INDEX    RSS    ADMIN

The Listener S2-#2 「潜入捜査」

トビーは今日も真面目に仕事。
911通報で呼ばれた先で英語が通じなくても
トビーは患者や家族の心を映像として察知できるので
対処の仕方はわかるんですね。
救命士には実にありがたい能力だ。

でもその能力はIIBにとっても魅力のようで
ミシェルはトビーのことが気になって仕方ありません。
さりげなく尾行してトビーに再会。
ミシェルはトビーがチャーリーの事件解決に多く関わっていることや
前回の事件でも見事にはん人の動きを察知したことから
トビーはどんな能力を使っているのか追及してきます。
トビーは本当のことが言えず、表情を読んでいるごまかします。
霊能者というよりは行動分析家というわけで
科学的根拠に基づいた分析と言うことで。
だけど相手の表情変化から心情を読み取るとは
ライトマン博士レベルで嘘か真かくらいは判断できそうですが
それ以上は難しいよね。
しかしトビーがミシェルの胸の内をドンドン当ててくるので
ミシェルはトビーの能力を貸してもらうことにします。

ミシェルの同僚のニックは武器密売組織に潜入中ですが
どうも相手に正体がばれたらしい。
今度は話をややこしくするルーキーが飛び込んできたなんてことはなかったようですが
カナダ警察は潜入捜査への取組に問題があるのかな。
2回続けてなのでかなり気になってきました(苦笑)
早速トビーはニックが組織の男が喋っているカフェに入り込み
会話と男の胸の内を察知。
ニックが危険な状況にさらされていることに気づきます。
トビーはそれをミシェルに伝えますが
ニックはこの潜入を何とかして成功させたいと聴く道を持ちません。

するとトビーが恐れていた通り
正体がばれたニックは撃たれてしまいます。
病院に箱なれたニックに近づいたトビーはニックの心を読み
ニックを撃った犯人の顔を確認しますが
ニックの命は助かりませんでした。

トビーが相手の心を読んでいる
その信ぴょう性を確かなものにするためには
自分の本当の能力について明かさなければなりません。
ニックを助けられなかったことに責任を感じていたトビーは
ミシェルに自分の能力について明かします。
ミシェルは信じられない様子でした。

秘密を話してしまったら
後は安心して能力を発揮できます。
またトビーは犯人逮捕に協力できました。
トビーの能力が役立つことが分かれば
パトリック・ジェーンのように特別顧問としてIIBに呼ばれてしまいそう。
でもそれって詐欺師じゃなくって救命士のトビーにはもったいないっていうか
やっぱりトビーは救命士としても、その能力を発揮してもらいたいです。
絶対救命士の仕事は辞めないでほしいな。
二束のわらじは忙しそうだけど。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント