FC2ブログ

Desperate Housewives S6-#16 「無い物ねだり」

今週はいろんな話が詰まっていました。
登場人物も多数。でもオーソンはいなかったね。
ほっこりする結末が多かったけど、心配事もちょっぴり。

セリアの水ぼうそう疑惑で
免疫のないガブリエルはボブとりーの家に避難。
ボブとリーはゲイカップルの幸せ生活を満喫していました。
しばし家事と育児の慌しいときから解放されたガブリエルは大満足。
ボブとりーはゲイ仲間を呼んでパーティーまで開いてくれます。
集まったゲイ仲間たちの人数画半端じゃなくてビックリ。
イケメン多数でなんと贅沢なんでしょう(笑)
セリアは水ぼうそうじゃなかったし
ホアニータはサッカーの試合でシュートを決めたことを報告したくて
ガブリエルの帰りを待っているんですが
ガブリエルはまだ替える気になれませんでした。
だけどボブとりーが子供部屋を用意していたことを知り
ショックを受けます。
二人は養子を迎える予定で候補の赤ちゃんもいたのに
土壇場で没になってしまいました。
二人が臨んでいたのは子供と一緒の家庭生活だったことに気づかされたガブリエルは
家に帰ることにします。

ブリーのところで働いているタッドが役立たずでブリーはうんざりしていますが
タッドと関係を持ってしまったアンドリューは解雇できずにいます。
そこへ突然サムという男性が自分を雇ってほしいと現れます。
(実はSharkのケイシーですが)
ブリーとアンドリューがぶつかり合っている間に
サムはさっさと仕事をこなしています。
なかなかの優れ者のようですが、この先ビジネスを乗っ取られてしまうのでは?

リネットはお腹の中の赤ちゃんの名前に気を取られ
ペニーの誕生日のことを忘れてしまいました。
慌てて頼んだケーキに書かれた名前も違っていたし。
ペニーは怒って家出してしまいます。
そしてリネットのカードを使ってホテルに隠れていました。
リネットが謝ると、ペニーはリネットでなく
産まれてくる妹に腹を立てていたことが判明。
末娘として大事にされていた立場が変わっちゃうからね。
でも兄たちが家を出ていき、女子の人数が増えて形勢逆転と聞かされ
ペニーは気をよくします。
やっとお姉ちゃんになる覚悟ができたかな。

スーザンはロイを焚きつけ
マクラスキーさんにプロポーズさせてしまいました。
マクラスキーさんは喜んだけれど
ロイに突如浮気心が芽生え
スーザンは唇を奪われてしまいます。
さすがロイ、
年取ってもローレンさんの精神は変わっていませんね(笑)
お節介スーザンは二人のことが気が気ではありません。
その後落ち込んでいるマクラスキーさんを発見。
二人の関係が危うくなったのかと思ったら
マクラスキーさんの肺に影が見つかったのでした。
あの元気なマクラスキーさんが病魔に侵される?
ロイは生涯マクラスキーさんのために尽くすことを誓います。
偉いっ!

ダニーがNYに行ってしまったことを知ったアンジーはイライラ。
ニックの方が落ち着いているけど
そろそろ秘密の全容が明らかになってくるのかな。

ロビンと同居し始めて
淫らな夢を見てしまうキャサリン。
自分はストレートだと信じているし
ドクターに相談したら
恋愛はまだ早いと言われてしまいます。
今の自分はロビンと一緒にいるべきではない。
夢が現実化しそうなシチュエーションで
キャサリンはロビンに出て行ってほしいと頼み
ロビンも受け入れます。
でもお互いの思いは高まっていたんだね。
そのまま二人はベッドへ…
ロビンが魔性の女なのか
傷ついたキャサリンに安らぎが必要だったのか
やっとキャサリンが落ち着けるなら
またドロドロな展開にはなってほしくないです。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ