FC2ブログ
Top Page › 映画 › 三銃士3D試写会

2011 · 10 · 18 (Tue) 21:26

三銃士3D試写会

珍しく映画の試写会に当たったので行ってきました。
それもいきなり癖になりかけてる?3D作品です。

普段ファンタジー系(とあえて言いきる)作品を滅多に見ないし
しかも今回は吹替版。
飛行機の機内だとぼやっと観ることがありそうですが
お金を払っては絶対観に行かない。
これはなかなかレアな体験です。

ストーリーを書いてしまうと面白くないので一切省略。
完走だけにとどめておきます。

いかにも3D映画でした。
なにしろ世界初の完全3D撮影映画なんだそうで
専用の3Dカメラを同時に8台も動かしてるだって。
レイチェルが飛び出すのとはレベルが違います。
人間もくっきり浮かび上がっているけど
三銃士ですから剣が飛び交うのはもちろんのこと
やたらと壊れる建築物の破片の飛び具合がリアルだし
高さ、奥行きが強烈ですね。
かなりの部分がCGなんだと思うけど
それがとてもリアルに感じられるのが3Dの魅力なのでしょう。

そして3Dの場合は吹替版が楽かも。
あの眼鏡をかけて字幕を読むのは結構疲れる気がします。
Gleeの場合はあまり字幕がなかったからよかったけど
字幕に気を取られてせっかくの迫力を味わい損ねたらもったいないですからね。

オヤジ三銃士、渋くてかっこよかった。
リストラされて飲んだくれという、最初は情けない設定なんですが
怖いもの知らずの若者ダルタニアンがやってきて
オヤジたちのやる気も復活します。
アトスってSpooksのトムだったんだ…全然雰囲気が違った。
お気に入りはアラミスかな。
ダルタニアン君もこの先の活躍が楽しみです。

さらにツボなのがリシュリュー枢機卿。
オーストリアが誇る怪しげなオヤジChristoph Waltzの
見事なハマり役でした。
Milla Jovovichの華麗な演技やOrlando Bloomの存在感も見応えあるけど
所詮悪い人達ですから。

17世紀にどうして飛行船が飛んでるのかとか
絶対考えてはいけないんだよね。
一緒になってアクションやロマンスを楽しまなきゃ。
あっという間の2時間でした。
そしてきっと続編があるんだろうな…ずるいな、この展開…
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント