FC2ブログ

The Closer S6-#2 「不条理な排斥」

ブレンダとオヤジたち復活♪
やっぱり面白い!
前回の引っ越しのごたごたも笑えたし
今回も見応え十分。
ブレンダはもちろん、オヤジたちがいい味出してるんだよね。

新庁舎へ異動してきた重犯課。
ポープは密かに本部長の座を狙っているようですが
なぜかまだテイラーのデスクがありません。
お気の毒に。
そこへ内部調査のレイダーが現れ
ブレンダにまたもや根掘り葉掘り聞いてきます。
ポープが本部長に昇格に際しての調査らしいですが
ブレンダとポープの過去のプライベートについても詳しく聞かれ
なるほど、ブレンダがLAPDに落ち着くまでの経緯がよくわかりました。
元はCIAだったんだ。
こんな履歴もあるんですね。

ポープが持ってきた事件は、市長の友人の家で働いていた
ラテン系のベビーシッターの失踪事件。
まだ失踪したばかりだし、なにも重犯課が扱わなくてもとツッコミつつ
レイダーは捜査に同行します。
この夫婦がTitus WelliverとCatherine Dentで
どっちも元警官じゃないですか(笑)
ダンナはブルックリン74分署でフリッツと同僚でしたよ。
それはともかく
いなくなったシッターは自宅でレイプされ殺害されていました。
検視官モラレスはレイプ事件が苦手らしい。
SVUじゃ働けませんよ。

すると過去にも同じようなシッターのレイプ事件があり
一人の女性は国に強制送還されていました。
もう一人の女性は被害を認めたけど口を閉ざしたまま。
スペイン語圏の人達から事情聴取しなければならないので
サンチェスの役目となりますが
サンチェスの顔つきがどんどん険しくなってきます。
静かな怒り…だけどマジで怒ってる。
彼の正義感っていいなぁ。

強制送還された女性の件でブレンダは担当捜査官のメイヤーズに話を聞きに行きますが
実は犯人はメイヤーズでした。
シッターたちを手配していたのが彼の息子。
息子も利用されていたんだよね。かわいそうに。
まさか捜査官が犯人だなんて思っていないからブレンダは情報を全部明かしてしまい
マイヤーズはもう一人の被害者を人質にとって開き直ります。
銃を構えるマイヤーズの前でなんとか説得しようとするブレンダ。
でも危険な状態です。
ところが強制送還に関する情報を得るためにFBI=フリッツの協力を得たので
フリッツがスナイパーとして隠れ、ブレンダを救ってくれました。
めでたし。
しかも事件はFBIの手に渡ったのでレイダーの余計なお仕事も免れました。

マイヤーズから虐待されていた息子のことをサンチェスが気にしてイライラしていると
そこでプロベンザが声かけをしてくれます。
さすが渋オヤジ。
そしてライダーはブレンダに
実はブレンダが本部長候補だったことを明かします。
もう書類は出来上がっていて、後はサインするだけ。
ブレンダはライダーに見込まれていたんですね。
さて、この先どうするんでしょう。
ポープは相当落ち込みそうだけど。
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
ぽっこ  
No Subject

同じラテン系の女性たちが被害者で、サンチェスの無言の怒りがヒシヒシと伝わってきました。台詞はなかったけれど、バスでの被害者の行動を追うシーンもあって、今回はサンチェスの回でもあったかなぁと思います。

ポープの笑顔、次回は渋いものに変わりそうですね。

2011/08/22 (Mon) 12:22 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
No Subject

静かな怒りのサンチェス、かっこよかったです。
彼の正義感素敵だな。
ポープ本当に嬉しそうな顔をしてたから、いきなりがっくりくるのかな…気の毒に。
ついでに早くテイラーの席もつくってあげてほしいです。
TBありがとうございます。

2011/08/22 (Mon) 18:43 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ

トラックバック 1件

クリックしてトラックバック記事を書く(FC2ユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  ザ・クローザー7 第2話「不条理な排斥」Help Wanted
  • Closer: Complete Sixth Season [DVD] [Import](2011/06/21)Kyra Sedgwick、J.K. Simmons 他商品詳細を見る レイダー警部が内務調査をしにブレンダの元を訪れる。 レイダー警部は調査目的を明らかにしなか...
  • 2011.08.22 (Mon) 11:56 | ドラマでディナー