FC2ブログ

Law&Order SVU S9-#8 「Fight」

17歳のジュリー・ドノバンの遺体が体中に傷を負い、頭部を鈍器のようなもので殴られて山の中に捨てられていた。そばには「C」のマークのついた野球帽が落ちていた。ジュリーの遺体からは唇が切り取られ、ジュリーのものと思われる壊れた携帯も発見された。
ジュリーの父テリーは、娘はヒップホップに興味を持ち黒人と親密になっていたと話す。だがジュリーの体内からは総合格闘技(MMA)の世界チャンピオン、マイク・コナのDNAが検出される。コナはレイプ容疑で逮捕されたが不起訴になっていた。フィンとレイクはMMAの試合に行き、コナの婚約者のトレイシーに会って事情聴取すると、トレイシーはコナの浮気を許していたが、寝室に監視カメラをつけていたことを教える。カメラの映像にはジュリーと寝た後ジュリーを殴るコナの姿が映っていた。レイクらはコナを逮捕するが、コナの所属団体の代表がアリバイを証明し、コナは釈放される。だが取調室から出てきたコナをテリーが待ち構えていて、コナはテリーに撃たれ死亡する。
野球帽のDNAはジェイドン・オダミのものとわかる。ジェシーの携帯からジェイドンと弟のエズラが、パーティーでジュリーを真ん中に挟んで踊っている映像が見つかった。ジュリーはコナと寝た後、ハドソン大のカパ・デルタ・アルファ寮のパーティーに出ていたことがわかった。黒人の学生が友愛会に所属していたのは公民権運動家の圧力によるもので、ジェイドンとエズラは人種受け入れ入学の一環として、ライカーズ刑務所内の学校から入学してきた。二人の母親のジャネルはドラッグ中毒で、二人は里親をたらい回しにされてきていた。ジャネルは息子たちと疎遠状態だった。逮捕さえたジェイドンは、自分がジャッキーを殺した。弟は関係ないと自白を始める。
売春をしていたジャネルも逮捕されるが、ジェイドンが証言すればジャネルを釈放するという条件をレイクは持ち出す。ジェイドンは罪状認否で僕が殺したと言って弁護士を追い払い、判事の前で「弟とパーティーに行ってジュリーと一晩中踊った。セックスして金を奪おうとしたら抵抗されたので殴った。顔をつかむと唇が裂け血だらけになった。」と自白する。ジェイドンは単独犯行だとして話したが、彼の逮捕の際にはいつも共犯者がいた。ジェイドンはエズラの身代わりをしているのではと思われた。
帽子のCのロゴは、ギャング団コーナーハスラーズ(CH)のマークだった。CHはラテンキングス(LK)と抗争を繰り返しtでいた。フィンとレイクはLKのメンバーからCHのリーダーのジミー・マックによるジェイドンとエズラの入団に絡んでの殺人事件なのではという情報を得る。ジミーは無賃乗車をして拘留中で、釈放されることになっていた。
刑務所のバスが到着し、ジミーが下りてくると近寄るCHのメンバーにLKが発砲、銃撃戦になる。レイクは逃げるエズラを逮捕、フィンとクレイゲンはジミーを追うが、ジミーは飛び降りた先がゴミ収集車の中で運転手が気付く前につぶされてしまう。
警官への発砲を問われたエズラは、銃はジミーを撃つために持っていた。刑務所内で身を守るためにCHに入団したが、大学に入学するとジミーは構内でドラッグを売るように命令してきたので、エズラは脱退のためにジミーを狙ったと話す。
レイクは兄弟の無実を信じ、ジュリーのビデオに映っていた女性が写真を撮っているのを見つける。レイクはジャネルに会いに行き、子供たちに残りの人生を返すために、女性が誰か教えて欲しいと頼む。ジャネルはその女性ラトリスの家を教える。
ラトリスはジミーの下で売春しており、MMAの試合でジュリーと知り合った。売春に興味を持っていたジュリーをジミーはジェイドンとエズラに味見させることにする。ところがジュリーはエズラが近づいてきたとき段取り通り「レイプだ!」と叫ばなかったために、ジミーの怒りを買って殴り殺されてしまった。ラトリスはその一部始終を写真に収めており、兄弟の無実が判明する。二人は釈放されるが悲しいサプライズが待っていた。

レイクの過去が明らかになるエピソード。レイクが何故兄弟の無実を信じ、二人を助けようとするのか、レイクの思いが伝わってきます。
殺人事件にマイク・コナの名前が挙がったとき、レイクは自身がMMAの選手だったことを明かします。レイクのりング名は「ナップタイム」ファイトシーンの映像も残っていました。相手を殴って眠らせてしまうから「昼寝の時間」と呼ばれていたそうですが、じん帯を切って選手生活を断念し団体を辞めました。だが今でもジムでトレーニングを続け、コナを見かけていたようです。コナが釈放される時レイクを脅すと、レイクも負けずに応戦していました。ところがコナはあっけなく殺されてしまいます。
続けて野球帽の持ち主として名前の挙がったジェイドン・オダミは、黒人でありながらハドソン大の南部系友愛会に属していました。ジェイドンと弟エズラの成績はオールA,.二人はライカーズ内の学校から奨学制度を用いてハドソン大に入学しました。ジェイドンは強盗で3回逮捕されていますが、ライカーズの教師は二人は人を傷つけないと断言します。二人の家庭環境が複雑で、依存症の母と刑務所にいる父に見捨てられた兄弟は、里親と母親の間を19回も行来きしていました。レイクは兄弟の身の上に同情、二人を救ってやりたいと思いますが、ティーンエイジャーの娘を殺されたらどんな思いをするかとステーブラーに非難されます。
ジェイドンは自分がジュリーを殺したと口火を切りますが、詳細を話そうとしません。売春の最中だったジャネルを逮捕すると、ジャネルはヘロイン浸りで、こんな生活から抜け出したい。ジェイドンが助けてくれると話します。ジェイドンは母を釈放するために判事の前で自白を始めますが、話に信ぴょう性がありませんでした。
ジェイドンがブルックリン出身なのに帽子の「C」のロゴは何故なのか考えていたフィンとレイクは、Cがギャングのロゴであることに気付きます。早速フィンとレイクはCHの帽子をかぶって敵対するLKのメンバーに近づき、CHのボスのジミーの情報を聞き出します。そしてジミー釈放の場に出向きますが、CHとLKの銃撃戦が始まり、銃を発砲して逃げるエズラを逮捕、だがジミーは悲惨な最期を遂げることになります。
エズラの話から二人の無実を信じたレイクは、ジェイドンに自分の過去を語り始めます。レイクも里親に育てられ、アカデミーに入学しました。アカデミー時代従兄弟と酒を飲みに出かけたレイクは、喧嘩をして一人に重傷を負わせてしまいます。すると従兄弟はレイクが警官になれないことを心配して逃がそうとしました。結局従兄弟が逮捕され、レイクは警官になります。レイクはジェイドンが弟をかばっているとしても、殺害したのはジミーで、二人ははめられたと確信しました。一方ジェイドンは自分の帽子からDNAが出たときに、都合がいいと思って自白した。大学の寮で白人の自慢話を聞かされ殴りたくなったから、実行する前に刑務所へ行こうと思ったと言い始めます。レイクはジェイドンを刑務所に行かせないため、パーティーで二人の写真を撮っていた女性を探し出し、二人の無実を明らかにします。
レイクがカメラの女性の情報を得るためジャネルを訪ねたとき、ジャネルは断酒会に通いクリーンになるために頑張っていると話していました。二人の無実が確定したので、レイクはジャネルの喜びの声を二人に聞かせようとします。ところがフィンがジャネルの家のドアを開けると、ヘロインを打ったジャネルは動かなくなっていました。連絡を受けたレイクは二人をレッドロブスターに誘います。レイクはジャネルの願いを叶えようとしたのでした。

レイクとフィンのコンビがメインのエピ。
レイクのキャラクターが少しずつ明らかになってきました。
里親に育てられ苦労しながら警官になり
しかもMMAの選手だったとは。
ジェイドンとエズラの兄弟が無実だと信じ
彼らの容疑を晴らそうと尽くす姿に
ふとTWのカルロスを思い出してしまいました。
カルロスも里親をたらいまわしされてたっけ。
そして突然ハワイから現れた兄が
実はレイクなんだよね(笑)
そういう境遇ってことなんだ!
カルロスファンとしては
やっぱりレイクのことも気になってしまう。
これからも大いに活躍してもらいましょう。

今回もフィンの本当の奥さまCocoが出演。
コナのフィアンセ役でまたもやセクシーさをアピールしてました。
そして兄弟のお母さんは、True Bloodのタラのお母さんでした。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ