INDEX    RSS    ADMIN

Without a Trace S7-#20 「墜落」

マーティンかっこいい!!
久々に惚れ直しました。

メインの失踪事件は大富豪ロス・アンダーソンの息子キースが
自家用機で飛行中に墜落、姿を消してしまうという事件でした。
いつもながら失踪理由は単純ではなく
金儲けが全てのロスとキースの間には確執があり
キースは父の力を自らスキー会社を設立しますが経営で苦労しています。
ロスは息子と疎遠状態だったように見えましたが
安全のために息子を監視。
すると飛行直前にキースに近づいてきた男がいたことが判明します。
男はキースと一緒に会社を起こしたジョシュでしたが
ロスが裏で手を回したため失敗し
奥さんも病気になって生活に追われています。
責任を感じたキースはロスに小切手を渡そうとしますが
ジョシュはキースを追いかけてきます。
キースが墜落したのは自分の操縦ミスでしたが
ジョシュがキースに銃を突きつけったのは確か。
でも撃ってしまったのはアクシデントでした。
キースは姿を消してしまいます。

現地の捜査ではヴィヴが活躍。
そしてオフィスではオヤジジャックが今回は真面目に働き
ロスからあれこれ聞き出し、父親としての思いに迫ってきます。
キースが見つかった時には親子で握手を交わすことができ
ほっとさせられました。

そしてマーティンですが
キムの持っていた製造番号が消された銃が銀行強盗に使われた件について
担当捜査官に詳しく話を聞きます。
そしてキムが主犯の男のBFで車を運転していたことを知ります。
愛し始めていた女性は強盗事件の犯人だった…
金を盗んだだけでなく警備員も射殺しています。
マーティンが気づいた時、すでにキムは姿を消していました。
確かにキムはここを離れることをほのめかしていたし。
マーティンはダニーに事情を打ち明け、キムを探しに行きます。
そして倉庫で金を詰め込み逃走しようとしていたキムを発見。
再びキムと銃を向けあう形になります。
すでに愛する人ではなく捜査官として立ちふさがるマーティンだけど
キムを撃ちたくないよね。
でもキムは銃を降ろさない。
その時キムの背後から今度はダニーが銃口を向け説得を始めます。
そしてキムがダニーの方に銃を向けた時
マーティンはキムの肩を撃ち、決着をつけました。
大丈夫だと声をかけ、コンクリートに寝かせておくわけにはいかないと
キムを抱え上げるマーティン。
紳士だね。
感情のままにひっぱたいてしまうボスとは全く違います。

その感情任せのボスですが
ブライアンの退院が決まり
介護サービスがつくにしても短時間で、とても一人での生活は無理だと
しばらくブライアンを自宅に住まわせたいとサムが言い出したため
また複雑気分です。
でもどうにもならないので、風呂に入れる手伝いはしないとだけは宣言していましたが。

ダニーのおばあちゃんの指輪をもらってエレナはご機嫌。
このまま幸せ路線を突っ走るのでしょうか。
そして本当にFBIって職場恋愛しまくりで大丈夫なんですか??
もうすぐ終わりだからいいけれど…
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

捜査官の恋バナはいらないといいつつ、
でも今回は、メインエピよりも、私も「マーテイン」でした。

特に最後のお姫様抱っこ!!!!
きゃ==、私もキムになりたい!!!!

そして、マーテインを心配するダニーも、
よかったです。

キムに振り回されてしまったマーティン。
束の間の恋は悲しい結末を迎えてしまいましたが、捜査官マーティンはきっちり自分の任務を全う。これなら納得いきます。
お姫様だっこはさすがジェントルマン!感動でした。
マーティンが素敵なだけに、うだうだ言ってるボスがどんどん情けなく見えてきます。
職場恋愛は一部禁止と言うことで(苦笑)

え・・・と、
いまちょっと思ったんですが、

ダニーとエレナ、結婚したら、どっちか部署移動・・・、
ですよね?

ま、どっちでもいいんですが(今となっては・・・・)。

CSIじゃないので夫婦一緒に勤務は無理でしょうね。
そうなるとダニマーファンとしては当然エレナに出て行ってもらうことに(笑)

本当に頼むからフィナーレの結婚式だけは勘弁してもらいたいです。