FC2ブログ
Top Page › Kommissar Rex › Kommissar Rex S5-#5 「もう一人の相続人」

2012 · 01 · 27 (Fri) 19:13

Kommissar Rex S5-#5 「もう一人の相続人」

今回のレックスポイントは
レックスの犬かき!
アレックスが投げたボールが川に落ちてしまったので
即川に飛び込んだレックスは、ボールをくわえて長距離を泳ぎ
そのあとはアレックスに全身ブルブルの仕返し(笑)

そして事件の方は
また厚かましい男たちの話。
金持ちの老人が亡くなり
彼が自宅に残していた骨とう品は
全て店に持ち込まれました。
骨とう品の店主は持ちこまれた絵画を整理していたら
観覧車が描かれた絵の下に
遺書が書かれていたのを発見します。
老人は遺産を自分を介護してくれたヘルパーの女性に贈るという内容だったのですが

厚かましい骨とう品店の店主は
老人のおいに連絡します。
おいはおじの遺産を当てにしていたので
これはラッキーだと思いますが
骨とう品店の店主は遺産の山分けを目論んでいました。
それを承諾してくれないと、遺産については教えない。
厚かましい店主に腹を立てた厚かましいおいは
店にあった骨とう品の杖で店主を殴り殺してしまいます。
実はこの杖は剣だったので、使い方を間違えた気もしますが…

殺人事件の捜査に来たアレックスたちは
遺言の話など知るわけもなく
強盗殺人事件を疑いますが、店は何も取られた様子がありません。
でも品物リストのチェックをさせられるクンツは御苦労さま。
そして共同経営者に店の倉庫を案内させ
アレックスはそこで東欧からの美術品が密輸されている現場を見つけてしまいます。
マリア様の木像を輪切りにして木片として輸入。
そして骨とう品店倉庫の隠し部屋でまた復元作業していたのですが
輪切りにしちゃったマリア様を復活させても
元の価値はあるのでしょうか。
ありがたみがなくなってしまう気がするんですが。

店の中に遺産のありかが記されているに違いない。
厚かましい男は骨とう品店を狙っています。
そのころヘルパーのおばさんは
老人が観覧車の絵をくれると約束していたので
共同経営者から絵を受け取ります。
ところが額縁が壊れていたので、今度は額縁屋に修理を頼んで絵を預けますが
修理代が高いので預けるのをやめて持ち帰ります。
その間厚かましい男も額縁屋をうろうろ。
さらに骨とう品店に忍び込もうとしてドライバーを持って現れ
(ドライバーでカギを外すつもりだったのでしょうか。大胆な)
共同経営者に見つかり、遺書についても聞き出せず
今度は共同経営者をドライバーで刺し殺してしまいます。
結局必要な情報は得られないまま、無駄に人が死に続けていたのでした。

骨とう品のオヤジたちの死に金持ちの遺産がリンクしたのは
アレックスがしかけ付きの机の引き出しを開けたから。
厚かましい店主が遺書を写真にとって引き出しに入れていたのでした。
こうして金持ちやヘルパーのおばさんがつながってきます。
もちろん厚かましい男もヘルパーのおばさんが遺書を持っているのを見つけてしまいます。

最後はおばさんの新しい勤務先の家に
絵を奪い取りに来た男とアレックスの追いかけっこ。
絵が水辺に落っこちて拾ってくるのはレックスの役目。
アレックスは男とバトルになりますが
この厚かましいオヤジはドライバーで人を殺せる
「殺し屋」の資質が備わっているようで
やたらと強いんだよね。
あれだけ鍛え上げてるアレックスもさんざん痛めつけられます。
顔まで怪我するし。
でもなんとか男を取り押さえ
レックスも流される絵を必死に追って、無事に確保しました。
めでたしめでたし。

クンツはパン投げを覚えましたが
ソーセージは体に悪いと思っているのか
自家製チーズパンを持ってきて投げてきます。
ベックもレックスもチーズパンは嫌い。
レックスは見向きもしませんでした。
そしてクンツのかばんの中にパンを落とすし
ベックも不満タラタラ。
クンツの反抗は彼のポリシーなのかな?

rex5-5.jpg
ご機嫌なアレックス。
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

アレックスは日頃からあんなにボクシングやらで鍛えているのに、あの遊び人の甥にボコボコにされていましたね。かなり違和感がありました。早く片付けてレックスの応援すればよかったのに。

ベックによるクンツいじめの素地がだんだん出来上がってきていますね。それにしても、チーズパンを自宅で作って持ってくるなんて。ああいうパンは、買ったばかりのサクサク音がするところが良いのに。私も、ダブルバーガーが一緒に挟まっていない限り、チーズパンは食べたくありません。(よけいなお世話か!)

あの事件の場合、遺産相続の顛末はどうなるのでしょう?叔父さんの遺書によると、1/3をヘルパーのおばさんに、とあったので残りの2/3は唯一の肉親の甥に来るわけですが(遺書の存在を知らなかった弁護士は、全部が当然に甥に来るとの前提で法的手続きを進めていましたが)、甥自身が殺人犯として服役すると、遺産の行方は?英語の表現で言えば、"You cannot benefit by your own crime."で、罪を犯すことにより利得を手にすることはできないのですが、では、元々2/3は甥に行くものだったらどうなるのでせう?その技術的な面で私は答えが出ません。
2012-01-27-20:29
sky [ 返信 * 編集 ]

アレックスって鍛えているわりにはいざという時パワー不足ですよね。今回だって遊び人オヤジに相当やられてる…不思議でした。
ベックはやっといじめの矛先がクンツに変わったので、ここぞとばかり頑張ってますね。しかもレックスと手を組んで…次の新人が来ないとクンツは浮かばれないのかな。
遺産相続、全部ヘルパーのおばさんに上げちゃっていいと思うけど。二人殺した甥は多分終身刑で使い道もないでしょうから(苦笑)
2012-01-28-10:22
Garoto [ 返信 * 編集 ]

ホントに厚かましい骨董屋たちでしたね。
何かを売る時があったらぼられてないか注意しないといけないなと思いました。
売れるようなものないですけども。
甥っ子との対決でアレックスはけっこう苦戦していましたよね。
いつも鍛えているのにどうしたことでしょう。
レックスが見ていてくれないとパワーが出ないのでしょうか。
2012-01-29-10:27
カクテキ [ 返信 * 編集 ]

一瞬完璧に見えるアレックスが実はかなり弱点が多いのも、このドラマの魅力なのかも(笑)
でもあの場にアレックスではなくてベックがいたらどうなっちゃったのかな?なんて考えるとさらに恐ろしくなります。
それにしても厚かましい人達ばかりのウィーン、観光で骨とう品市を見ても騙されないようんに気をつけなくちゃいけませんね。
2012-01-29-11:11
Garoto [ 返信 * 編集 ]