FC2ブログ

Law&Order S20-#9 「消える証人」

法廷で元恋人の罪を暴くために証言台に立つ予定だったマギーが殺害されます。
当然元恋人が疑われますが、黒幕は彼女が働いていた中古車輸出会社の社長のレイニー。
そして従業員でマギーの秘密の恋人のりーガンが
レイニーの有罪を暴くために証言することになります。
レイニーは相当の悪党なんですが、彼の弁護に付いたのが
7話目にも法廷に立っていたウォル。
嫌な奴だなぁとは感じたけど、彼は元検察官で
カッターやルビローサとともに
悪党を次々に刑務所に送りこんでいたのでした。
身内でお互いをよく知っているのに敵対するのはなかなか難しいことですが
今回は複雑な事情が多すぎました。

りーガンにも保護が必要と言うことで
彼女をホテルにかくまい、ルーポとバーナードが付き添います。
ルビローサも話を聞きに来た時に
突然頼んでもいないルームサービスが現れ銃弾が飛んできて
バーナードと銃撃戦に。
ルーポがちょっと席を立ったそのすきを狙ってきたのは運が悪かった。
また警察はプチミスを犯してしまいました。
銃撃戦に巻き込まれかけたルビローサをカッターさんは気遣います。

検事時代にウォルが扱っていた事件で不審な点が
胡散臭い部分を調べていたら、そこにルビローサが絡んでいたことが判明します。
新人ルビローサはウォルの部下で
彼の言われるがままに働いていました。
必要とあらば証人保護もしていたし。
ルビローサはここで自分の過去を振り返りつつ
ウォルの悪事を暴く決意を固めますが
そのときウォルがカッターに意味深な一言を。

ウォルとルビローサに肉体関係があった!
驚愕の事実を耳にし
カッターはマッコイさんに相談に行きます。
もちろん本人に確認はできないし。
ここでカッターさんが珍しく自らのポリシーを語るんですが
①職場恋愛はよろしくない。
職場の同僚と恋仲になるなんてありえないそうです。
その一言をWATの人達に伝えておくて!
でもそのあとに女性が不利であるというつけたしがあり
男性については言及してなかったぞ!
まだ妄想の扉はオープン状態です♪
②他人の性生活には関心がない。
別にルビローサが誰と寝ようとどうでもいいようです。
ってことは自分について語る気もないか…
誰か秘密を暴いておくれ!

でも同僚としてのルビローサを守らなければなりません。
カッターさんはルピローサと
過去に寝た男を落とす作戦を練るのでした。
このとき何故かカッターさんは私服。
家に帰って着替えたのか、休日出勤だったのか詳細は不明ですが
ちょっとリラックスして、穏やかな微笑みが素敵でした。
それにしてもルビローサ恐るべし!
次々に彼女のとんでもない過去が暴露されてきています。
一体何人の男と…
さすが元マリソル!
とさんざん悪女扱いしていた時代が懐かしくなるのでした。

法廷であえてルビローサは全てをさらけ出し
それを利用してカッターはウォルの悪事をあぶり出していきました。
いつものお見事な弁舌は圧巻。
だけどウォルを有罪にしたおかげで
カッターとルビローサは余計な宿題をもらってしまいました。
お疲れ様。

LO20-9.jpg
私服カッターさん
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ