INDEX    RSS    ADMIN

Law&Order SVU S10-#7 「Wildlife」

ステーブラーは肩と胸に銃弾を受け、病院へ運ばれる。手術室にベンソンが駆け付ける。

一週間前、10代後半の白人女性の遺体が見つかる。頭部創傷、首と性器周辺に裂傷が見られ、傷には唾液が付着していた。女性の持っていた写真からモデルか女優と思われ、バッグの中には非通知の電話が何度もかかってきた携帯電話と、インコの死骸が入っていた。手にはナイトクラブのザップルのスタンプが押されていた。分析の結果首の傷は動物が噛んだもので、謎のバクテリアが付着していた。
クラブの女性の調達係のオスカーの話から、殺されたのはナタリー・ブリアーズだとわかる。ナタリーが住んでいた共同住宅にナタリーのもう一台の携帯電話が置いてあり、ステーブラーが電話し、相手はエズラカフェにいることを突き止める。カフェにはナタリーそっくりの女性がいて、彼女は妹のアンナだった。アンナとナタリーはウェストバージニアからモデルを目指して出てきたが、アンナはNY到着一週間後に交通事故に遭って頬に傷を負い、ナタリーのマネージャーとなった。ナタリーはマフィアとの交流があり、ラッパーのガッツ・マネーと連絡を取っていた。
ガッツ・マネーは金曜日にナタリーを抱いたが、面倒になりそうだから追いだしたと話す。その頃ナタリーはトラに噛まれて死亡したことが判明する。「スカーフェイス」にあこがれるガッツはトラにナタリーを襲わせた可能性がある。またインコは世界に100羽しかいないアオコンゴウインコだった。ナタリーは動物の密輸に関わっていたのかもしれなかった。
ステーブラーとフィンがガッツの自宅を捜索すると、トラが飛び出してきてステーブラーを驚かせる。二人はガッツを逮捕する。ガッツは自分のトラはナタリーを襲わないし、ナタリーからトラを買ったと証言する。イーベイでトラを探していたらナタリーが接触したのだった。DNA鑑定の結果、ガッツのトラはナタリーを殺害していなかった。フィンはガッツを脅し、ガッツはナタリーのボスのブシードの名前を挙げる。
ステーブラーはJFKの税関に勤務し麻薬の密輸に関わっているマイク・カニッキーになり済まし、ガッツの案内で動物倉庫にいるブシードに会いに行く。ブシードとパートナーのタイボーは数多くの希少動物を密輸し飼育していた。ステーブラーはトラを見つけるが、その間ブシードとガッツは口論し、ブシードはガッツを殴る。ステーブラーはトラの毛を採取するが、勝手に潜入捜査をしたことでクレイゲンに注意される。トラのDNAはナタリーに付着していたものと一致する。
SVUに魚類野生生物局のカルキーが現れ、この事件から手を引くよう通告してくる。ブシードは今までに14人の殺害に関わり、カルキーは1年前からブシードを追っていた。するとガッツの家で犬が喧嘩しているとの911通報が入る。
動物警察はハイエナ5頭を捕獲、室内は血だらけでガッツはハイエナにかみ殺されていた。ステーブラーにブシードから呼び出しの電話が入る。
ステーブラーがブシードに会いに行くと、ブシードは動物たちの前で食事を用意して待っていた。ブシードはナタリーはうかつにトラの檻を開けたため、一瞬で引き裂かれたと説明する。そしてステーブラーに世界に17匹しかいないカイナンテナガザルの密輸話を持ちかける、ステーブラーがその気になると、ブシードとタイボーはステーブラーの身体検査をして財布と携帯を取り上げ、二人を自宅に連れていくよう命じる。SVUが用意した自宅で、ステーブラーはGPSつきの時計をはめられ、日程が決まったら連絡する。人を呼ぶのも電話もダメだと念を押した後、二人は家を出ていく。
ステーブラーと連絡が取れないことを心配したベンソンが家に来るが、その直後二人が戻ってくる。とっさにベンソンは娼婦に扮し難を逃れるが、二人はステーブラーを車に乗せる。そして移動の途中で檻を取ってこいと外に出し、ブシードはステーブラーを二発撃つ。

銃弾の一発は貫通、もう一発の弾も取り除くことができ、ステーブラーはすぐに退院する。警察はブシードの動物倉庫に踏み込むが動物がいない。ブシードにシカ肉を卸していた飼料店が、金型工場の住所を教える。カイナンテナガザルがバスケットボールに入れられて税関を通過する。
SVUは工場で猿の取引現場を押さえる。クイレイゲンが猿を捕まえ、ベンソンがタイボー、ステーブラーがブシードを追う。屋上に追い詰められ、飛び移ろうとして足を滑らせ必死で縁につかまっているタイボーは、自分が潜入捜査官であることを話しベンソンに助けられる。機械に足を挟んだブシードを「お前は一生檻の中だ。」とステーブラーは脅し逮捕する。


撃たれたステーブラーの周りに人が集まってきて、ベンソンも到着。病院で銃弾を取り除くところからドラマが始まります。
ナタリーの遺体の傷からSVUが事件を担当することになりましたが、ナタリーはトラにかみ殺され、背後に大掛かりな動物の密輸組織が浮かび上がってきます。人気ラッパーのガッツ・マネーは麻薬組織を仕切っていた類の過激な歌詞が売り物でしたが、ペットのトラはネットで見つけて調達したものでした。トラを売ってきたナタリーのボスがアンドレ・ブシード。ロシアとイタリアのハーフで女性の売買で儲けていましたが、動物の方が高収入で刑が軽いと動物の密輸に商売を乗り換えます。相棒のビクター・タイボーはケニア人でアルバニアのマフィア。魚類野生生物局のカルキーはブシードを1年追い続けており、ここでSVUに介入されては捜査に支障をきたします。だがナタリーの捜索はSVUが行うということで納得してもらいました。
ステーブラーの最初のブシードへの接触は彼自身の思いつき。ガッツのトラがナタリーを殺していないことがわかったので、別のトラを探し犯人逮捕につなげたかったのでした。空港の税関職員になり済ましたステーブラーは、麻薬に続き他のものでもひと儲けしたいと話を持ちかけます。本来の目的のトラの毛は採取できましたが、ガッツとブシードの雲行きが怪しくなってきます。そしてカルキーがストップをかけに来た頃、ガッツはブシードが家に放ったハイエナに食いちぎられていました。さらにステーブラーにブシードから電話が入ります。
ステーブラーは単独で動物倉庫にいるブシードに会いに行きます。リアナという女性が腹に巻きつけているのは1個50000ドルするマダガスカルから来たホウシャガメの卵。体に巻きつけて税関を通り抜けていたのでした。トラの檻が空なのを気にしながらステーブラーが勧められたステーキを食べていると、その肉はナタリーを殺したトラのものだとわかります。ステーブラーはぞっとしつつも、肉をほおばっていました。そしてブシードが持ちかけてきたのが、カイナンテナガザルの密輸。サルは100万ドルで売れ、大金持ちはその猿の胸の骨から箸を作るのだそうです。ステーブラーがやる気を見せると、ブシードとタイボーはステーブラーの財布と携帯を取り上げ、自宅に案内するように言います。
キャシーはステーブラーと連絡が取れず困っていますが、ステーブラーが電話に出るわけにはいきません。ベンソンが自宅に行ってキャシーに潜入捜査の件を伝えると、怒ったキャシーはイーライを連れて家を出ようとします。その後ベンソンはステーブラーの隠れ家を尋ねると、上半身裸で寝ていたステーブラーはベンソンを慌てて家に招き入れます。状況を説明するとベンソンが携帯を貸そうとしますが、二人が戻ってきてしまいました。ステーブラーはベンソンに隠れるように言います。だが二人は女物の上着を発見。ステーブラーが人を呼んだことを責めようとしたとき、下着姿のベンソンが現れ、ステーブラーと抱き合おうとします。「我慢できなくて女を買った。」とステーブラーが説明し、娼婦に扮したベンソンは逃がしてもらいます。だがその直後、ステーブラーはブシードに撃たれてしまいました。
2発の銃弾を浴びたステーブラーですが、ブシードを捕らえようと捜査に加わります。そして金型工場でのサルの取引現場でブシードとタイボーを追い詰めますが、娼婦が刑事だと知ったタイボーはベンソンに、自分も潜入捜査官であることを伝えます。その証拠には、カルキーが事件の詳細を知っていること。タイボーのベルトにはワイヤーが仕掛けてありました。タイボーにとってはブレードは下っ端、彼の任務は巨大組織を追うことでした。タイボーの潜入がばれないようにベンソンはタイボーに手錠をかけますが、話を聞いたステーブラーが家族と連絡を取るかと尋ねると、タイボーは家族は離れたと答えます。帰宅したステーブラーは夜泣きするイーライを抱き上げあやすのでした。
ブシード役のAndrew DivoffはCSI:MIamiでロシアマフィアのサーノフを演じ、ホレイショらを苦しめていました。潜入捜査官タイボー役のReg E.CatheyはOZやThe Wireでおなじみです。ガッツ・マネーを演じるBig BoiはベテランヒップホップデュオOutkastの一人で、ソロアルバムもリリースしています。

また怪我しちゃったステーブラー。
数多くあるクライムドラマの中でも
負傷率No1の刑事間違いなしでしょうね。
傷の回復の早さはアレックスに負けてないかも(笑)
今回は銃弾2発。
でもすぐにブシードを追って走り回っていました。
お疲れ様。

下着姿のベンソンとステーブラーの画像は見たことがありましたが
なるほどこういう展開だったんだ。
捜査の一環だろうと思ってたけど
こんな危険な潜入捜査してたんだね。
そして女性捜査官は勝負下着必須ですか…
潜入捜査も楽じゃない。

そして潜入が長くなれば
家庭を捨てざるを得なくなることも。
タイボーの「家族は離れた。」の一言が
ステーブラーの身にしみました。
帰ってイーライをあやすステーブラー。
彼には長期の潜入は無理でしょうね。
このあたりは潜入のプロ、ルーポの意見を聞きたいところですが。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ステーブラーにほっさんの強運を少し分けて欲しいなと思います。
でもあんな死にかけたのに、もう現場に復帰で
あれじゃ家族もハラハラドキドキですよね。

イーライを抱っこするステーブラー。
OZの時だったら考えられなかったなぁと思った光景でした。

ステーブラー怪我し過ぎです。
銃弾だけじゃなく蹴飛ばされたり、あんまりです。
でもすぐにリカバリーしちゃうから立派だよね。
キャシーも覚悟はできてると思うけど、心配なことは確かです。
イーライが生まれてさらに親バカステーブラーが見られるのは楽しいです♪
TBありがとうございました。

トラックバック

Law & Order: SVU 10 第7話「欲望の代価」Wildlife

Law & Order: Special Victims Unit - Tenth Year [DVD] [Import](2009/09/22)Mariska Hargitay、Christopher Meloni 他商品詳細を見る ステーブラーが胸と肩を撃たれ病院に運ばれる…。 一週間前。 頭...