FC2ブログ

Desperate Housewives S6-#20 「虐げられた魂」

突然とってつけたようなエディの物語。
ここでジュリーの首を絞め、女性たちを死に至らしめたシリアルキラーの存在を明らかにするため
突如エディがクローズアップされます。
確かに今シーズンそれとなくエディは出てきたけど
その前に、メアリーアリス存命の頃から
エディはウィステリア通りに住んでいたって言うのは虫がよすぎる気がする。
ついでにアル中母のバーバラも。
そしてバーバラを演じているのがDiane Ferr。
Numb3rsのメーガンの頃はかっこよかったけど
Californicationでは皆と一緒にぶっ飛んでたからね。
そして今度はアル中ですか。
彼女のイメージがどんどん壊れていっていいのでしょうか。

メアリーアリスはエディの父親が家を出ていく場面に遭遇。
ほったらかされエディを心配します。
ガブリエルがウィステリア通りに越してきたとき
新居に勝手に居座っていたエディに驚きます。
家庭環境は最悪でも、エディは成長していきました。
素直な子に見えたんだけどね。

エディはダニエルに片思い。
ブリーの家のペンキ塗りのアルバイトをしながら
エディは恋を成就させる方法をブリーに聞くと
ブリーは得意満面に彼女流の大袈裟なアピールをレクチャーします。
ところがそれを実際エディがやってみると
ブリーはあっさりお断り。
エディは笑い物になってしまいました。
当然エディは傷つきます。
こうして歪み始めたエディは娼婦に馬鹿にされてブチ切れます。

エディは絵を描くのが好きでした。
バーバラは相手にしてくれませんでしたが
カフェでバイト中のエディが描いた絵をたまたまスーザンが見て
彼の才能を見出します。
そしてエディに絵を教えてあげることにしました。
エディはどんどん上達。
スーザンはエディをセミナーに通わせてあげます。
エディはすっかり楽しみながらさらに自信をつけ
スーザンに報告に来ますが
スーザンはマイクとの結婚が決まって気もそぞろ。
エディを相手にしてくれませんでした。
思いこんだら周りが見えないのはいつものスーザンのことだけど
自分を大切にしてくれたスーザンに思いをよせていたのに
あっさり裏切られて怒りが爆発します。
そしてメイヤー家から深夜ゴミ捨てに出てきた女性に近づき
後ろから首を締めたら、それはジュリーでした。

ほらね。やっぱり悪いのはスーザンじゃん。
ジュリーは間違えて犠牲にされちゃったんだ。
それを隠したままエディはスカーボ家の息子たちと親しく過ごし
スカーボ家で食事させてもらったりゲームをしたり。
その様子がバーバラは気に食わず、エディを連れ戻し食ってかかります。
怒ったエディはバーバラを叩きのめします。
そしてバーバラはすっかり酔っぱらってしまったということにして
リネットの言葉に甘えて、スカーボ家にお世話になることにしました。

いよいよエディの化けの皮がはがされるのか。
それとも新たな事件が起こるのか…
エディは罰せられて当然だけど
彼の育ってきた環境を考え、どこかで救いの手を差し伸べてあげてほしいな。
どんな流れで事件解決に向かうのかが気がかりです。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ