FC2ブログ

Close to Home S2-#22 「大いなる戦い(後編)」

最後まで辛かった…

一体何が起きた?と思ったらモーリーンたちが撃たれます。
モーリーン即死。
S1ファイナルではアナベスの最愛の夫ジャックを葬り去り
今度はアナベスの大切な同僚モーリーンを失い
あんまりな展開です。
そういえばモーリーンの名字はスコフィールドで
スコフィールドと言えばマイケルだよね!なんて思っていたら
モーリーンの父の説教師役で出てきたのが
PBのS2でマイケルを苦しめたルチェロだったのでちょっと笑えました。

事件は意外な展開へ。
ダーキンの悪事が明らかになり
ダーキンに選挙資金繰りを任せていたコンロンの立場が危うくなります。
モーリーンがこっそり連邦の大陪審に出ていたこともわかり
本当にコンロンが悪人なのかもと疑いたくなってしまいました。
それではあんまりだ…

でもアナベスはコンロンを信じていたし
モーリーンも大陪審でコンロンが信頼のおける素晴らしい人物であることを力説
その映像が公開されコンロンの疑いは晴れました。
よかった。

結局黒幕はヴィーダー妻だったんですね。
密かにチャーリ・ジェイド(笑)を疑ってたけど
彼はいい刑事でした。
アナベスの支えとなり、新たな恋が発展…

そしてS3が存在するならば
チャーリーが新レギュラーになっていたのかな。
それも面白かったかもしれないのに、これでおしまいで残念でした。
豪華なオヤジたち、
とりわけとてもまともなセダッチを見られたS2は楽しかったです。
もう少しはじけてくれてもよかったんだけど
例えば刑務所潜入とか(苦笑)
お気に入りドラマがまた一つ終わってしまいました。
とりあえず事件が解決し、クリフハンガーではなかったことが
せめてもの救いですね。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ