INDEX    RSS    ADMIN

La Femme Nikita S1-#20 「評決」

今回のエピ、オリジナルでは21話目で
次のエピ「洗脳」と順序が入れ替わっているんですがどうしてでしょう。

第2話で出てきた要人ミヨヴィッチが再登場。
ミヨヴィッチが首相に就任することになりますが
反政府勢力がミヨヴィッチの命を狙っています。

冒頭公園で情報提供者の女性とマイケルが接触しますが
その様子をニキータは盗み見ています。
ニキータには知らせられてなった任務みたい。
マイケルは女性と親しげに歩いていましたが
女性が車に乗り込んだ後、その車は爆発、炎上してしまいました。
マイケルは一瞬足をとめたけど、その場を平然と離れていきました。
マイケルは長官に彼女のことを情報提供者だと伝え
それ以上の関係を否定しまsたが
一体何があったんだ?
まさかマイケルが爆弾を仕組んだ?
冷酷マイケルの胸の内は秘密のままです。

ニキータはドレスアップしてパーティーに出席。
マイケルは怪しげな動きをしている女性を発見し始末して
これで安心だと会場から出ます。
するとそのあとウェイター集団が急に銃を構え
パーティー出席者を人質にとります。
武装軍団のボスの狙いはもちろんミヨヴィッチを倒すことですが
ボスには盲目の娘がいて、彼女がかつてミヨヴィッチにレイプされたので
そのリベンジをするつもりでした。
ミヨヴィッチは犯行を否定。
でも娘本人が登場し、事実確認の必要が出てきます。
ニキータはその場を仕切りつつ、ミヨヴィッチの潔白を証明しようとします。
娘はつらい記憶を手繰り寄せレイプされた時のことを振り返り
犯人はゴツイ指輪をしていたことを思い出します。
ミヨヴィッチは指輪を持っていないと訴え
父はリベンジするつもりだったのに
娘ははっきりした記憶がないままミヨヴィッチを犯人にできず
平和的解決が望めそうになりました。

そのころピンチを知ったマイケルは
もう一人のセクションのメンバーと会場に侵入。
外はガードが堅いのでもう一人のメンバーを囮として入れ
囮が注意を引いている間にうまく忍び込みます。
で、この囮君、あっさり殺されちゃうんだよね。
いくら作戦の一環とはいえあんまりじゃないですか。
忍び込んだマイケルは厨房で武装男と戦って男を倒すと
換気ダクトの中に男を隠しておきました。
それもあっさりばれるように。

平和的解決が実現し
ミヨヴィッチとニキータ、それに父子が厨房を通って出ようとするとき
父は部下の遺体を見つけてしまいます。
裏でそんなことがあったとは。
突如戦闘開始。
ニキータはボス父を撃たざるを得ませんでした。
娘がショックでパニクっていても。
全てが終わった時、ニキータはミヨヴィッチの指に指輪の跡が残っていることに気づきます。
ミヨヴィッチが犯人だったんだ…
気が付いた時は手遅れでした。

また理不尽な展開にニキータは不満だらけ。
マイケルは相変わらず平然としているし。
ニキータがあれこれ思い悩む中で、シーズンファイナルはもうすぐです。

nikita1-20.jpg
冷酷おすましマイケル

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント