FC2ブログ
Top Page › Without a Trace › Wuthout a Trace S7-#15 「カメレオン」

2012 · 03 · 15 (Thu) 19:51

Wuthout a Trace S7-#15 「カメレオン」

だんだんよろめきドラマ度が強くなってきてやや食傷気味のWATですが
このエピはなかなか面白かった。
ディレクターがマーティンだったんですね。

大学でいい奴だったジェイがパーティーを企画。
みんなで盛り上がっているとき彼のポケベルが鳴り
ジェイは酒を買いに行くと言ってそのまま姿を消します。
残された車にあった学生証は偽造されたもので
大学にはジェイという学生はいませんでした。

偽学生ってことは
麻薬摘発の目的で張り込んでる潜入捜査官かなとも思いましたが
ルームメイトが学費に困っているとぼやいたら
現金をぼんと渡してくれたそうで
捜査官が金を持っているわけがない。
ということは犯罪者ですか?

そのうち偽学生ジェイは医者のブレイク・キーズであることが判明。
確かにその医者はいたんですけど
ブレイクが勤務していた病院の同僚医師は
ブレイクがギャングの怪我を治療してやっていたのを見たと話します。
札束は裏の治療の報酬ですか。
ってことはブレイクはブラックジャックなのか…と思いきや

ブレイクはすでに亡くなっていることが判明。
ブレイクになりすましていたのはジョン・バローズでした。
(他にスティーブと名乗っていたときもありました)
ブレイクの姉のチェルシーは
子供の時のメイドの息子がジョンで
キーズ家の暮らしに憧れていたことを覚えていました。
ブレイクが医者になればジョンも猛勉強して医学を学び
ブレイク亡き後ブレイクになりすましていたのでした。
そこでアブナイ人達を助けてしまったために
今回も治療の依頼が。
応急手当をしたものの手術が必要だとジョンは説明したんですが
結局怪我人は死亡。
仲間はその怪我人を車のトランクに入れ燃やしてしまいました。

姿を消したジョンですが、大学で出会った恋人の講師に会いに来ます。
付き合い始めた時は講師と学生が…と戸惑いもあったんですが
結局偽学生で年齢差もなさそうだし問題なかったんだね。
だがジョンはけじめをつけて、別天地で新たに人生をやり直します。
今度はジョン本人として。
ジョンは失踪はしてなかったけど偽医者になりすましていたんだから
それは罪に問われるべきだと主張するマーティンをダニーが制止します。
自分にも名前を変えて生きたいと思った時があった。
ジョンの気持ちがダニーにはわかるので
見つかったことだし、あえて細かく追求することは止めようと思ったのでした。

いよいよジャックとハンナの親子暮らしが始まります。
問題含み娘のハンナだけど、ジャックはそれ以上に心配症。
勝手に外に出るなと様子は父親を超えて捜査官そのものです。
娘はいい加減うんざりしています。
ところでジャックは若い頃はSex Pistlesがお気に入りだったようで
まだLPを大切に持っていました。
プレイヤーはなさそうだけど。
ついでにジャックとサムはまあ適当に距離を置きつつ付き合ってる感じ?
よろめきFBIなのでどうでもいいですが。
ハンナは我慢できず外出。
ジャックはハンナが勝手に出て行ったことを激しく起こりますが
ハンナはディナーを用意して父の帰りを待っていました。
父は自分が熱くなってしまうことを承知してはいたけど
それがトラブルのもとだとわかっていても直らないんだよね。
とりあえずいい感じに父と娘の生活はスタートしました。
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

GAROTOさんのレポだけで十分かなって思っていたんですが、マーテインが監督というと、見てみたくなりました。

オフィスで、あっちでもこっちでもハートマークは、いい加減やめてほしいです。
もともとそういう路線じゃないドラマだからよかったのに・・・・。
2012-03-16-08:58
くーみん [ 返信 * 編集 ]

マーティンが監督のせいか?ダニマーのセリフは味わい深かったです。
それなりに事件も面白かったし(失踪じゃなかったけど)
ジャックの変わらなさ加減はかなり心配ですが。
そして一体どこまでよろめけば気が済むのか、ファイナルで結婚式だけは勘弁してください!!
2012-03-16-22:19
Garoto [ 返信 * 編集 ]