FC2ブログ

House M.D. S6-#6 「Brave Heart」

警官セダッチが走ってる!
非常に分かりやすい光景ですが
最近スーツ姿の刑事セダッチのイメージが強くなってしまったので
こんなに元気よく走るのは厳しそう。
しかも相手はとんでもなく身軽な奴だし。
やっぱり屋上での追いかけっこはキツかった。
セダッチ、負けずにジャンプしたけど届かず墜落。
それでハウスたちのお世話になることに。

どうやら今回はドニーという名前の警官セダッチは
親子三代心臓絡みの病で40歳で亡くなっているんだそうで
だからドニーも40歳を迎えて自分は死ぬと思っています。
そんなわけで家族も持たず孤独な身。
心臓を患ってるセダッチって、アナベス・チェイスがそのままじゃんと
またすんなり受け入れちゃいました。

ところが別れた彼女は妊娠していて
ドニーには息子がいたのでした。
彼女は息子の存在をドニーに教えていなかったけど
息子がドナーになるかもとドニーは息子とご対面。
この息子君がかわいいんだな♪
セダッチに息子か…これまたイメージわかないんですが
ドニーは自分は死ぬと思い込んでいるので息子を受け入れたくありません。

一通り調べただけではドニーは死ぬとは思えず
ハウスはミントを処方して、チェイスに適当なことを言わせて
ドニーを退院させてしまいました。
するとドニーは洗濯をしていて倒れ心停止してしまいます。
ドニーを殺してしまったとさすがのハウスも落ち込み
フォアマンと一緒に解剖を始めようとします。
死体のセダッチ。
そういえばOZの記念すべき第一話で黒焦げになって昇天したのがセダッチでしたね、
そんなことを思い出してしみじみしていたら
のこぎりが体に入ったとたん血が噴き出して
ドニーが目覚めてしまいました。
ビックリ!

ここからまたみんなの試行錯誤がスタート。
結局遺伝性動脈瘤みたいなものがあったのかな。
最後はドニーも息子も手術をして
ドニーは息子を受け入れることとなりました。
ほっとしたけど
病人セダッチってなんだか変な感じでした。

チェイスの問題は簡単に解決できなそう。
フォアマンやハウスには話せても
キャメロンに話せないから
キャメロンの不信感はどんどん募ってくるし。
夫婦なんだから自分で話せと
確かにフォアマンの言うとおりだよね、
懺悔に行けば警察に出頭しろと言われて
結局飲みまくって終わったようで
なんとか解決の糸口を見つけないと
キャメロンにも助けてもらえなくなるのでは。

ささやき声に悩まされるハウス。
アンバーを忘れられないウィルソン。
彼らもまた問題を抱えつつ
でも支え合ってるところがいいなぁ。
スポンサーサイト



コメント 4件

コメントはまだありません
ぽっこ  
No Subject

ハウスの心の問題に目がいってましたが、ウィルソンもまだまだアンバーの死から立ち直ってなかったんですね~。

セダッチ、アナベスでも心臓悪い刑事役だったので、転勤してきたのかと思いました(笑)
かっこよく走ってたのに、やっぱり無理で落下(汗)
そしてええっ~、あっけなく死んじゃうのね…と残念がっていたら衝撃の蘇生。
あの検死解剖の時に生き返るって、さすがに驚きますよねー。生き返っても切っちゃった後だし、痛そうでした。
息子さんの病気も見つかって、これからはいい父親セダッチなのかな♪

チェイスはかなりヤバイ状態ですね。
自分で自分を苦しめて、結婚生活も危なくなりそうです。

2011/08/22 (Mon) 12:33 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
No Subject

職業も病歴もアナベスのセダッチがそのまま来た感じで驚きました。
そしてとんでもないことに。
死の瀬戸際から甦りセダッチ、恐ろしかったです…
最後は無事に治ってよかったです。
でもいいパパセダッチってどうもイメージ違うんだよね。
まだまだ怪しげな役に期待しています。

チェイスとキャメロンの関係がとても心配。
早く正直に話せば傷つき方も少ないと思いますが
このままじゃマズイよね。

2011/08/22 (Mon) 18:50 | 編集 | 返信 |   
TaMa  
No Subject

8月はoz月間だったんでしょうか?
2週連続って。

次は変化球でナッパさん希望。
高齢だし、抗体なさそうだし、かなり難しくなりそうな。

2011/08/22 (Mon) 19:38 | 編集 | 返信 |   
Garoto  
No Subject

OZな人達は大活躍。
今週も誰か出てくれそうで期待しちゃいます。
ナッパさん、入院したらハウスを困らせそうでいいなぁ。

ついでにCrossing Jordanではシリルちゃんが予想通り殺人鬼でした。わかりやすすぎ!

2011/08/23 (Tue) 16:37 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ