INDEX    RSS    ADMIN

House M.D.S6-#21 「Help Me」

Dr.HouseのS6ファイナル。感動しました。
前回が暗すぎたこともあったし。

工事現場でクレーン車が捜査を誤り
多くの人ががれきの中にうずまってしまいます。
消防や救命だけでは間に合わず
ドクターたちも現場に行ってトリアージ開始。
カディに連れ出されたハウスもここでは皮肉なんか言ってる場合ではなく
的確に判断し、迅速な対応を促します。
さすがハウス!と感心していると

がれきの中から音が聞こえてくる。
ハウスは消防に捜索を頼みますが
救助犬も発見することができません。
誰もいないだろうと皆離れていきますが
ハウスは生存者がいることを信じて
がれきの隙間に体を入れて中に入っていきます。
いつ崩れるかわからないのに危なすぎ!と化なりひやひやしましたが

ハウスの予感は的中。
中で足が挟まって身動きできなくなった女性が助けを求めていました。
ハウスは女性に絶対助けてあげることを約束して外に出ます。
そしてもう一度入ってきて外に引きずり出そうとするけれど
挟まった足は全く動かず
乗っかっているコンクリートを切断するのも今の状況ではできません。
その間に足の状態はどんどん悪くなっていきます。
ハウスは彼女を助けることを約束したのに
カディは足を切断する必要があると言い出します。
ハウスはカディの意見を無視。
カディがルーカスと婚約したことが苛立ちの原因でもあるんだけど
カディはハウスに腹を立てます。

だけどこのままでは女性は助からない。
ハウスは自分の足の話をして
適切な処置の必要性を伝えます。
ハウスだからこそできる説得でした。
彼女は足の切断に合意します。
狭い不安定な場所で手術に取り組むハウス。
その見事な処置もさすがハウスでした。

ようやく女性は外に出され
待っていた夫もほっとして彼女を励まします。
女性はハウスや夫と一緒にそのまま病院へ
だが救急車の中で女性は急変し、亡くなってしまいました。
ハウスのミスではなく、例え病院で切断していても助けられなかった
彼女の体質上仕方なかったのですが…

でもハウスは結果を悔やみ
洗面所の鏡を割ると
奥に隠してあった痛み止めを取りだします。
いつ埋め込んでおいたんだろう。
これを飲んだらまた薬漬けの日々が戻ってしまう。
そのときカディがやってきて
ルーカスとの婚約を解消したことを告げます。
ルーカスとしっくりこなかったカディは
ハウスを愛していることを認めます。

いつもとんでもないクリフハンガーで終わっているのに
今回はハッピーエンド!
やっとハウスの思いが通じ、カディもそれを認めたんだね。
だけど次シーズン、この二人がハッピーなままでいられるとは
とても思えないんだけど。

今回のハウスは本当にかっこよかった。
救命士ファンとしては事故現場での的確な対応シーンもとても興味深い場面で
普段余計な治療をしまくって患者を苦しめているこのドラマで
きびきび動いて適切な処置が
とても正しいことに思えました。
ハウスって本当はすご腕ドクターなんですよ。
わかっているけどいつもはどうも信じられなくて(苦笑)

一方病院ではカフェインを飲んでいたのに記憶が飛んでしまった
クレーンの運転手の病気の原因をさぐります。
こちらはいつも通りにやってましたが
回り道が少なくて済んだかな。

ハッピーエンドだったけど
13は休職届を出していました。
かなり疲れちゃってるようです。
全てハッピーとはいきませんでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント