FC2ブログ
Top Page › Law&Order › Law&Order S20-#17 「夢と野心と」

2012 · 02 · 28 (Tue) 20:06

Law&Order S20-#17 「夢と野心と」

ピザ屋で休憩していた制服警官4名が相次いで射殺。

身内が殺されると半端じゃなくリベンジに燃えるのが警察の体質。
しかも今回は被害者4名。
分署長は特に2名は優秀で刑事昇進を目指していたと説明し
早急に事件解決を望みます。
ルーポとバーナードは目撃者の証言をもとに容疑者をとらえますが…

バーナードはいつもルーポのことを「ループス!」って呼んでいてお茶目だなと思ってましたが
ついにルーポはバーナードのことを「B」と呼んでました。
まるでゴシップガールじゃないですか。
とにかくループスとBの見事な連携で容疑者をとらえ
署へ連れて行ったら大量の制服警官が押し掛けてきて
バン・ビューレンははた迷惑。
慎重に構えていると分署長はバン・ビューレンの病気を持ちだして嫌味を言うし。
(あとで謝っていたけど)
そしてこの容疑者はシロでした。

殺された優秀な女性警官レベッカは
夫との仲がうまくいっていませんでした。
妻の浮気を疑った夫は密かに妻を尾行。
男性と一緒に歩いている様子をカメラに収めましたが(暇な夫だ)
相手の男性が目撃者の証言と一致しました。
事件はレベッカを狙った犯行?
レベッカとパートナーのコルソンは
麻薬関連の事件で逮捕者を多く出していました。
写真の男は情報提供者かもしれない。
売人ルートをたどっていき、その男ストークスが4人を射殺したことを確かめます。
ストークスは行方不明。
母親が歯科に勤めていて、処方箋を自由に持ち出すことができました。
ルーポとバーナードは母親を追い詰め
自宅に隠れていたストークスを逮捕します。
ストークスが死にかけていたので、バーナードは即CPRを始めます。
あとで自分は刑事で処刑人ではないと
犯人に対する感情と刑事としての責務をきっちり分けて考えていたバーナード
かっこよかった!

犯人が捕まって早速分署長たちは
ストークスに極刑を望みます。
ところがNY州では死刑は施行されず
仮釈放なしの終身刑で収まってしまうのが現実です。
(だからL&O LAで死刑判決が出されたのが新鮮でした)
でも犯人を連邦裁判所に引き渡せば死刑の実施もあり得ます。
そこでかつてストークスを刑務所に送ったマークソンが
ストークスに厳しい判決を要求してきました。
実はストークスは3回釈放されているんですが
そのうち一度はマークソンが出してあげていたのでした。
マークソンにすごく見覚えがあると思ったら
Gossip Girlのブレアのお母さんじゃないですか。
ちなみにストークスはThe Wireで勉強頑張り組の一員だったので
ちょっとがっかりな感じ…

ところでいきなりカッターさん!
懲戒処分されたんじゃなかったんですか?
警察だと銃とバッジを返してうちに帰れ扱いかなと思うんですが
検察の懲戒って一体何?
まるでなにごともなかったかのように、偉そうなカッターさんが復活していました。
心配して損しちゃった(苦笑)
カッターさん自身は極悪人には極刑もありだと思っていましたが
マッコイさんは死刑には反対主義。
2回立ち会って嫌な思いをしているようです。
バン・ビューレンも同感で
法的にも州で裁けることが確認できました。
でも警官たちにとっては、死刑が求刑されないのは不満。

カッターとルビローサはストークス母に
ストークスの内部事情を聞きに行きます。
母が子を守ろうとするのは当然。
母はいきなりカッターさんに「あなたは子供がいるの?」と聞き出します。
これでまたカッターさんの秘密が暴露される?と期待したら
ルーポ達が母を逮捕しに来て、答えがごまかされてしまいました。
残念だ…

証言台に立ったバーナードはつい意見してしまい
法廷を出てからカッターさんに事実だけ述べろと指導されていました。
そこでまたルーポがツッコミを入れて
ロースクールで習ったのかとカッターさんに嫌味を言われます。
相変わらず言いたい放題カッターさんですけど
自分の卒業証書はその後どうしたんでしょう。

殺された警官たちは自分たちの成績を上げるために
ストークスを利用していました。
母はストークスを立ち直らせるために薬を用いていましたが
レベッカらはストークスが役立たずたと母親まで道連れにすると脅していました。
ストークスには怒りが溜まっていました。

ルーポはレベッカ夫からレベッカの業務日誌を受け取ります。
そこには彼女らがストークスを脅した事実が全て記載されていました。
これが表に出されるのは不名誉なことですが
バン・ビューレンは死んで美化されても意味がないと
証拠の利用を促します。
ストークスがレベッカ達を撃った直前には
母親のことで脅されてはいませんでした。
カッターさんが日誌を元に熱弁をふるい
ストークスは警官一人当たり第一級謀殺罪で25年
4人で100年分の刑務所行きが決まりました。
死刑にはならなかったけど、これで十分でしょう。
また呼び出されるルーポとバーナードに向かって
カッターさんが「気をつけて」と声を掛けます。
カッターさんでもこんな気遣いをするんだ!意外でした。

LO20-17-1.jpg
ルビローサに追い払われるオヤジたち

LO20-17-2.jpg
「気をつけて!」
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

経歴詐称の件にはひとことも触れず、「あらら・・・」の肩すかし・苦笑

デカワンコ二人組を怒鳴りつけるカッター、
いつもの勢いでうれしくなりますね。
やらかしはバーナードなのに、ルーポまで巻き添え・笑
お互いに激しく言い合うのに、ぎすぎすしないいい関係ってのも、
チーム・マッコイの魅力ですね。

それにしても向こうの母親って、すごい。
絶対自分の子の非は認めない。
日本のモンペ以上です。

昨夜のカッターは、永久保存版☆
レポのアップ、楽しみにしていますね。

ところで、ここにたどり着いたのは、「セッOスとアートと美しき男たち」の検索がきっかけでした。
現代的な演出で、なかなか面白かった。
日本ではラファエル前派の人気が高い…と思うので、もっと多くの人に見てほしいと思います。
ララテレビは再放送が多いので、見逃した友人に教えねば☆
2012-02-29-11:06
くーみん [ 返信 * 編集 ]

こんにちは。
まだ、#18の余韻が抜けないリィンです。

今回のカッター君の「気をつけて」は、良かったですよね。
これは、勿論ルーポに、ちょっと余計に愛を出していますよねぇ(笑)

刑事コンビ、格好良かったです!
2人とも、ちょっとスリムになりましたか??
警察パートも含め、全体的に警察メンバー、良かったです。

で、ルーポ&バーナード組以外に、刑事、いますよね?
以前、ジョーって呼ばれていた刑事がいたと思うのですが・・・
ちょっとコンビをからかったり
事件現場で、コンビと情報交換していたり
ほんと、たまに、夫婦間の事情を愚痴ったり・・・
ジョー、好きなんだけどなぁ(シミジミ)

ところで、カッター君の瞳は深いグリーンで、よろしいのでしょうか??
2012-02-29-11:43
リィン [ 返信 * 編集 ]

毎晩カッターさん祭りで大変です(笑)

>くーみんさん
全然変わってないカッターさんにびっくり。偉そうな態度もそのままでした。
そしてチームマッコイの安定感が嬉しいです。
マッコイ父ちゃんとヴァン・ビューレン母ちゃんが
突っ走りかねない息子たちをうまく抑えてるって感じでしょうか(笑)
美しき男たちのドラマが面白かった!
改めてラファエル前派を勉強してしまいました。
LaLaも秀作ドラマが多いけど、最近ちょっと御無沙汰状態です。

>リィンさん
カッターさんの「気をつけて」はもちろん愛がこもっています、
ルーポが生意気な口をきくとダメ出ししてしまうカッターさんですが
本当は気遣っているんです。
ジョーってどの人だろう。
L&Oシリーズは出入りする人が多すぎて、結構混乱しちゃってます。
カッターさんの瞳の色は深いグリーン…確かに。
髪の色がその日によって違って見える気がして、微妙に白髪染め?
いつかマッコイさんのようなロマンスグレーになってしまうのでしょうか。
2012-02-29-19:31
Garoto [ 返信 * 編集 ]