FC2ブログ

The Closer S6-#7 「先走った思い」

冒頭銀行強盗がものすごい緊迫感で
一体何が起きたのか?って驚きましたが
レストランに立てこもった二人組の犯人は投降を決定。
人質を解放した後射殺されてしまいますが
無事に解決したかと思いきや、警備員が撃たれて死亡したことが分かり
ブレンダは殺人事件として捜査を始めます。

なぜか情報を持ってきたのがフリッツ。
今回はブレンダに頼まれてじゃなくて必然的で
この強盗は5人組のディア・ジェーンという頭脳派強盗の手口によるものだと
フリッツは伝えてきますが
今回見る限りはあまり頭脳派じゃなさそう。
そしてフリッツは本日突然
FBIとLAPDの間の連絡係に任命されたのでした。
これで職場でもブレンダとフリッツの関係は密接に。
今回のフリッツの異動がブレンダが本部長になるための足固めのように思えたポープは
全然面白くありません。
思わずフリッツに食ってかかります。
フリッツがポープとも親しくしてるじゃないかと言うと
突然自分の学歴とかあれこれ尋ねて答えさせようとして
ムキになってる姿がおかしかった。

おかしいと言えば強盗宅から回収した金庫の数々が
置き場がないからテイラーの部屋に。
やっと手に入れたテイラーのスペースは
またふさがってしまいました。

FBIと重大犯罪課の見解が違うと
それがブレンダとフリッツの考えの違いにもなり
争いは家庭内に持ち込まれます。
せっかく一緒に仕事できるのに怒鳴り合いに。
やっぱりもう少し距離を置いていた方がよかったのでは?

頭脳派集団も少しずつ尻尾を出し始め
事件の全容が見えてきました。
そしてポープに電話が。
ブレンダが本部長候補に決定し
ポープは落選してしまいます。
ポープは悔しそうでしたが、負けを認めました。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ