FC2ブログ
Top Page › Law&Order › Law&Order S20-#3 「愛する国へ忠誠を」

2012 · 02 · 09 (Thu) 19:32

Law&Order S20-#3 「愛する国へ忠誠を」

今度はみんなでやっちゃいましたね(笑)

前回のおバカルーポを観た後、先週分のまだ観ていなかったShemelessを視聴。
それが大きな間違いでした!
ケヴィンとヴェロニカが結婚することになり
そこにどうしても招きたくなかったヴェロニカ弟が現れるんですが
この弟がとんでもなくプッツン状態のバーナードでした。
とても同じ人が演じているとは思えないくらいのぶっ飛びぶりに恐れ入り
もう放送禁止用語は連発するし
とにかくやたらと火をつけたがるし。
この「火をつけたがる」のがキーポイントだったんだよね。

さて、再びバーナードはいつもの刑事に戻り…
街のゴミ箱を漁っていた男が撃たれる。
ゴミ箱に入っていたのは大量の札束の入った袋。
すぐに犯人が見つかるのですが
撃った男は娘が誘拐され、身代金をゴミ箱に投げ入れたのでした。
そして取りに来た男を狙ったところ撃たれた男は赤の他人で
娘は何事もなかったように帰宅してきました。
撃たれた人が気の毒すぎ。
そしてこれは身代金と称して金を巻き上げる虚偽の誘拐だとわかります。

ルーポとバーナードは金を取りに来た男を張りこみ
再び同じ行為に出ようとしたところを逮捕します。
シリアから移民してきてアメリカ国籍を取ったサミールと名乗るこの男は
アルカイダ一派のシナゴーク爆破計画を語り始めます。
偽誘拐による資金調達もそのためでした。
警察と検察は爆破を阻止するために組織に近づくことを計画。
サミールを仲介人にして組織のコールらに爆弾を売ろうとします。

ここで火をつけるのが大好きな!バーナード登場。
コールの前にC4爆弾を持って現れます。
そして実験と称して火をつけてみたり
雷管もセットで渡したり。
にこにこしながら爆弾(実は偽物)に火をつける姿に
見事にぶっ飛び弟が重なりました!

こうしてしっかりおぜん立てをしておいて
サミールがワイヤーをつけて録音したコールたちの情報をもとに
爆弾予定現場に急行。
計画通りコールたちを逮捕したんですが
そのとき近くで爆破事件が起こります。

警察が一つの計画に気を取られているうちに
相手にしてやられたと
また警察の失墜が非難されます。
毎回これでいいわけないよね。
しかもバーナードが渡した爆弾は偽物でも
セットで渡した雷管は本物ですから
警察はテロのお手伝いをしてしまったというわけで…

また頭の痛いカッターさんでしたが
今回はみんなで蒔いた種なので仕方ないか。
そして前回同様法廷でルーポが証言。
カッターさんの質問に
今回は堂々とルーポも答えることができました。

本当に起きた爆発もサミールが手をまわしていて
サミールはアメリカが好きで
好きだからこそ加担したと証言しますが
サミールも爆弾を仕掛けた一派も
みな有罪判決を受けます。
前回の悪女に比べると今回はお騒がせ男のレベルだったかもしれないけど
毎回振り回されるルーポ&カッター。
おかげさまで二人が一緒のシーンが多くて嬉しいけどね(笑)

ヴァン・ビューレンの化学療法が始まりました。
彼女は何も言わないけど、マッコイさんは体調を気遣っていました。
さすがマッコイさん、見事な観察力です。
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント