FC2ブログ

The Closer S6-#6 「責任の所在」

ガブリエルの受けた電話は女性の声で
「エリコ刑事を呼んで。」と訴えています。
その女性の家に何者かが侵入。
女性は銃を出して応戦しようとしたら、銃は盗まれていました。
女性は必死で助けを呼びますが、電話が途切れてしまいます。

911通報ではなく、エリコ刑事名指しで来てもらいたかったようですが
そんな刑事はいないし。
もしかしたらヴェリコ刑事じゃないですかと
脅威犯罪対策班(ストーカーなどの被害を扱ってるらしい)の
ヴェリコ刑事に聴いてみることにしました。
エリコに間違えられたヴェリコ=セダッチ登場。
また刑事ですか。
最近どこへ行っても刑事ばかりで
ちっとも囚人服を着てくれなくて寂しいな。
今回の刑事セダッチはやや控えめ。
それでも彼が担当していた女性の家をしらみつぶしに探したら
更生保護委員会(囚人の仮釈放にかかわってるらしい)の委員長のロスが
殺されていました。

LAPDが委員長を見殺しにした?
ポープはかなり焦っています。
そしてヴェリコを呼びつけてお説教。
ヴェリコは自分は間違ってないと思いつつも
なんだか小さくなっていました。
イライラするポープは署内から人集めをして
迅速に解決せよと大騒ぎを始めます。
ブレンダにはうっとうしくてたまらない。

ロスが殺されていた家は全て鍵がかかっていて
いかにも密室殺人状態でした。
犯人はどうやって外へ出たのでしょう。
そして部屋に漂っていたのはクチナシの香り。
これがキーポイントになりました。

最初に挙げられた容疑者はシロで
ブレンダも相当腹を立てながら尋問していました。
ポープはあっちへ置いといて
ブレンダと仲間たちは仮釈放中の囚人をチェック。
やがて今回のロスと同じ用に殺された男性の写真を発見します。
殺した男はヤク中で歯止めが効かなくなってました。
でもロスは仮釈放してくれたんだ。

犯人に気づいたブレンダは芝居をうちます。
殺された男性の妻を呼び出し事件のことを持ち出すと
彼女を家に送ると言いながらロスの家に連れて行ってしまいます。
ロスを撃ったのは夫を犯罪者に殺された妻だったのでした。
ロスの家のガレージのリモコンを盗んでいたから
リモコンでガレージを開閉できて
あたかも密室殺人に見せることができました。
そしてさんざん悪態をついていたポープも
ブレンダに頭を下げるしかありませんでした。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ