FC2ブログ

La Femme Nikita S1-#18 「ミッシング」

長官のわがままにニキータが従う話。
一言でいえばこんな感じでしょうか。

ミサイル誘導システムの転売に関わっている3人組の一人スティーブンが
実は長官の息子でした。
子供のころ父親と別れた息子は当然長官のことを知らず
長官も息子がどのように成長したか知りません。
そういう運命になってしまったのは仕方ないとして
息子が犯罪にかかわっているとわかったとき
悪は容赦なく成敗するセクションの長官が
自分の息子だけは生かしておいてくれと
内緒でニキータに頼むのは
やっぱり公私混同甚だしいと思うんですけど。

ニキータはとりあえず命令に従い
そのシステム転売に必要なコードだかソフトだか
とにかく10年以上前の話は情報端末がでかすぎて
呆気に取られてしまうんですけど
それは本物でないと騙せないってことで
3人組に近づいたマイケルは
端末を盗み出しに行きます。
その間ニキータは人質に。
前回マイケルの態度に相当腹を立てていたニキータでしたが
平然とキスして恋人役をやってのけていました。

オフィスの金庫に忍び込むために下水道をたどったマイケルは
相当臭かったに違いない。
余計な心配をしてしまいました。
やっと金庫を破ったら端末は移動中。
ちょうど車に乗せられることがわかります。
マイケルは応援を呼ぶけど長官は無視。
どこまでドSな長官だ!
仕方なくマイケルは単独で動き出す車の上に乗っかり
意地でも端末を奪ったのでした。
スーパーマンマイケルご苦労様。
信じられない活躍ぶりでしたよ。

その間にニキータはスティーブンから
ベトナムで捕虜となり姿を消した父の話を聴き出します。
スティーブンにとっては父親はヒーローだったんだ。
長官の秘密もわかってきました。
マイケルが約束の時間に戻り、二人は解放されます。

そしていよいよシステムを奪うために
セクションは3人を狙います。
長官はマイケルにニキータを見張れと命令。
ニキータはこの任務をやり遂げたら自由にしてくれと
長官に頼みに行きます。
長官は「セクションから抜けることは不可能。」と言いつつも
善処を約束してくれます。

案の定銃撃戦に。
マイケルは容赦なく撃つ宣言をしていました。
ニキータもスティーブンを射殺。
任務は終了しセクションは引き揚げていきましたが
ニキータはその場に残っています。
実はニキータがスティーブンに撃ち込んだのは麻酔銃で
目を覚ましたスティーブンをニキータは逃がしてやります。

これで任務を果たした二キータは自由を要求。
長官との約束をビデオテープに録画しており
(まだテープの時代なんだよね…しみじみ)
約束を破ったらテープで暴露する準備も整えていました。
ところがなぜかテープは長官のもとに。
結局ニキータはセクションから離れられません。
やれやれ。
がっかり?諦め?ニキータを
マイケルが不審そうに見ていました。

nikita1-18-1.jpg
インテリマイケル眼鏡モード
nikita1-18-2.jpg
まるで看板みたいなマイケルとニキータの2ショット。
nikita1-18-3.jpg
ぼんやりマイケル
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ