FC2ブログ

Kommissar Rex S4-#11 「死のリスト」

下着メーカーの部長フックスは
妻と離婚、娘とも離れて暮らすことになってしまいました。
酒びたりの日々を送るフックスは社内でも酒瓶に手を出してしまいます。
次期部長のポストを狙う女性社員のリマーは
同僚のボッシュに協力してもらい、レイプ未遂事件をでっち上げます。
リマーのやらせっぷりがすごい。
ボッシュのオフィスに入ると中から鍵をかけ
自ら服を割いてセクシー度を強調か?と思いきや
突然「助けて。」と叫び出します。
慌ててフックスがなだめようろしたところを
外からボッシュがドアを開けレイプの証人となります。
酒を飲んでたフックスの弁解は聴いてもらえず
フックスはレイプ犯呼ばわりされてしまいます。

でも未遂なんだから助かる道はあったと思うのに
弁護士を雇って闘うとか、そういう意識はフックスにはなかったんですね。
ただ落ち込んで、そこから思いついたのがリベンジ。
すぐにリベンジしたがるのがオーストリア人の悪い癖のように思えてきました。
駐車場でボッシュを見つけた時は、怒りをぶつける程度のつもりだったのかもしれません。
でも気が付いたらボッシュはフックスの車にぶつかって即死。
フックスはボッシュを放置して、死のリストに載せた名前を消すことにします。
続いてリマーの家に行ったフックスは、リマーをさっさと刺殺してしまいます。
全く躊躇することもなく…
普通の人が突如こうしてシリアルキラーに変われるものなのでしょうか。
これではBAUがプロファイリングするのに困ると思います(苦笑)
さらにフックスは、自分を陥れようとした残りの二人の女性を狙います。

アレックスやベックが呼ばれたのは
駐車場でボッシュの遺体が発見された時
彼女の自宅の留守電にリマーからのメッセージが残されていたので
二人がつながってきます。
リマーは殺される前自宅に恋人が来ていたので
彼が疑われますが容疑は晴れます。
やがて捜査線上にフックスが挙がってきます。

実はこのエピ、本国ではS5のプレミアだったんですね。
それにしてはアレックスが地味。
っていうかフックスのシリアルキラーぶりが強調されて
水泳をしている3人目の犠牲者を追いかける執拗さは
なかなかの迫力でした。
でもこのドラマ、ホラーじゃないでしょ。
そしてあまりアレックス&レックスの活躍が
身を結んでないんですよね。
せっかくのレックスの大ジャンプも、フックスを逃がしちゃうし。
でも最後は水泳お姉さんも犠牲者となることなく
フックスは無事連行されました。
そしてアレックスの一言。
「リマーの福にはリマー自身の指紋しか残っていなかった。」
これでレイプ容疑は貼らせたんですよ。
慌てずに弁護士と相談し、証拠の開示を求めればよかったのに。
なのにさっさと二人殺してしまったので殺人罪ですよ。
ついでにプールの管理人のおじさんも殴られちゃいましたが
彼は助かったのかな。
第3者を巻き込むとはとんでもない。

こんしゅ鵜のレックスの技
☆エレベーターのボタンが押せる。
☆コーヒーに砂糖を入れられる。
どんどん芸達者になっていきますね。
それに引き換えちっとも学ばないベックは…
そもそも刑事がモールで犬と追いかけっこしていいのでしょうか。
だれか通報してやってください(笑)

rex4-11-1.jpg
偉そうなアレックス
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
カクテキ  

ベックやヘララーの髪がちょっとのびたような気がしたので
間があいたのかな?と思ってましたがシーズンプレミアでしたか。
仕事のできるフックスさん、もうちょっと落ち着けば疑いを晴らすことができたでしょうに。
服に指紋がついてないのもそうですが
「私にあんな大きな女性、襲えません!」って(笑)。

モールで追いかけっこする刑事って(笑)。
ベックはどんどん子ども化というか、
アレックス同様に犬化してきているのでしょうか。
今回のレックスの活躍は少し微妙でしたが
ボタンを押すことは大得意なのだなとわかりました。

2011/07/20 (Wed) 10:58 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

普通なら期待でわくわくさせられるシーズンプレミアなのに、頑張ってるのはフックス?みたいな不思議な展開でした。
犯罪捜査より犯罪そのものを楽しんでくださいってことだったのでしょうか。
しかしフックスがもう少し冷静に対応できれば、偽証を暴くことなんて簡単だったと思うんですけど。
ウィーンには優れた弁護士はいないのかな?
犬化するベックは困ったものです。
アレックスの犬化は今回の見事なジャンプでも発揮されてましたが、この際みんなで犬に変身!なんてファンタジーになりかねないように祈っています(苦笑)

2011/07/20 (Wed) 19:54 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ