FC2ブログ

Law&Order SVU S9-#12 「Signature」

公園で親子が男女の死体を発見。女性は縛られた跡や痣が多数つけられ、感電させられた後水攻めに遭っていた。男性は45口径の銃で撃たれていた。ベンソンとレイクが現場に向かうが、公園に犬の死骸があると知らせるメールが届いていた。
検視をしたワーナーは、女性の殺人の手口が連続殺人犯ウッズマンの手口に似ているとして、FBIのBAU捜査官クーパーを呼ぶ。クーパーは彼女を育ててくれた ティルマン博士とともにウッズマンを追い続けてきた。クーパーはウッズマンについて、性的サディストで、殺してから現場に戻ってきて遺体に細工をする。被害者に拷問の様子を聞かせるのも好きだと分析する。ウッズマンは今までに24人殺してきた。
被害者の女性は、失踪していたウェイトレスのケイトだった。Drファンはクーパーの情報などから独自のプロファイリングを行い、死体を遺棄した場所の地理に詳しく、複数のメールを送っていることからPCの知識のある人間と断定する。ケイト を検視したところ死後10日立っており、拷問の状況が鮮明になった。また男性はDNA鑑定の結果パークレンジャーのラリー・ムーアだとわかるが、ムーアがウッズマン当人だった。ムーアは3か月前の殺人事件のときは、警察に協力していた。
ムーアの持っていた鍵が彼の隠れ家のものと推測され、ムーアがリバーランズクルーズの領収書を持っていたことから、この会社の倉庫を捜査対象とする。倉庫を調べると、中に拷問用の台が置かれ、ビデオから拷問を受け悲鳴を上げる女性の映像が流され 続けていた。台の下から声が聞こえることに気付いたベンソンが下をこじ開けると、口をふさがれ傷だらけの女性が横たわっていた。女性は病院に運ばれたが、敗血症や紫斑病にかかり、指先も壊死状態で、エイミーと名乗った後危篤となりそのまま息を引き取る。
レイクはメールが配信されたネットカフェの映像をチェックしていて、メールが送られた直後カフェから出てきたクーパーの姿を確認する。クーパーにムーア殺害の疑いが出てきた。
ベンソンはクーパーを助けようとするが、レイクはクーパーの自宅から、ムーアを撃ったものと思われる薬きょうを見つける。クーパーは自殺した博士を苦しめたムーアへの復讐として 、ムーアを処刑したのだった。ベンソンはクーパーを逮捕する。
クーパーは第二級殺人で起訴されるが、ムーアを殺害したことはシリアルキラーの被害を食い止めたことにつながり陪審員の共感を得られるだろうと、あえて検察側は告訴を取り下げる。そしてクーパーがムーアを撃った銃を発見し、自白を導こうと作戦を変更する。
クーパーがムーアを撃った銃はティルマン博士が所有していたが、博士が自殺した後妻がクーパーに形見として渡していた。妻はクーパーに不利な発言を拒んだ。
ベンソンとレイクがクーパーの自宅へ行くと、クーパーはバッジと銃をテーブルの上に置いて座っていた。博士の銃は分解して捨てたとクーパーは答える。レイプの被害者たちを何とかして救いたいと思ったクーパーだが、獣たちと戦うものが守るべき掟を犯したと言った後隠していた銃をこめかみに当て自殺する。

公園で死んでいた男女の遺体を検視し、女性の遺体の傷の特徴がシリアルキラーの通称ウッズマンの犯行と類似するために、ウッズマンを追い続けるBAUのクーパーがワーナーに呼ばれてSVUにやってきます。ベンソンはBAUの手助けなど必要ないと思っていましたが、ステーブラーは別件を抱え関われないために、ベンソンはクーパーと組み、レイクがサポートする形でウッズマンを追うことになります。
クーパーはグループホームで育ち、大学生の時にティルマン博士に拾ってもらい、博士を父親的存在として慕ってきました。そして博士とともにウッズマンを追い続けてきましたが、博士はウッズマンに取りつかれ、心をむしばみ自殺してしまいます。クーパーは博士の遺志を継いでウッズマンを追い、ついに本人を見つけたとき法を無視して彼を射殺し、復讐を遂げると第三者に発見させようとメールを送信していたのでした。
クーパーのプロファイリングや、被害者ケイトの検死報告を聞いて、Drファンも独自にウッズマンのプロファイリングを行います。「ウッズマンは白人男性で35歳~55歳。標準的知性を持ち用意周到。無差別に標的を選んで人格を破壊。被害者を監禁し、拷問の末殺害。その後死体に細工を施す。」と細かくプロファイリングしていました。
ケイトと一緒に遺棄されていた男性の遺体がウッズマン本人であったことが判明し、Drファンのプロファイリングからウッズマン=ムーアの隠れ家が見つかります。隠れ家は使用されなくなった倉庫で、中には拷問道具一式が吊る下がった台があり、TV画面からは女性が拷問されている様子が映し出されていました。そしてベンソンは台の下から女性のうめき声が聞こえてくるのを見つけます。発見されたエイミーは衰弱しきっており、クーパーがエイミーを動かそうとしますが、脊髄を痛めているかもしれないので動かせないし、口に貼られた粘着テープも皮膚を破ってしまう恐れがあるのではがせません。エイミーのあまりにも痛々しい姿にクーパーはかなり動揺していましたが、病院に運ばれたエイミーの傷の様子を、ベンソンと二人で写真に収めます。
クーパーがネットカフェから出てくる姿を監視カメラの映像で確かめたり、クーパーの家からムーアを撃った薬きょうを発見したりしたのはレイク。クーパーがムーア殺害の容疑者であることの証拠収集に力を発揮していました。マンチ、フィンも不在の中でレイクの活躍が際立ちます。
ムーアを殺害したことを認めたクーパーは法廷では裁かれませんでしたが、ベンソンとレイクが自宅に来た時、バッジと銃を置いて意を決した様子で座っていました。ベンソンは隙を見て銃を没収しましたが、自分の犯した罪を認めたクーパーは次の瞬間隠していた銃で自殺してしまいます。あまりの衝撃でベンソンは言葉を失い、激しく動揺します。

本家はすごい!と感激していたら
SVUはもっと強烈でした。
こんなに痛々しいエピソードは珍しいかも。
ステーブラーもマンチもフィンもいないのに
すっかり観入って、どっと疲れてしまいました。

SVUにBAU登場。
ロッシやホッチの仲間なのかなと、クーパーに親近感を覚えましたが
被害者の検視報告を聞いてイライラしている様子から
まだ新人なのかなと不安を感じました。
さらにエイミー発見時の動揺は半端じゃなく
グループホーム出身ということはもしや彼女も虐待の被害者?なんて
余計な想像をめぐらし…
結局クーパー自身がシリアルキラーへのリベンジを遂げていたことが
後になってわかったのですが。

BAUが出てきたら、Drファンもプロファイリングに燃えるんですね。
ここまで詳しいプロファイリングができたら、ホッチの仲間に入れますよ。
レイクまでプロファイリングめいたことを言ってたし。
クリマイファンとしては是非ウッズマンに生きたまま登場してもらい
そのシリアルキラーの実態をじっくり見せてもらいたかったんですが
最初から殺されていて残念でした。

そして悲惨すぎるラストシーン。
いくら気丈なベンソンでも、これはキツイでしょ。
良き理解者ステーブラーもいないし。
今後の捜査に影響がなければいいんですけど。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ