FC2ブログ
Top Page › Law&Order SVU › Law&Order SVU S9-#10 「Snitch」

2011 · 10 · 01 (Sat) 20:51

Law&Order SVU S9-#10 「Snitch」

イーストリバーでゴミ拾いをしていたボランティアが、川にビニール袋に入った遺体が投棄されているのを見つける。アフリカン・アメリカンのティーンエイジャーで頭部を殴られ、足をケーブルで縛られおもりをつけて捨てられていた。遺体には虐待されレイプされた痕跡があった。
近くにIDも免許証も持たない男が倒れており、ステーブラーが近づくと男はステーブラーを殴って逃走する。だがフェンスから落ちて意識を失った。男はジェシーと名乗り、売春で逮捕歴があったがてんかん患者で、ステーブラーを殴ったのも発作が起きたからだった。遺体を縛るのに使われたケーブルは169丁目で切断されたことがわかり、ジェシーは少女が殺害されたときに別の場所にいた。
検視の結果少女は虐待されたのではなく、女性器が切除されていた。アフリカ大陸などで慣習となっている割礼の一種と考えられた。移民局で調べてもらうと、ナイジェリア人のニキエル・クワンベと確認できた。ニキエルは15歳のとき90日の家族ビザで入国したが、ビザは半年前に失効していた。ニキエルはおばのミラを頼って入国していたので、ステーブラーとベンソンがミラが働くナイジェリア工芸に行くと、ミラは少女の割礼の最中だった。ミラはニキエルに何カ月も会っていない。ミキエルは割礼を望んだと説明しニキエルの自宅を教える。ベンソンとステーブラーが自宅に行くと左手をポケットに入れたまま男が逃げ出す。ステーブラーらが追い詰めると男は、チュクウェイ・ボタミでニキエルの妻だと名乗った。
チュクウェイがニキエルを殺害した証拠はなく、チュクウェイは釈放される。ニキエルの家にはチュクエイのいとこのアルマニが託児所を開いていた。オビという男の子が「嘘か死か」と書かれたTシャツを着て帰ってくる。オビは大きな男の人にもらったと話す。
そのTシャツを路上で売っていた男は、スパイを密告するサイトで稼いでいた。チャクウェイはハーレムのドラッグの売人Dキングが16歳のデーモンを暴行、殺害した事件の目撃者として証言していた。それが密告サイトにアップされたのが2日前だった。チュクウェイは口封じのために妻を殺されたとも考えられた。
チュクウェイの弁護士サラ・フリントは、チュクウェイがナイジェリアで政治犯扱いされていたと話す。ニキエルは熱心なキリスト教徒で迫害され、姉二人を殺害されていた。ニキエルは生きていくためにチュクウェイと結婚しアメリカに渡った。
ニキエルの葬儀中、Dキングが隣で墓参りを始める。ステーブラーらはDキングを逮捕するが、彼が殺害に関わった証拠はなかった。Dキングの殺人事件を担当したダニエルソン検事補はDキングにチュクウェイへの接近禁止命令が出ていたことを示し、チュクウェイは保護を求めるが、その際アルマニとサラも保護して欲しいと申し出る。二人ともチュクウェイの妻だった。
SVUはチュクウェイと二人の妻、子供たちをモーテルに避難させる。するとチュクウェイのに「明日、オビ・ボタミは母親や兄弟の前で殴り殺される。」という脅迫状が届く。チュクウェイは恐れ警察への協力を拒むが、ステーブラーは君を守るから協力して欲しいと頼む。
だがDキングの裁判で法廷に立ったチュクウェイは「英雄になりたかったけれど無理だった。何も見ていない。」と突如証言を覆す。その結果Dキングは不起訴となる。
Dキングを無罪放免させないために、チュクウェイが脅迫された経緯を明らかにする必要がある。脅迫状を調べると、チュクウェイの自宅のプリンターで印刷されていた。SVUがアルマニに渡していた警報機が作動する。アルマニは倒れて意識不明だった。
病院に運ばれ意識を取り戻したアルマニは、サラに襲われたと話す。ニキエルを殺害したのもサラだっだ。サラは逮捕され再び証言台に立ったチュクウェイは、今度は堂々と目撃した事実を述べた。

イーストリバーで発見された少女の遺体は、ナイジェリア移民のニキエルでした。レイプされて傷つけられたのではなく、割礼によるものだったことにステーブラーとベンソンはショックを受けます。21世紀では女性器の切除は重罪ですが、ニキエルのおばのミラは割礼は祝いの儀で成人になったことの印、結婚するために必要だと説明します。だがアメリカでは割礼を施したことで一人につき4年の刑だと脅しをかけたので、ミラはニキエルの家をようやく教えます。
ニキエルの家に行くと女性と子供たちがいて、男が慌てて逃走します。男が左手をポケットから出さないためにステーブラーとベンソンは銃を構えて応戦体制を取りますが、チュクウェイと名乗る男は左腕が不自由なだけでした。そしてニキエルは妻だと言い始めます。15歳のニキエルと結婚したチュクウェイは35歳、ナイジェリアでは罪に問えません。やがてチュクウェイがドラッグの売人で殺人事件の容疑者のDキングの重要な証人であることが明らかになります。チュクウェイが法廷で目撃証言することを恐れたDキングが、チュクウェイの妻を殺害したとも十分考えられますが、証拠はありませんでした。
チュクウェイの弁護士サラは、チュクウェイが警察を恐れている。ナイジェリアで独裁政府に抗議したため農場を奪われ、警察の暴行で左腕が使えなくなったと説明します。
ニキエルの葬儀にDキングが現れ、チュクウェイの恐怖が増してきます。SVUはDキングを逮捕、担当の検事補ダニエルソンはチュクウェイへの接近禁止令を破ったとして有罪に持ち込もうとしますが、ブレイデンを弁護士に雇ったDキングは拘留を逃れます。
身の危険を感じたチュクウェイはSVUに保護を求めますが、そのときチュクウェイのいとこだと言っていたアルマニと弁護士のサラは、二人ともチュクウェイの妻であることが明らかになります。ナイジェリアは一夫多妻制なので、複数の妻がいるのも自然なことでした。ステーブラーは家族を守ろうとするチュクウェイに同情しますが、ベンソンは重婚は罪だと否定的でした。
チュクウェイと家族たちを守り、チュクウェイに法廷で真実を述べてもらいたい、そのためにステーブラーはチュクウェイを守ることを約束しますが、脅迫状が届きチュクウェイは態度を一変してしまいます。法廷で何も見ていないと証言したチュクウェイに対し、ステーブラーは重婚剤と偽証で逮捕したいと怒りますが、今度はベンソンが家族を守るための偽証だったと冷静に受け止めます。
アルマニがサラに襲われ、ニキエル殺害の真相が明らかになります。ニキエルとサラが言い争い、ニキエルの悲鳴が聞こえた後、彼女は階段の下に倒れていました。サラはニキエルを始末し、ばらすと強制送還するとアルマニを脅します。サラはビサの保証人だので、アルマニは従うしかありませんでした。だがアルマニはサラを責め、サラに仕返しされます。チュクウェイに脅迫状を突き付けたのも、ニキエルの捜査を妨害するため、彼に証言をやめさせたかったからでした。サラにチュクウェイが「家族に何をした。」と問い詰めると、「アルマニは私より前に結婚したから受け入れた。だがニキエルは私より後、助けるための結婚といってもチュクウェイはニキエルに恋をした。あれは事故だった。」と弁解しますが、チュクウェイはサラを見捨てます。そして法廷で証言し、Dキングに脅されても「私はもう恐れない。」と立ち向かうことができました。
デニルソン役でERのGloria Reubenが登場。ヒップ・ホップ・アーティストのMethod ManがDキングをふてぶてしく演じています。

今週はCIのローガンとウーピーさんの対決が面白かったので
SVUの方が印象が地味かな。
しかしステーブラー、どうしてすぐに殴られちゃうんでしょう。
確かに彼の額は殴りがいがありそうだけど(爆!)
今回は脳しんとうを起こすこともなく、すぐに復活してくれてほっとしました。

そして移民局の女性は何者?
あの人がキャシーと別居中に付き合ってた彼女ってことですか。
ベックとのプラトニックな関係はこの際どうでもいいのでしょうか。
キャシーと寄りが戻った今、彼女はきっと「いい友達」レベルだと思うけど
やっぱり気になります。

一夫多妻制。
皆家族だという発想はネイティブな人でないと受け入れられないんだろうな。
しみじみ。
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント