INDEX    RSS    ADMIN

Iron Road

Iron Road (2009) [DVD]Iron Road (2009) [DVD]
(2009/10/13)
Iron Road

商品詳細を見る


スコッティではないLuke Macfarlaneが観たいと思って探しだしたのがこの作品。
カナダ製作の90分×2のミニシリーズですが
監督はデヴィッド・ウー
主役のスン・リー(「一メートルの光」や「新・上海グランド」などに出演)や
レオン・カーファイ他中華系俳優が多数登場。
セリフも半分くらいは中国語なのでアジア映画を観ている気分でした。
話もわかりやすくてとにかく面白かった。
スコッティファン必見です♪

19世紀後半、カナダの鉄道会社のオーナーのニコルは
息子のジェームズに香港へ行って
ロッキー山脈への鉄道敷設に働かせる中国人労働者を集めてくるよう命じます。
ジェームズは香港に住むレリックを訪ねますが
そこでレリックに英語を教わっている孤児のリトル・タイガーに出会います。
リトル・タイガーは小柄だけどタフで
火薬工場で働いていて爆破のコツを知っています。
ジェームズはカナダでの賃金の保証や
もし金を掘り当てたらそれをもらえることなどを約束
ギャングが介入して怖い思いもしますが
リトル・タイガーはジェームズを助け
本当にやる気のある若者たちを集めてきます。
そして自分もカナダに渡りたいと頼みます。
こうして大勢の中国人たちがカナダへ渡ります。

実はリトル・タイガーは女の子。
母を亡くしたときから男として育つことを決意し
消息不明の父を探しています。
体の小さいリトル・タイガーはtea boy(茶水さんでしょうか)として
働くことになります。
英語の話せるリトル・タイガーはジェームズと親しくなり
お互いに打ち解けてきます。
中国人を仕切っているのがブックマン。
医者の役割など果たしていますが裏の目論見があるようです。

サンフランシスコの金鉱掘りなどにも
多くの中国人が利用されていましたが
カナダの鉄道敷設にも中国人が関わり
たくさんの人が命を落としてきました。
彼らの骨は祖国に帰ることなく
カナダに埋められたままになっています。
こうした犠牲者に追悼の意を表して作られたドラマですが
ここからはスコッティの見どころを!

Luke=スコッティが演じているのがジェームズですが
金持ちのお坊ちゃまだけど誠実で一途な男で
キャラがまるでスコッティでした(笑)
ちなみにジェームズは
◎レトロなファッションが似合います。
◎もちろんストレートです。
◎だから女の子ともキスします。

リトル・タイガーは次第にジェームズに恋心を抱いてきますが
ジェームズはリトル・タイガーが女の子だと知らないから
二人で水辺に来た時も平気で素っ裸になって飛び込んでしまいます。
というわけで
◎ジェームズは脱ぎます。後ろ姿フルヌードを披露してくれます。
(目の保養になります)
そしてリトル・タイガーを水に突っ込みますが
当然彼女は脱ぐわけに行かず
こういう流れはYoung Ridersのルーとキッドの関係を思い出して
また切なくなってしまいました。
でも雇い主と労働者の関係だからさらに複雑だよね。

リトル・タイガーは自ら自分が女性であることを明かすんだけど
その前にリトル・タイガーがジェームズの手を握ると
ジェームズがどきっとして手をひっこめます。
「僕はゲイか?」と思う一瞬?
それをスコッティが演じてると思うとまたおかしいんですけど
そのあと告白を聞いて当然ジェームズは混乱し
でもリトル・タイガーに恋しちゃうんだよね。

だから
◎ジェームズはリトルタイガーとキスします。
(とても素敵なシーンです)
◎ベッドシーンは途中省略。あっという間に事後になってしまいます。
これでケヴィンに怒られないで済む!ってわけじゃないけれど
やはりケヴィンとスコッティの方がしっくりくるから(笑)

そこに鉄道敷設資金のスポンサーのお偉いさん親子がやってくるんですが
ジェームズを追いかけてきた娘のメラニーを演じているのが
Rookie Bkueのゲイルで
彼女の白い肌はレトロなドレスがお似合いですが
これまた性格がゲイルで(笑)
ジェームズの気持ちがここにあらずと知ると
すぐにプッツンしてしまいます。
でも影で二人を観ていたリトル・タイガーは嫉妬しちゃうんだけど。

リトル・タイガーのダイナマイトテクニックが大いに役立ち
最後には驚くべき事実が発覚。
そして禁断の恋の結末もわかるのですが
3時間、あっという間に観終えッてしまいました。
DVDではおまけにキャストや制作者インタビューが入っていますが
Lukeは英語しか喋れないし、スン・リーは中国語しか喋れないし
コミュニケーションづくりでは苦労したみたいです。
でも見事に息の合った演技でしたが。

サム・二ールやピーター・オトゥールといった
ベテラン豪華オヤジたちも共演。
レオン・カーファイの渋い演技も光っています。
面白いドラマなので日本での放映を是非。
AXNあたりでいかがでしょうか。
よろしくお願いします♪

ironroad1.jpg
香港映画ファンとしてはここにレオン・カーファイがいるのはすごく不思議なんですけど(笑)

ironroad2.jpg
ここでもスコッティの優しさがにじみ出ていました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント