INDEX    RSS    ADMIN

Law&Order SVU S10-#4 「Lunacy」

ハドソン川に浮いている女性の遺体が発見される。遺体は36時間ほど水につかり、腕が切断されレイプされた跡があった。近くでアラブ系女性を襲おうとしている男性がいて逮捕されるが、彼らはポルノ映画の撮影中だった。だが不審なタクシーを見かけたことを証言する。
ビデオに映っていたタクシーを追跡すると、タクシーの運転手は事件のあった晩自宅で休んでいた。しかし同じナンバーの偽物のタクシーが存在することがわかり、この一年半ほどの連続レイプ事件に関わっているようだ。タクシーを運転していたのは元タクシー運転手のオーランド・マクティアで過重性的暴行で服役し1年半後仮釈放と なっていた。オーランドを現行犯逮捕するためベンソンとステーブラーは被害者のレスリーの証言をもとにバッテリーパークへ行き、ベンソンが囮となり声をかけてきたオーランドを逮捕する。レスリーがオーランドの声を確認しオーランドもレイプを認めるが、事件のあった晩はペンシル ベニアで女性を捕まえレイプしたとアリバイを主張する。
遺体の検視の結果、腕はボートのスクリューで切り取られ、性器の損傷は魚の仕業だと判明した。また女性は35歳だが骨密度が60歳並みに低く、歯の様子からヨーロッパ系とみられた。やがて被害者はベルギー人の宇宙飛行士のマーガ・ジャンセンと確認される。
マーガは欧州宇宙機関に所属し月の研究を行っていた。207日間宇宙に滞在し帰還したところで、NY科学博物館でスピーチの予定があった。ステーブラーとベンソンはNY科学博物館に話を聞きに行くが、そこでステーブラーの高校や海兵隊の先輩で、伝説の宇宙飛行士リチャード・フィンリー大佐に会う。
フィンリーからマーガは恋人のアンディと口論していたという情報が入る。遺体の確認に来たアンディは、首につけていたはずのおそろいのネックレスがないことを指摘する。アンディとマーガは口論したのではなく、 アンディが旅行を手配したのにマーガが急に行かないと言い出したのでアンディが怒ったためマーガが謝り、マーガは一人で外へ出て行ったとのことだった。マーガは宇宙で事故を起こした隊員に腹を立てていたようだった。
事故を起こした隊員のコーリスは、出発後宇宙病にかかり、マーガが鎮静剤を投与したものの正気を失ってしまった。帰還後コーリスは宇宙飛行を禁止された。コーリスはバーに入り浸り状態で、自分の過失で全てを台無しにしたと嘆いていたが、事件の 晩もバーで飲んでいたことが確認される。
マーガに接触したのは誰か、隊員宛の手紙をチェックすれば手掛かりがあるかもしれないと、SVUはフィンリーにも手伝ってもらい手紙を調べることにする。その頃マーガのカードが不正使用されているとの情報が入る。現場のガソリンスタンドで挙動不審だったビンスは、ステーブラーが捕らえようとした際火災発生ボタンを押してしまったため 混乱するが、フィンリーのパンチで倒され逮捕される。ビンスは麻薬の所持や不法侵入で3年間に12回逮捕されていた。ビンスには恋愛妄想の傾向があるとも考えられた。だがビンスはマーガに近づいておらず 、カードを拾っただけだと主張する。ところがマーガのネックレスが質屋で見つかり、持ち込んだのはビンスだと店員が認める。ビンスの弁護士ウォルシュは司法取引を持ち出し、ビンスは野球帽をかぶった男がゴミ箱にかばんを投げ込み、そのかばんを拾ったと自白する。
野球帽をかぶった男から連想されたのがアントン・チボドーで、アントンは宇宙センターに侵入したこともあった。案の定アントンはNY科学博物館におり、ステーブラーらの取り調べに対し、事件の 晩にマーガに会ってサインをもらったことや今までに33通手紙を出したこと、マーガは誠意を持って接してくれたことなどを話しだす。そして犯人を必ず殺してやると突如 暴れ出す。
SVUにステーブラーの息子のディッキーが来てフィンリーと話をしている時、アントンが興奮して警備員の銃を奪い、通りがかったビンスを撃つ。フィンリーがアントンを取り押さえるが、銃が暴発しアントンも死亡する。
事件は意外な形で解決し、フィンリーはベンソンを海兵隊のパーティーに誘う。ステーブラーはディッキーがフィンリーからもらったロケットの模型を見ているが、突如フィンリーの家に乗り込む。マーガのネックレスに残っていた指紋はフィンリーのものだった。ステーブラーはフィンリーにマーガを殺害したことを自白させ、格闘の末フィンリーを逮捕する。 ハドソン川に浮いていた遺体は宇宙飛行士マーガだとわかり、ベンソンとステーブラーがNY科学博物館に出向いたところで、ステーブラーは尊敬する先輩で宇宙飛行士のリチャード・フィンリー大佐に出会います。フィンリーはアポロ計画の中止で 月への道を断たれてしまいましたが、スカイラブでの宇宙の滞在やシャトルの搭乗回数は最多で、まさにベテランの宇宙飛行士です。だが行きたかったのは月だったとフィンリーはステーブラーに語ります。 しかしNASAでは「月への回帰計画」がスタート、2018年に再び月へ向かうことになりフィンリーはリーダーに選ばれていました。
ステーブラーにとってフィンリーは憧れの存在。高3のときフィンリーの講演会が学校で開かれましたが、本来委員長が迎えに行く権利を買収し、ステーブラー自ら空港に出迎えに行きました。ステーブラーが海兵隊に入ったのもフィンリーの勧めでしたが、「タトゥーは別だ。」とここでまたMeloniのタトゥーがドラマのネタに使われています。
マーガの情報を伝えたことに始まり捜査を手伝いだしたフィンリーを、SVUも歓迎します。犯人逮捕の際の素早いサポートは、海兵隊で鍛えた成果でしょうか。ビンスもアントンもフィンリーの手に落ちてきました。
SVUにディッキーが来て、ステーブラーは息子をフィンリーに紹介します。二人とも名前はディッキー。尊敬する先輩の名前をステーブラーは息子に付けたのでした。発砲事件の後ステーブラーはディッキーを家に送り、海兵隊に入れたのはフィンリーのおかげだと話し始めます。ステーブラーは宇宙飛行士を目指して訓練していましたが、その 頃キャシーのお腹の中にモーリーンがいたため、20歳前でステーブラーは夢をあきらめ妻子を養うことを選びます。つまりできちゃった婚かとディッキーに指摘されていましたが、「夢を追うか責任を果たすか」という選択でステーブラーは家族を守ることを選んだのでした。
ステーブラーはマーガのネックレスにフィンリーの指紋が付いていたことを隠していたのでしょうか。ディッキーがもらったロケットの模型の指紋との一致を確認し、ステーブラーはフィンリーの家に行きます。フィンリーは若い女の子とお楽しみ中。離婚歴4回でベンソンに興味津々のフィンリーは、海兵隊のパーティーにもベンソンを誘っていました。
マーガの殺害に関して恋人や同僚に疑いを向けたこと、ビンスが野球帽の話をするとアントンを引っ張り出しビンスを撃たせたことなど、フィンリーはうまく 事件を解決方向に進めていました。それがステーブラーにはマーガ殺害の張本人はフィンリーであることと結び付いたのです、フィンリーは「月への回帰計画」で月へ向かうことができてもそれはずっと先のこと、しかも彼は名誉職扱いで活躍の中心はマーガとなってきます。マーガに月を奪われる。それをフィンリーには許せなかったのでした。海兵隊員なら助け合うものだと食い下がってくるフィンリーを振り払い、「よくも人を殺した手で、息子と握手したな、」とステーブラーは怒りをむき出しにします。フィンリーが逮捕された後、ドレス姿で現れたベンソンは唖然としていました。
フィンリーを演じているのはJames Brolin。Josh Brolinの父親です。Jamesは1978年の映画「カプリコン1」でNASAの火星探査機の乗組員に選ばれたものの実際に探査機は飛ばされず、地球で火星表面に着地した演技をするという役を演じており、火星だけではなく月にも行けなかったのかとかつての映画を思い出してしまいました。

すごい!
SVUにJames Brolinが出てきた♪
Joshのパパですよ。
奥さんはレイチェルが尊敬するBarbra Streisand
息子の嫁はDiane Laneです。
ゴージャスでしょ。

息子を追いかけまわしていたので
(HP更新していません…汗)
必然的にお父さんにもチェックを入れてましたが
最近どんどん怪しげな役ばかり演じている息子に対し
お父さんは相変わらずダンディなことで。
今回は月に行き損ねた宇宙飛行士。
でもかつて「カプリコン1」で火星に行き損ねているので
(面白い映画です。お父さんも若いです)
またですかって感じ。

いくらステーブラーの先輩とはいえ
突然出てきて大活躍には絶対裏がある…と思ったらやっぱりありました。
それにしてもMeloniとのバトルなんて贅沢過ぎる。
SVuはとんでもないドラマだ。

ついでに息子ディッキー君、成長したね。
かなりのイケメンだし。
これは将来に大いに期待!です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント