FC2ブログ
Top Page › The Closer, Major Crimes › The Closer S6-#15 「制御不能」

2011 · 11 · 23 (Wed) 10:38

The Closer S6-#15 「制御不能」

前回の事件が重たかったので
シーズンファイナルはちょっと地味?
でもこのドラマのあるべき姿なのかなと思いました。

ジャンキーがたむろしていて治安の悪いスキッドロウ地区で
コカインを吸っていた男が逮捕されます。
トレイと名乗る男は学歴も高く
金融と不動産ブローカーで成功していたのにいつの間にかどん底に。
血まみれのシャツを着て持っていたベンツのキーを捨ててきたのですが
死体があるわけでもなく、何故重犯課が捜査?と首をかしげながら
ブレンダは尋問を始めます。

トレイは自ら依存症治療のための施設に入っていたけれど
耐えきれなくなって出てきちゃったようで
両親に助けを求めています。
ブレンダには普通に負け犬おぼっちゃま君に見えていました。
その頃ベンツの持ち主が判明し
娘が車を借りて外出したまま戻ってこないと言ってきます。
これは本当に事件になってきました。
そのうち娘の友人の遺体が発見されます。

ガブリエルはジャンキーの言うことを信じちゃいけないと
しつこくブレンダに忠告するけれど
ブレンダは何故かトレイに優しく接しているんですよね。
でもとても人を殺せそうに見えないトレイが
ブチ切れて取調室の椅子を投げてガラスを割った時は
ドキッとさせられました。
そのときブレンダを目覚めさせてくれたのはフリッツの依存症時代の話。
まだブレンダに語っていなかった秘密を
フリッツはブレンダに告白します。
アルコールに溺れていた時はひたすら飲みまくって
訳が分からないまま自分の車に発砲。
誰にも銃弾が当たらなかったけど
ちょっと間違えれば誰かを殺していたかもしれなかったのです。
3度目の逮捕でフリッツは心を入れ替えることにしましたが
依存症になってからアルコールやドラッグを断ち切るのは
本当に大変なことなのでしょう。
多くのドラマでこうして警告しているのは
実際に依存症の人が多いからなんだろうな。

トレイはやはりドラッグのせいで
女の子たちに金を無心し
一人を殴って殺し、もう一人を監禁していました。
ブレンダが尋問の切り口を変えて
トレイを自白させたのはお見事。
チームのバックアップも
チームをほったらかしにできないポープも
そして本当に役立つFBIダンナのフリッツも
ご苦労様でした。

次シーズンでブレンダの活躍はおしまい?
レイダーが引き継ぐらしいけど
やっぱりブレンダと取り巻きのオヤジを観るのが楽しみだから
ブレンダがいなくなっちゃったら寂しいな。
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント