INDEX    RSS    ADMIN

CSI:NY S7-#1 「34階からの訪問者」

やっと先行放送を観ました。

ダニーとリンジーの家に忍び込んだシェーン・ケイシー。
こういうクリフハンガーはあっさり解決だろうなと思ったら案の定
シェーンとダニーが睨み合っている背後からリンジーが銃を発射。
シェーンは呆気なく倒れました。
あっという間の出来事なんだからファイナルで完結させてもいいのに。
だからクリフハンガーってあまり期待してないんですよね。
最悪クリマイレッドセルのように銃声の後何が起きたと思ったら
このドラマは終了ですの打ち切り宣言が出てしまう場合も。
だからクリフハンガー、勘弁してもらいたいです。

そんなわけでその後リンジーの勇敢な行動が称えられ
表彰を受けることになりました。
こういう賞を授けるのがNYPD本部長フランク・レーガンの仕事なんですかね。
ドラマが違うけど(笑)
マックから賞を受け取ったリンジーはそのとき悪夢が甦ります。
今まで大丈夫だと思っていたのに人を殺したという事実が
急に彼女に覆いかぶさってきたんですね。
タフな刑事や捜査官でも
普段自分たちが扱っている事件の被害者的立場に立たされたら
やはり衝撃は強かった。
刑務所レイプ未遂事件のフラッシュバックで苦しむベンソンを思い出しました。
リンジーの場合は恐怖と合わせて死に至らしめたという重荷もあり
刑事だって乗り越えなければならない壁だと思うけど
CSi捜査官は銃を持つ場面から少ないですからね。

カウンセラーでふてくされ、ついにゴミ箱に賞を捨ててしまうリンジー。
その時ステラからプレゼントが届きます。
いつの間にかニューオーリンズに異動になっていたんだ。
刑事ドラマや医療ドラマはキャスト降板=転勤にしちゃえばいいので便利だよね。
でもわざわざシーズン途中でレギュラーをとんでもない目に遭わせ
挙句の果てに追い出すという恐ろしいドラマL&O本家なんていうのもありますが…
ステラからの賛辞の言葉やマックの励まし
そしてちゃんとゴミ箱から賞を拾ってきた
最愛なるダンナのダニーの温かい支えで
リンジーは無事に立ち直れそうです。
こんな時は職場恋愛は便利かも。

そして表彰式が行われている間にラボに到着したのが
ステラの後釜でFBi出身のジョー。
もぬけの殻状態のラボで死体を発見し
かなり変わった歓迎状態に驚いていましたが
すぐに事件捜査に加わり活躍していました。
分析したがるところはクリマイの人達に似てるかも。
すぐにチームに溶け込んで楽しくやっていけそうですね。
演じるSela WordはDr.Houseに出ていましたが
やっぱりOnce&Againの印象が強くて。
日本での海外ドラマ不毛期の作品なので知られていませんが
キャストも豪華だしお蔵入りしてしまったのがもったいないです。
40歳を過ぎてからの恋愛や家族について考えていくドラマで
Selaは本作でエミー賞やゴールデングローブ賞を受賞。
ブラシスほどは大騒ぎせずじっくり見られる作品です。
どこかでオンエアしてくれないかな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント