FC2ブログ

Kommissar Rex S4-#12 「邪悪な動機」

実に邪悪な展開でした…

宝石店に覆面強盗が入り込み
店員の女性二人を銃で襲い、宝石を少しだけ頂いて逃走します。
一人は心臓を打ち抜かれて即死、もう一人はブローチが幸いして一命を取り留めました。
高価な宝石には目もくれなかったことから、強盗が目的ではなく
監視カメラの映像から店員は犯人を知っていたことがわかります。

ここからがいつも通りかなり意味不明な展開。
撃たれた店員の息子マクシミリアンは
お母さんのお迎えを待っていました。
事件を知って衝撃を受けます。
両親は離婚して母と暮らしていたマクシミリアンは
母は助かったのもののまだ面会もできない状態です。
アレックスらは別れた父に連絡を取り、迎えに来てもらいます。

レックスは山のようにおもちゃを持っていますが
(アレックスが甘やかし過ぎ?)
最近おもちゃを隠すことを覚えて楽しんでいます。
オーブンのふたを開けてアレックスの靴と一緒に隠し
呆れながらアレックスも楽しんでる感じ。

落ち込んでいるマクシミリアンを癒すのはレックスの役割。
アレックスはマクシミリアンを署に連れてきてお腹がすいてないか心配し
ピザかハンバーガーでもと声をかけると
マクシミリアンはソーセージパンを要求しました。
それだけソーセージパンは国民食なのか
それとも署ではソーセージパンしか頼めない空気が流れているのか詳細は謎ですが
とにかくマクシミリアンは喜んでソーセージパンを食べていました。
たまには署にピザの宅配とかあってもよかったのに。
そしてマクシミリアンは音の出るおもちゃの使い方をレックスに教えたので
レックスはベートーベン「運命」のイントロをマスター。
家でも真夜中に弾き始めてアレックスを起こしてしまいます。

rex4-12-1.jpg
いたずらレックス

rex4-12-2.jpg
眠たいアレックス

強盗があったとき宝石店の店主はカフェに行っており
その時間のアリバイがなかったのでアレックスとベックが追及すると
コカイン切れで売人のところに買いに行ってたことが判明。
取り調べ中も震えが止まらないし
こんなヤク中店主が宝石店を経営していていいのでしょうか。
怪しさたっぷりでしたが、とりあえず容疑は晴れました。
ところでこのヤク中のおっさん。
手錠をかけられたところで警官を振り切って
署からの脱走を企てました。
しかしここもまた歴史的建造物で
床の石がつるつるしていて走りにくそうです。
書類保管室みたいな所に逃げ込みましたが
細いロッカーがバラバラに立っていてとても不思議な光景。
オーストリアには地震がない!と確信したのですが
実はこのロッカーは罠でした。
おっさんを中に追いこむと、レックスがロッカーの端に体当たり
どんどんロッカーが将棋倒しになっておっさんが捕獲できるという仕掛けです。
仕掛けを見せられれば納得だけど
あの不安定な置き方はやっぱり不自然です。

マクシミリアンの父は元はピアノの演奏家だったのですが
指を怪我して弾けなくなり調律で生計を立てています。
父の夢はマクシミリアンを立派なピアニストに育てること
そのために父は息子に特訓しています。
でも母はそれほどの熱意はない感じ。
父の仕事場のコンサートホールがこれまた豪華絢爛で
どこを見ても世界遺産のようなウイーンの佇まいに恐れ入りましたが
マクシミリアンはレックスにピアノを教えたいからって
そんなご立派な建物のピアノをレックスに弾かせてよかったのでしょうか。
何気にレックスは弾いてたけど。

母を襲った知人が店主でなければ父親。
自分が指を怪我したのも
スキーをしていた時母がその上に乗っかったから。
それで恨みを晴らしたくなったとしても
何故大掛かりに強盗を企て、第三者まで巻き込むかな。
息子のいないときを狙ったのは父親なりの配慮なのかもしれないけど。
またしても病院の母親を襲いに行った父親の企みを
アレックスは見抜きます。
そしてピアノの前で逮捕となるのですが
一部始終を知ってしまったマクシミリアンが気の毒だ。
彼なりにピアニストの父を尊敬していたのに
ピアノなんて二度と見たくないと
ぐれてしまいそうで心配です。
どこまでレックスの癒しが通用することやら。
スポンサーサイト



コメント 4件

コメントはまだありません
カクテキ  

今回も愉快でした。
レックスが困らせるのがベックではなくアレックスというのも新鮮でよかったです。
コンサートホールの立派なピアノを犬が弾いても問題なし、
警察の書類ロッカーの不自然な並べ方、と
またまたウィーンの謎が深まりました。

ピアノのことはとても厳しいけれど
お父さんのことを尊敬し愛していたマクシミリアン君の今後が心配です、
なんて普通のことを思ってしまいました(笑)。

2011/07/27 (Wed) 15:33 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

ダンナが妻に恨みを持っていても、ここまで大袈裟な殺人事件を起こすかなと、まずそれが不思議でした。
内輪のことなら普通こっそり片付けるのに。
大事に巻き込まれてしまったマクシミリアン君がかわいそうです。
彼がこの先ピアノを弾き続けるかどうから、レックスのフォローにかかっているんですね。
レックスはすごい任務を抱えてしまいました(苦笑)

不思議な町ウィーン。
ロッカーの並べ方はありえないですよね。
そんなに将棋倒し作戦は有効なのかな。
また是非見せてもらいたいものです。

2011/07/27 (Wed) 18:56 | 編集 | 返信 |   
さとうさんた  
No Subject

こんにちは。
子供までソーセージパンが大好きなのですね。
本当に国民食なのですね。(笑)

ロッカー、ワンコがちょっと押しただけで将棋倒しとは危なすぎます。うっかり寄りかかったらあのようなコトが毎回起きてしまいますね。署内、他にも不思議な部屋がありそうです。

久しぶりREXを見ましたが、レックスのいたずらっこぶりが加速していたような気がしました。

2011/08/10 (Wed) 20:27 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
No Subject

みんなの大好きなソーセージパン。
きっとマクシミリアン君は他の物を頼んでも出てこないと思っていたのです(苦笑)
そして危険すぎるロッカー部屋、別名究極の拷問部屋ということで(爆)
署は無駄に広そうだし古い建物なので、他にも各種拷問部屋が用意されているのかもしれません。是非容疑者に紛れ込んでもらいたいものです。
レックスのいたずらはどんどん激しくなりますよ。アレックスが甘やかしすぎです。、

2011/08/11 (Thu) 09:14 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ