INDEX    RSS    ADMIN

Without a Trace S7-#19 「鼓動」

ロシアからアメリカに連れてこられたラナの失踪事件は
かなりドロドロした展開だったけど
終わりよければ全てよしということでスルーして。

フィナーレ直前にみなさん本当に勝手なことをやってますね。
安定しているのはいつも通りヴィヴ姐さんだけですから。

前回ラストに交通事故に巻き込まれてしまったサムとブライアン。
酔っ払い運転の車が突っ込んできたんだけど
病院に運ばれたサムはしばらくして意識が戻ります。
でもブライアンはかなり重症の様子。
サムのことが気がかりなジャックはずっと病院に待機状態。
ボスが失踪者を放置していていいのでしょうか?
サムの意識が戻って、側にいてほしいと頼むと
ずっとそばにいるなんて訳の分からないことを言って
仕事は放置状態です。
サムは息子を連れてきてもらうと大喜びで
この子をブライアンと一緒に育てるんだと気合が入っています。
それをこっそり見ているジャックは哀愁オヤジモードでしたが
やがてサムたちに車をぶつけてきた男が捕まったと連絡が入ります。
ジャックは取調室に。
男は弁護士が来たと思っています。
少なくともジャックは担当刑事ではないんだし
そもそもこれってFBIが管轄の事件じゃないでしょうが。
するとジャックは入るなり男に一発パンチをお見舞い。
そしてさっさと部屋から出て行ってしまいました。
これってどう考えても違法行為でしょ。
訴えられても知らないぞ。

一方ラナと彼女の兄のふりをしてアメリカに来た恋人との劇的な再会に影響されたのか
突然ダニーはエレナにプロポーズ。
勝手に婚約成立しちゃいました。
これでブラシス同様にグランドフィナーレは結婚式ですか?
ファミリードラマや青春ドラマならよしとしますが
失踪者捜索ドラマでそれはちょっとどうなんでしょう。

逆に内心穏やかではないのがマーティン。
山小屋で運命的な出会い?をしたキムと付き合い始めたものの
キムの持っていた銃のことが気になって調べてもらったら
犯罪に使われていたものだと判明。
事件はまだ捜査中となっていました。
いよいよキムの化けの皮がはがれるのかな。
マーティンがあまり傷つかなければいいけれど。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

なんだかねえ、
事件よりも主要キャラのプレイベート優先な話の流れに、
思わずドン引き・苦笑

ダニーのプロポーズは、聞きたくなかったなあ・・・・。

もうすぐ終わりだからってあれこれまとめに向かわなくていいんですけど…
失踪者捜索をほったらかしにして、プライベートでガタガタ騒がないでほしいです。
特に働かない暴力ボスを何とかしてもらわないと。
ヴィヴの安定感のみが救いです…

Lipstick Jungleを見ていたら悪女キムが出てきて、またなんとも悪女ぶりを発揮していたので、ますますマーティンが心配になってきてしまいました(苦笑)