FC2ブログ
Top Page › Glee › Glee S2-#20 「Prom Queen」

2011 · 07 · 18 (Mon) 11:13

Glee S2-#20 「Prom Queen」

いよいよプロム。
ところがプロムのバンド(何故Air Supplyを呼んだんだ?)がキャンセルになったため
校長はグリー部にプロムのバンドを引き受けてくれるよう頼みます。
ウィルは全国大会を前にしてそれどころじゃないと思いますが
みんながダンスも踊れてソロも歌えるならと承諾します。
ところがプロムに行く相手のいないメルセデスは拒否します。

やはり相手のいないレイチェルがメルセデスに声をかけ
二人でサムを誘うことにしてメルセデスも納得。
すると突如ジェシーが現れます。
あの卵をぶつけたジェシーが復活?
レイチェルは微妙な気分ですが
ジェシーはグリー部のアドバイザーになってくれるようです。

アーティはブリタニーとやり直したいと思って
"Isn't She Lovely"をブリタニーに捧げますが
ブリタニーの気持ちは変わりませんでした。
調理実習での男子生徒の合唱、とてもキュートだったけど。
自分がローレンの尻に敷かれていると噂の立っているパックは
ワルの名誉を挽回するために
プロムのポンチに酒をこっそり入れるよう
意気消沈しているアーティに頼みます。

カートはブレインをプロムに誘いますが
ブレインは前のプロム直前にカミングアウトしたため
ひどいいじめに遭ったことを思い出していました。
でもカートはひるむことなく、自分なりのコスチュームをデザイン
バートは心配しているけどやる気満々です。
それにこのところカロフスキーが守ってくれているので
学校でもいじめられていません。
カートが安どしていると突如泣き顔で謝りだすカロフスキー。
カートは今こそカミングアウトをと声をかけますが。

フィンはクインに渡すブーケについてレイチェルに相談。
お洒落なリストブーケを教えてもらいますが
フィンはレイチェルが気になって仕方ないんだよね。
そしてプロムの日。
迎えに行ったフィンの前に現れたクインはとてもきれいでした。
クイン母も大はしゃぎ。
(いつもはNYPD Blueのマクダウェル刑事なんですけど…違い過ぎだね)

パーティーがスタート。
史上最悪の曲"Friday"はここでカバーされたんですね。
Gleeのメンバーが歌うと名曲に聞こえるから不思議です。
相変わらずフィンはレイチェルが気になり
レイチェルとジェシーの親しげな様子についに怒り爆発。
ダンスをほったらかして殴り合いが始まってしまいました。
そして酒を入れ損ねたアーティはスー先生につかまってしまいます。

ハプニングの連続のうちにプロムキングとクイーンの発表。
キングはカロフスキー。
そしてクイーンは、なんとカートが選ばれます。

これこそ最悪のいじめ…
カートは開場から走り出て落ち込みますがブレインに励まされ
もう一度会場に戻ってきてティアラを受け取ります。
自分らしく生きるために決してへこたれないカートに拍手♪
素晴らしい勇気です。
その裏でクインはレイチェルに悪態をつき
何故自分が選ばれないのかとサンタナは嘆き
でも友情は深まっていったかな。

だから最後はABBAの"Dancing Queen"
カートに一緒に踊ってと頼むブレインも素敵でした。
でもカロフスキーはどこかへ行っちゃった。
早く彼にも自分らしさを取り戻してもらいたいのですが。
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント