INDEX    RSS    ADMIN

Law&Order SVU S9-#17 「Authority」

チェーン店ハッピーバーガーのトイレで、従業員のトリーニが店長に監禁され助けを求めていた。ベンソンとステーブラーが現場に行くと店長はトリーニを解放するが、店長は「ミルグラム刑事が電話でトリーニが財布を盗んだので指示に従えと命じてきたために行った」と供述する。店長はミルグラム刑事の命令通り、トリーニを裸にして身体検査を行い、30分トイレに監禁していた。だが該当の刑事は存在せず、ハッピーバーガーを狙ったいたずらと考えられた。ハッピーバーガーを中傷するサイトには、みんなで警官を装っていたずらしようと、全店を攻撃対象とする書き込みがなされていた。
店長への電話は、図書館前の公衆電話からかけられていた。近くの店でテレフォンカードを買った男が防犯カメラの映像から確認される。男はエアロダックス社の航空宇宙部門で音響技師を務めるメリット・ルックで、ステーブラーらがメリットの自宅に行くと、メリットはカードはホームレスに譲った。昨日は仕事を休んで釣りに行ったと説明する。メリットの供述の裏を取るためマンチが食堂やホテルに連絡すると、メリットが来ていたことが確認される。しかし、その日はマス釣りが禁止されていたことがわかり、再度メリットの家に行くと、メリットは食堂やホテルの従業員になり済まして、電話に出て対応していた。
メリットは嘘をついた理由を売春婦と一緒だったから、家族を失って寂しい思いをしているのでと説明する。だが防犯カメラの映像にメリットの姿が確認できたので、メリットは性的虐待における共謀罪で逮捕される。
メリットは自分で弁護を行い、法廷でモラレスが処理した証拠画像について、画像解析を行ったものは憶測にすぎないと証拠の有用性を否定する。ケイシーはDrファンと相談し、メリットの少年時代を調べることにする。そしてメリットが13歳の不法侵入と放火で逮捕されていたことを取り上げるが、メリットは町にあった廃墟で不良たちが11歳の少女をレイプしていたのを見たために、被害者がこれ以上でないように侵入して放火した。レイプの実態を警察に通報したが取り合ってくれなかったと説明する。ケイシーはメリットは人の心操ることに長けていると訴えるが、陪審員はメリットを無罪とする。
メリットはトークショーで権力に疑問を持つべきだと主張し、支援者の集会を開くことを伝える。公園に集まった支援者は従順になるなと言いながらまくら投げを続けた。
メリットの妻ジュリエットと子供は、出産直後に死んでいたことがわかる。担当のDrスリフキンは、数年前車を運転中トレーラーに激突して死亡していた。ジュリエットの出産を知る看護師は、ジュリエットは難産で帝王切開の必要がありメリットは願い出たが、スリフキンが無視したためジュリエットは胎盤剥離を起こして子供とともに亡くなったと話す。メリットはスリフキンを殺すと怒っていた。
スリフキンの死は事故として処理されていたが、保険会社はスリフキンが自殺したとみなしていた。遺書の内容からメリットに追い詰められたと考えられた。
メリットが「グランドセントラルに今夜10時に集合。」とメッセージを流す。グランドセントラルでは「羊になるな。」の声と共に集まった人間が凍りついた状態になっていた。ベンソンはメリットを見つけて逮捕するが、ステーブラーは二人の姿を見失う。
ステーブラーはメリットの同僚のチャンから、メリットが音楽プロデューサーで、ジュリエットの歌を録音していたことを聞き出す。以前メリットが働いていたトーンダウンレコードを捜索に行くと、ベンソンが縛られスタジオに監禁されていた。ステーブラーが銃を構えると、メリットはベンソンにミルグラム実験を行うことやドアを開けるとスタジオが爆破されることを説明し、ステーブラーにリモコンのスイッチを押すよう強要する。メリットがスイッチを押すと悲鳴が聞こえ、ステーブラーは断固拒否したのでメリットはベンソンを解放する。だが逮捕したメリットを連れ出す際にメリットが靴下に隠していたスイッチを押すとスタジオは爆破され、その隙にメリットは逃げ出す。

200話記念エピソード。名優Robin Williamsがメリット役で出演し、ドラマに緊張感を持たせています。
ハッピーバーガーで店主が従業員を監禁する事件が起き、店主はミルグラム刑事に命令されたと供述します。ミルグラム刑事は存在せず、そこから連想されるのは心理学者ミルグラムが行った電気ショックによる服従実験でした。
ミルグラム刑事になり済まし電話をかけていたのは、音響技師のメリット・ルックであることがわかります。メリットは自分の専門分野を屈指してアリバイ工作を行い、マンチも嘘を見抜けませんでした。そして性的虐待における共謀罪で逮捕されるものの法廷で自らケイシーと対決する姿勢を見せたメリットは、ステーブラーの捜査方法や画像分析を非難してきます。ケイシーがメリットの未成年時の逮捕について触れると、自分はレイプの被害を防ぐために放火した。警察は話を聞いてくれなかったと反論し、最終弁論では警察は検事に従っていると服従の危険性を訴えて無罪を勝ち取ります。
自由になったメリットは反体制のヒーローとして取り上げられ、羊をスタジオに連れてきて「権力に疑問を持つべき、羊になるな。」とアピールします。そして公園のまくら投げでさらに支援者を集めます。マンチはメリットの言動に反戦運動との共通点を見出していました。
メリットが孤独であることを追及していくうちに、妻子が出産の際に死亡していることが明らかになります。死因は出産時の医療ミス。担当の医師スリフキンが胎盤剥離を見落としたため、ジュリエットと子供は助かりませんでした。その後スリフキンは自殺、遺書には「ミルグラム刑事は、私が人を殺したと責め続ける。あの母子の死は事故なのに。」と記されていました。妻子を失ったメリットがスリフキンを自殺に追いこんでいたのでした。
メリットの次の集会は午後10時にグランドセントラルで行われることがわかり、ベンソンとステーブラーはグランドセントラルに急行します。集まった人々は「羊になるな」の声で一斉に凍りつき、その中でベンソンはメリットを見つけ逮捕します。だがステーブラーは二人の姿を見失います。
防犯カメラの映像ではベンソンは銃と携帯を捨てさせられていました。ステーブラーはメリットが音楽プロデューサーだったことを聞きつけ、廃墟となったスタジオに行きます。メリットはジュリエットの死後、研究所に異動していたのでした。
スタジオの向こうで、マジックミラー越しに監禁されているベンソンの姿が見えます。メリットはベンソンにミルグラム実験を行うと宣告、ステーブラーにスイッチを押させようとします。ベンソンはステーブラーにメリットに従うよう訴え、ドアを開ければ爆破すると脅されたステーブラーは動くことができません。メリットがボタンを押すとベンソンの悲鳴が聞こえ、メリットは権力に屈することへの不満や怒りをぶつけてきます。そしてステーブラーにスイッチを押させようとしますが、ステーブラーができないと拒否し続けると、メリットは「君は人間だ。羊じゃない。勇気ある者だ。」とステーブラーとベンソンを解放します。悲鳴は録音した声でスイッチはガレージのリモコン、ベンソンに危険はありませんでした。ベンソンは駅を爆破すると言われメリットに従わざるを得なかったのですが、二人がメリットを外に連れ出すと、隙を見てメリットはスタジオを爆破し逃げ出してしまいます。二人が追いかけた先は川。メリットは手錠をかけられたまま入水したのかもしれません。
今回の事件は2007年にフロリダのマクドナルドで起きた事件や、2008年1月に実際にグランドセントラルで行われた悪ふざけ「フローズン・グランド・セントラル」などがモチーフとなっています。

9シーズン、200話。
ロングランヒットとなりました。
最初は簡単だったけど、200話エピガイを書き続けたんだなと自分でも驚いています。
ケラーの別姿が観たくて、OZと同時進行で観始めたSVUでしたが
なかなか日本で観ることができずひたすら宣伝活動を続け
ついに夢が実現。
今年は本家までオンエアが始まり、感謝感激です。
そのおかげでL&Oシリーズに追いまくられる日々が続いていますが。

本家に負けずにSVUもこのまま突っ走っていく感じですね。
そろそと一休みしたいのに(泣)
でも早くS11が観たいという邪な思いも残っているので
一応歓迎しましょう。
そしてS12まで頑張って断筆しますか。
もともとステーブラーのためのエピガイですので(苦笑)

ロビン・ウィリアムズはお見事でした。
200回目にふさわしい名演技でしたね。
そしてまた巻き込まれちゃったベンソン。
どうしてこんなに続けて辛い目に遭わなければならないんでしょう。
お気の毒に。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

祝☆200回

200回も続いて、安易に恋愛沙汰やプライベート問題に逃げないSVUはクライムドラマの鑑ですね!しかも展開が毎回読めない!!どれだけ引き出しがあるんだ製作陣って感じですね。
今回はロビン・ウィリアムスがゲストだけあって、ただ逮捕されないというラストにちょっと深読みしたりもしました(笑)最近マンチが出てきてきてくれて嬉しいです(≧∇≦)というか、200回目だけあって、レギュラー全員出てましたね。脚本家、お見事です!
それにGarotoさんのトリビアもお見事です!いつも勉強になります(o^∀^o)

No Subject

トリビアの元ネタはSVUのアンオフィシャルブックからなんですが、S10までしか記載がないんですよ。
その後はネタを発掘しないと(苦笑)
さすが200回目のエピソード、ロビン・ウィリアムズの演技に圧倒されてしまいました。こうして大物俳優がゲスト参加してくれるのも200回も続いたSVUならではですね。
そして今回はマンチらしさも出ていてよかった。ヒッピー世代のオヤジの思いが伝わってきました。
今シーズンは残りわずかですが、次は何が起こるのか…毎回予測できない展開にわくわくさせられます。