INDEX    RSS    ADMIN

Law&Order SVU S10-#18 「Baggage」

28歳の陶芸家ケイシー・チャップマンの遺体が自宅で発見される。ケイシーは首を絞められて窒息、背中に熱湯をかけられたと思われる火傷を追い、口と肛門はが接着剤でふさがれていた。レイプの痕跡はなかったが、カーペットに陰毛が残っていた。大学生エイプリル・シルバの殺人事件と手口が類似しており、さらにエスカレートしている。
重大犯罪課のビクター・モランが、ケイシーは5人目の被害者だとSVUに伝えに来る。エイプリルは3人目で、クイーンズの事件の被害者も、ケイシー同様に接着剤で肛門をふさがれていた。首を縛った道具はベルト、スカーフ、ロープと事件のたびに異なっている。モランは自分が捜査に当たるとSVUに要求、刑事部長もクレイゲンに命じてきたためステーブラーは捜査資料をモランに渡す。
ステーブラーはケイシーと同じアパートに住むデブラから目撃情報を得て似顔絵作成をしてもらうが、容疑者の似顔絵が報じられると、絵によく似た男が少年たちにいじめられているという通報が入る。逮捕されたステファンは強盗の前科があり、ケイシーの部屋に入ったことを認めるが殺害は否定し、ステーブラーに脅されて失禁する。マスコミに事件の情報が漏れ、刑事部長はSVUに事件から手を引けと責められる。ステーブラーは捜査を諦めようとするが、クレイゲンは事件解決を優先するよう促す。刑務所収監を恐れたステファンは、こっそり持ち込んだ武器で自殺未遂を起こして病院へ運ばれる。
ステーブラーがモランの事件に対する姿勢に不満を述べ、モランがSVUがステファンを勝手に逮捕したと怒っていると、6人目の犠牲者が発見される。現場には首を絞めたロープが残っていて同一犯だと考えられるが、今回は被害者にアルコールをかけ火をつけていた。ステファンの無実がわかり釈放される。モランはSVUがモランに自白を迫ったことを非難する。
ステーブラーは被害者の写真を調べ直し、髪を赤く染めたり、豊胸手術をしたりした女性には、犯人はレイプをしていないことを確認する。さらに陰毛のDNAから容疑者が絞り込まれていく。
航空会社で紛失荷物の配達を行っているマーク・オクーロが容疑者に挙がり、女性捜査官が囮となって荷物を配達させ、マークが襲おうとしたところで現行犯逮捕される。マークは女性客のリストを持っており、車には接着剤やロープなどの道具が積まれていた。マークは容疑を否定する。
マークの部屋を捜索すると、検視や法医学に関する本、裁判所記録などが見つかり、絵の裏には拷問を挑発する雑誌が隠されていた。
法廷では裁判の回避をめぐって、弁護士はマークのアリバイを主張。陰毛はトイレを借りたとき落ちたもので、犯行時刻にはマークの母と友人たちがマークが家にいたことを認めていた。裁判が回避されたためステーブラーがマークの母エレナに事情を聴くと、確かに犯行時刻にマークは家にいたが、エレナは突然息子が帰ってきたことに身の危険を感じて友人を呼んでおり、息子は逮捕されても当然だと話す。
犯行時刻は遺体の腐敗の具合から判断するが、マークはケイシーの焼き窯を使って犯行時刻をごまかしアリバイを作ったことが確かめられる。マークの容疑が固まったが、マークは姿を消す。SVUは次の被害者は赤毛の女性であろうとリストをチェックし、女性を襲おうとしていたマークは逮捕される。

Mariskaが気胸の治療を行うために不在で、ステーブラーとフィンが連続殺人犯の捜査に当たります、そこに現れたのが殺人課から重大犯罪課に異動し、今回の事件を追っているモランでした。SVUが担当したのはハーレムで起きた2つの殺人事件ですが、モランは他の地区も合わせて計5件発生していることを伝え、自分が事件を担当すると主張してきます。今まで情報を提供しなかったのは自分の捜査の邪魔をされたくなかったからだとモランは説明しますが、刑事部長からの圧力もかかってきてステーブラーは気分を害します。犯人のプロファイリングについても、モランが黒人かラテン系で20代後半から30代前半、ハーレムを拠点としていると説明すると、ステーブラーは犯人は古い型の車を持ち、気性が荒く仕事が続かないと補足しますが、あまりモランに期待をしていません。そしてモランが一年前から単独で捜査をしていることに対して、何か訳があるのだろうと勘ぐります。
SVUが誤認逮捕をしたことをモランも刑事部長も非難し、部長はモランの実力を認めるように迫ってきます。モランは病気の娘を看病しながら、一人で捜査を続けてきました。自殺未遂を起こしたステファンがマーシー病院へ送られた時、ステーブラーは入院している娘ジョイを見舞うモランに会いに行きます。12歳のジョイが入院して5カ月と3週j間と3日。ジョイは自分の犠牲になったとモランは嘆きます。モランが仕事漬けの日々を送っていたため、妻はジョイを車に乗せて家を出て行きました。その時交通事故に遭って妻は即死、ジョイは頭がい内に空気が入って炎症を起こし、眠ったままの状態でした。ステーブラーはモランが頑固なために被害者を増やした、捜査の勘が鈍っていると不満を述べます。
だがステファン拘束中に新たな事件が発生したため、真犯人の逮捕に向けて捜査が再開されます。容疑者としてマークが逮捕されますが、犯行時刻には母親と一緒にいたというアリバイが認められました。しかし法医学等を独自に学んでいるマークは、ケイシーの焼き窯を使って遺体の腐敗速度を操作し、犯行時間をごまかしていたことがわかります。マークが逮捕された時、モランはマークを激しくののしって蹴飛ばし、怒りが収まらない様子です。ステーブラーが再度病院のモランを訪ねるとジョイは手術中。手術が終わると次々に臓器の入ったケースが運び出されてきました。ジョイの臓器提供を決断したモランにステーブラーが悔やみの言葉をかけると、モランは再スタートが大事だと答えます。
モランを演じているDelroy Lindoは、Kidnappedでナップと手を組んでレオポルドの捜索に当たったFBI捜査官ラティマーを演じています。また犯人マーク役のNelson VasquezはOZで看守ユージーン・リベロを演じていました。

この頃Mariskaが気胸になったのはSVUのスタントのせいだと語っていて
S11への継続出演が危ぶまれていたんだっけ。
でもMariskaはその後も元気に頑張っています。

そんなわけでベンソンの代わりにやってきたのが重大犯罪課のモラン。
ゴーさんや今のローガンの同業者ですね。
よく観るとKidnappedのラティマーじゃないですか。
ルーポとカッターじゃなくてナップとアンディの板挟みになっていた
なんともおいしい役どころを演じていたんだよね。
そしてシリアルキラーはこれまた懐かしい
OZのユージーン・リベラ。
この人も痛い目に遭ってたっけ。

事故で植物人間状態となってしまった娘が
(ということなんでしょうね。はっきり言ってなかったけど)
不憫でならない父モランですが
ステーブラーとぶつかり合った後
娘の尊厳死を認め、臓器を移植のために提供することにします。
その決断を知ったステーブラーが
突如うるっときていたのはいかにも彼らしい。
すぐにお父ちゃんスイッチ入っちゃいますからね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめteみた.【Law

28歳の陶芸家ケイシー・チャップマンの遺体が自宅で発見される。ケイシーは首を絞められて窒息、背中に熱湯をかけられたと思われる火傷を追い、口と肛門はが接着剤でふさがれていた。レイプの痕跡はなかったが、カーペットに陰毛が残っていた。大学生エイプリル・シルバの...