FC2ブログ

Law&Order SVU S8-#22 「Screwed」

ナンシー・グレイスとスター・ジョーンズがダリウス・パーカーの裁判についてTVで論じているとき、フィンは署の前でマスコミに追われていた。マスコミはダリウスとフィンの関係を追及、警察は捜査を妨害したと非難する。ステーブラーは群がるマスコミを罵る。
ケンがSVUに来て、テリーの元に召喚状が届いたが、テリーは逃げようとしているとフィンに告げる。ステーブラー、ベンソン、フィンにもダリウスから被告側の証人として召喚状が届く。
ニーナと息子の死に関して、現場に残っていたのは大量の血液と凶器となったナイフだけだった。ダリウスは自白したが警察の捜査手順が違法であるため、証言は無効となっていた。
ケンとマンチがテリーを説得に行くが、テリーは証言をかたくなに拒む。ダリウスは体調不良を訴え、弁護士のブレイデンは出廷権放棄を認めさせようとする。
法廷でワーナーは検視結果を伝えるがブレイデンが反論、ダリウスの元GFのアンジェラがナイフは自分が買ったものと証言する。法廷でのテリーの証言が是非とも必要になるが、テリーが出廷を拒み続けるので拘留されてしまう。
フィンの尋問で、フィンが麻薬課で潜入捜査を行っていた時のタイロン事件について問われる。フィンはタイロンの銃や麻薬を押収したが、証拠に手を加えていたと追及される。10年前の事件当時、ケンがタイロンの銃のことをダリウスに話していたのだった。その頃フィンとテリーの仲が悪く、ケンはダリウスに頼っていた。
ブレイデンはサイモンの逃亡の件でFBIのポーターにも召喚状を送ろうとしていた。マンチはテリーがレイプの被害者なのではと疑う。フィンはダリウスがSVUの捜査状況に詳しいことを不審に 感じる。ブレイデンは元警官で、署内の誰かが情報をリークしていると考えられた。ブルックリン署からレイクが転任して、捜査に協力する。
サイモンが裁判所の前でベンソンを待っていた。サイモンは自分のせいでベンソンがトラブルに巻き込まれたことを詫び、ベンソンが自分の逃亡のことを知らなかったとクレイゲンに話したと嘘をついたことを告げる。レイクとフィンはブレイデンを見張り、ブレイデンが署の管理職と会っていることを突き止める。証拠写真をクレイゲンに見せると、クレイゲンは刑事課副部長のアラン・ジェームズ警部補だと確認する。
ステーブラーの尋問で、キャスリーンの飲酒運転について問われる。ブレイデンは証拠破棄について追及してくるが、ステーブラーは破棄を頼んでいないと主張する。本件に関わっていたドネリー判事は自分は不適格だとして、ダリウスの裁判を降りることにする。ダリウスは「警官はどうせ助け合う 。。」と冷たく言い放つ。
被害者に見せかけ無罪を勝ち取ろうとするダリウスを阻止するには、テリーの証言が不可欠だ。ベンソンは拘留されているテリーに会いに行き、自分もレイプで生まれてきたと話しだすと、テリーは母は中絶を許してくれなかったと語り始める。そして証言台に立つことを受け入れる。 クレイゲンはジェームズに会う。ジェームズはかつてクレイゲンに恥をかかされたことへの恨みを晴らそうと、引退を決意しクレイゲンを陥れる情報を漏らしていた。
ダリウスは法廷でテリーに質問する。ダリウスがレイプされてできた子供であることを認めていたテリーだが、父親は誰か話そうとしない。ダリウスの追及に対しテリーは知らない方がいいと断るが、ついに自分の父親にレイプされたことを伝える。
判決が出され、ダリウスは第2級殺人罪と第1級暴行罪のどちらも無罪となる。ケイシーは地方検事局に呼ばれ、ベンソンはIABの取り調べを受ける。キャスリーンは飲酒運転の罪で逮捕される。ケンはダリウスと縁を切ることを告げ、フィンはダリウスに「俺はお前なんか忘れるが、お前は無理だ。」と言い捨てる。

ケンの従兄弟ダリウスがニーナと息子の殺害容疑で逮捕される事件はS7-#18「Venom」で扱われています。ダリウスはケンの祖母に育てられていましたが、祖母が死ぬ直前に母親はテリーであることを話していました。だが父親については伝えられていませんでした。
ダリウス逮捕の際にとった供述や証拠が弁護士不在であったために無効となり、ダリウスは終身刑を逃れました。そして今度はダリウスがSVUを訴えてきます。
ダリウスに付いている弁護士ブレイデンは、フィンの麻薬課の潜入捜査官時代の事件での証拠隠しやベンソンの弟サイモンの逃亡を見逃したこと、ステーブラーの娘キャスリーンの飲酒運転もみ消しなどを持ち出し、捜査官の不正を暴いてダリウスの無罪を勝ち取ろうとします。ダリウスを有罪にするためには母親テリーの証言が必要になりますが、テリーはかたくなに拒みます。
S8のファイナルにふさわしく、捜査官それぞれに持ち上がった問題がもう一度クローズアップされることになります。フィンには元妻テリーと息子のケン、ベンソンには弟サイモン、ステーブラーには娘のキャスリーンが関わってきて、家族を失ったダリウスとともに、ブレイデンが「家族の裁判だ。」と言ったように家族について考えさせられます。さらにキャシーがSVUに現れ、ステーブラーに会うと「子供のためでなく、私のために戻ってきてほしい。」と妊娠したことを伝えます。これはステーブラーには想定外の驚きでした。
ゲスト陣も豪華。ブレイデンを演じるのはBrothers&sistersのグラハム役のSteven Weber。警部補ジェームズはRescue Meのジェリー役のJack McGeeが演じています。サイモンやFBIのポーターも再登場。そして#12 「Outsider」でケンに頼まれてフィンが調べたレイプ事件で、捜査に協力したブルックリン署SVUのレイク刑事が転任してきます。レイクはS9からレギュラーになりますが、一足先にこちらでの捜査に協力することになりました。

さすがSVU。ゴージャスなシーズンファイナルでした。
先シーズンのダリウスに続き、今シーズンのサイモンやポーターなど話題を呼んだ人物が登場。
曖昧になっていた部分がすっきりさせられたけど、重たさも残りました。
ステーブラーは最悪ですね。
キャスリーンは逮捕され、キャシーは妊娠。
まさか5人目の子供…オヤジステーブラーはどう向き合うのでしょう・
そしてチェスター・レイクが本格的に登場。
フィンとコンビを組むことになりますが、マンチの立場はどうなるのかな。
裁判に敗れたケイシーの思いも気がかりです。
クレイゲンは責任を取らされるのかな。

ダリウス役のLudacrisを調べていたらGleeが出てきて
どうして?と思ったらJustin Bieberの Babyを書いていた人なんですね。
サムがジャスティンファッションでクインに愛をささげちゃった曲でした。
確かにJustinのビデオでラップしてる。
あまりのイメージの違いに驚きました(笑)

3週間のインターバル後にS9スタート。
今回は一休みできるので助かります…
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ