FC2ブログ

ドラマなつぶやき&George Harrison計画

一気にまとめて観ると結局それぞれのドラマの感想が薄くなり・・・
また思いついたつぶやき&ぼやきです。

★Cold Case 「銃弾 前編」
ファイナルシーズン後半にふさわしい?重たい内容。
時代を超えた連続殺人事件でFBI画捜査に絡んできて
Criminal Mindsな気分になってきました。
こうやってじっくり見せてくれるのは面白いです。
しかも訳ありおばさんイェーツの登場は
かなりインパクト強いし。

でもそれよりビックリはまた出たJohnny Messner。
ベンソンにあんな失礼なことをしてから
極悪人にしか見えなくなりましたよ!
今回は怪しいひげなし。
しっかりコートまで着ていたので
育った体型も観ないで済んだけど
偉そうな態度は変わってないかも。

ヴェラには早く復帰してもらいたいな。
そして後半の展開が楽しみ。

★The Closer 「終わらない悪夢 後編」
被害者だと思った男がとんでもない悪党だったとは。
人は見かけによらないものです。
民族の歴史的背景や紛争に関しては
話が難しかったのでなるほどと聞き流すことにして
奥さんの毅然とした態度は立派でした。
結局皆のクリスマスディナーはオフィスで、
そしてキャンピングカーが強盗に見舞われたブレンダ父母は
ハリウッドは危険だ!とカリフォルニアに住むことを諦めました。
実はフリッツが裏工作したインチキ強盗だったのに。
これもめでたしめでたしってことでしょうか。

ついでにドラマの中身とは関係ないつぶやきを。
私が最も敬愛するGeorge Harrisonの「Living in the Material World」というドキュメンタリー映画が
彼の没後10年たって今週末劇場公開
クリスマスにDVDリリースされます。
何しろ一番初めにハマった外国人のオヤジ(当時はもっと若かったけど)がGeorgeなので
彼は別格。他の誰とも比べてはいけないと自分で勝手に決め込んでいます。
その神様的存在のGeorge Harrisonの姿を
巨大スクリーンで拝めるなら映画館へ足を運ぶしかないでしょう。
ところがこの映画、4時間弱あるんですよ。
どうやら前半と後半に分かれているらしい。
そんなに長い間映画館で頑張れるのか?
愛する人のためなら、頑張るっきゃないですね。

すぐにDVDリリースされるんだから
あとでゆっくり観てもいいんですけど
4時間DVDをじっくり観るかっていうと
絶対無理。
私がリモコンを持ってドキュメンタリーを観始めたら
興味のない人のインタビューは間違いなくすっとばすので
あっという間に観終わっちゃいます。
それもまたよし!かもしれないけど
やっぱりスコセッシ氏に失礼だよね。

というわけでいろいろ考えた末に
まず映画館でじっくり観る。
そしてクリスマスに発売されるDVDじゃなくてブルーレイを
自分にとっての初ブルーレイとして購入。
(密林で予約しました)
ソフトを買っちゃったのでハードを買うはめになるのは
自分のいつもの行動パターン。
(iPhoneも先にケースから買ってたし…汗)
ここで一緒にブルーレイレコーダーも
自分へのクリスマスプレゼントにしようかなと
壮大な計画?を立て始めました。
ここで問題なのが、また山盛り状態の
今のレコーダーのHDDの中身。
とりあえず2台つないでおく余裕はあるんですが
ブルーレイに録画が始まったら
今のレコーダーの中身を観る時間があるのかな?
困ったな…

とにかく溜め込まないように努力ですね♪
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ