあちゃんはすぐにピンと来て
警察に連絡すると偽母を脅したら
おばあちゃんはアイロンで殴られてしまいました。

その頃新生児用品をデパートで大量買いした人物を探していたアレックス
偽母の住所にたどり着きます。
そしてぶっ倒れていたおばあちゃんを発見。
偽母は赤ちゃんと一緒に姿を消していました。
アレックスとベックは偽母の自宅を捜索し
彼女の母親のお墓がある避暑地Yだそうです)に
向かったと推理します。
ところで捜査官たちはそれなりに鍵開けのテクニックを身につけてますが
電動鍵明けき(だよね)を初めて見ました。
ウィーンって変わったものがハイテクなんですね。
年代物アパートはドアが重過ぎてドアキックじゃ開かないのかも。

避暑地で偽母と赤ちゃんを発見。
でもこういう状態の犯人は
赤ちゃんを自分の子供だと信じきってしまっているので
説得も難しいですよね。
それこそジャックとかステーブラーとか
ベテラン捜査官の出番なんですけど
アレックスしかいないから仕方ない。
アレックスが説得を始めますが、
足場の悪い山に逃げてしまった偽母は
危うくがけから転落?
ベックが偽母を捕まえ
赤ちゃんのかごをレックスが捕まえ
大惨事は逃れました…
と思ったらレックスが危ない!
あんなに身軽なレックスも、崖をずり落ちかけたらどうにもなりません。
アレックスが必死で首輪を引っ張って持ち上げ
日頃の筋トレの成果が発揮されました。
これがモーザーだったらどうなっていたことやら。
ちょっとヒヤっとしちゃった。

rex4-6-3.jpg
マジで焦ってます。

こうしてまたウィーンの謎をいくつか発見してしまいましたが(笑)
ソーセージパンを食べる暇もなく
赤ちゃん誘拐事件は解決したのでした。
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

そうでした、ソーセージパンの出番が!
これは一大事です(笑)。

>鍵開けのテクニック
おどろきました。
蹴破れないからなのでしょうが、あまりにも当たり前に使っているのもすごいです。
真面目な捜査ドラマっぽかったですが、
やっぱりどこかへんで楽しかったです。

崖に落ちかけたレックス、
パートナーがモーザーだったら
助けをあてにせず自分だけで頑張っただろうな…と思ってしまいました。
もちろん、モーザーは「えらいぞ、レックス!」と言うだけです。
2011-06-16-10:20
カクテキ [ 返信 * 編集 ]

巨大ソーセージパン(帽子か?)がヘララーのデスクに置いてあったのは見ましたが、ソーセージパンを食べる機会がなかったのは珍しいです。
あまり急いでいるようには見えなかったけど、全力を挙げて赤ちゃんの捜索をしていたってことですね。
ドアの鍵開け技は初めて見たのでびっくりしました。
このドラマ、学ぶことが多いです(苦笑)
崖から落ちかけるレックス。
確かにモーザーだったら影で応援状態だったかもしれませんね。
または先にモーザーが落ちてるとか…
2011-06-16-20:22
Garoto [ 返信 * 編集 ]

Garotoさん、こんにちは。
めずらしくソーセージパン出てきませんでしたね(笑)
そのかわりヘララーのデスクにあった巨大ソーセージパンが気になりました。
誕生日にもらった帽子かな??

しかしあのアパートのおばさんも余計なこと言わずにさっさと警察に連絡してればアイロンで殴られずにすんだのに…
それに公園に捨てられてたベビーカーを使うなんて気持ち悪くないのかな?^^;
こういうツッコミどころも楽しみのひとつだったりします(笑)
崖のシーン、モーザーだったら絶対彼が落っこちて、それをレックスが助けてよしよし…ってなりそうです(笑)
2011-06-17-18:58
Ayano [ 返信 * 編集 ]

ソーセージパンを食べる暇もないくらい忙しい事件だったんですが、それでも突っ込めてしまうところがすごい。
ヘララーの巨大ソーセージパンは帽子なのかな?ということは愛用しているのか、置きっぱなしか、まだレックスのおもちゃにはなっていないようです。
公園で拾ったベビーカーを平気で使ってしまう人には恐れ入りました。
リサイクル精神もここまで進むと不気味です。
そして崖滑りレックス。万が一モーザーが助けようと身を乗り出したら、確かにモーザーの方が落っこちそうですね。
レックスの活躍場面がそれだけ増えたかな。
2011-06-17-20:15
Garoto [ 返信 * 編集 ]

同罪の女性へ聞き込みに訪れるアレックス、女性にぴとーっと寄り添い過ぎでしたね。
普通だったらセクハラものですが、アレックスだったら許されるのでしょう。
そういえば、あの女性がレックスにくれていたのはソーセージパンだったでしょうか。
(小さい画面で視聴したので定かではないです)

電動鍵あけなんてシャレたものをウィーン警察は持っているのですね。これからも秘密兵器が登場するのではないかと期待しそうです。
2011-06-19-23:26
さとうさんた [ 返信 * 編集 ]

アレックス、相手が気を許せるように近寄ったんだと思いますが、意見を伺いに行ったんだから密着しすぎです。
こうして女性を次々に虜にしていく魔性の刑事…なんて言われないようにしていただきたい(笑)
確かにレックス、何かもらってましたね。ソーセージパンだったのかな?

ウイーン警察、少しずつハイテクになってますが、まさか電動でカギちゃうなんて思ってもみませんでした。
悪党に盗まれないように気をつけなきゃ!
2011-06-20-19:39
Garoto [ 返信 * 編集 ]