FC2ブログ

Rookie Blue S2-#1 「発砲事件」

ルーキーたちはようやく一人前になってのスタートです。

アンディはルークと一緒に住むことになり
引っ越しの荷物を片付けています。
クリスをゲイルが看病するという名目で
クリスとダヴとゲイルも同居中?
ダヴは迷惑がっていますが。

フリーコンサートの会場整理を命じられたルーキーたち。
アンディは並ぶ場所を間違えたケイトという大学生に
ブレスレットをしているから入れてあげると言いながらおしゃべりしていました。
すると銃弾がケイトとアンディを直撃。二人は撃たれます。
アンディは防弾チョッキを着ていたから助かったけど
撃たれたショックは相当のもので、息ができず倒れたままでした。
ケイトはすぐに病院に運ばれますが、脳死状態になってしまいます。
後から来たケイトの友達のミランダは
私の代わりに並んでくれていたケイトが撃たれたとショック状態です。

警察は会場にいた若者たちの調査を始めますが
ほどなくして会場近くをうろついている怪しい男を見つけます。
彼は二人を撃った銃を持っていましたが
銃は拾ったと証言。
事件があった時間は電話中で、発射残渣も見られず、犯人は別人でした。

病院に詰めていたダヴは
ケイトが臓器提供を申し出ていたことを知り
彼女の遺志を尊重するためにも、臓器提供をさせてほしいと言い出します。
だけど犯人が特定できなければ、遺体は検死解剖をしなければなりません。
タイムリミットのの前に犯人を見つけ出すと
ルーキーたちは協力し合い、全力で捜査にあたります。

ダヴは会場にいた若者たちに
携帯などで撮った写真を提供してもらいます。
どこかに犯人が写っているかもしれません。
アンディも捜査に加わってミランダを自宅に送りますが
そこでケイトが来ていたコートはミランダのものだと知ります。
優等生で敵もいなかったケイトは
ミランダと間違えられて撃たれてしまったようです。
一方ミランダは別れた恋人にストーキングされ
自宅のカギを変えるなど自衛策に出ていました。

ケイト達を撃ったのは、やはりミランダの元恋人でした。
彼はミランダを撃ち、自分も死ぬつもりだったようですが
アンディに追い詰められ逮捕されます。
最後はお手柄のアンディでした。

15分署(ここも15分署でしたか…)に女性刑事ジョーが戻ってきます。
今回初登場のはずなのに「戻ってきたんだ!」って勘違いしかけたのは
彼女は「Shattered」のリンチだったから。
お留守の間CKRに振り回されていたってことです(笑)
こちらではルークの元パートナー兼恋人。
ルークとジョーが楽しそうに話しているのを
アンディは気になって仕方ありません。
相変わらず署内恋愛まっさかりの15分署。
NYの15分署も似たようだけど、もう少し奥ゆかしい気がするな。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ